儀式魔術@Wiki

IRC導入ガイド

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集

IRC導入ガイド


儀式魔術のオンセでIRCというチャットツールが使用される場合があります。
そんなの知らないよ!という人のために、ここでは簡単に導入の仕方を紹介します。

LimeChatによるIRCの導入


クライアントにはいろいろありますが初心者向けとしてはLimeChatがお勧めです。ここではLimeChatを使った導入例をご紹介します。

※LimeChatはWin用です。Macで使えるIRCはIRCStepIRC普及委員会から入手してください。

インストール


LimeChatの配布サイトをウェブブラウザーで開き、「最新版のダウンロード」から「LimeChat 2.xx インストーラ形式」をダウンロードしてください。バージョン番号(xx)はそのときどきで違います。


ダウンロードした実行ファイルをダブルクリックして普通にインストールしてください。


最初の起動

[スタートメニュー] → [すべてのプログラム] → [LimeChat 2]を選んで起動してください(Windows XPの場合)。


起動すると、初期設定パネルが出ますので、「最低限の設定をはじめる (初心者向け)」を選んでください。


まず、自分の名前を設定します。英数文字(とアンダーライン)9文字以内でつけてください。日本語は使えません。ここではyournameにしていますが、これにしろという意味ではないです。自分の名前やハンドル名にちなんだ名前をつけるといいでしょう。

次に、サーバを選びます。
E101、E102では「irc.trpg.net」の使用を予定しています。
(儀式魔術ではこれまで「irc.tokyo.wide.ad.jp」を使用してきたので例では現状そちらになっています)
「接続するIRCサーバ(S)」のリストから、作戦で使用するサーバをご選択ください。


次に以下の画面が出ますが、ここでは特に何もせずに次へ進みます。


ここまでが設定です。本体が起動され、接続を開始します。以降の起動では、ここから開始されるようになります。


接続するまでしばらく時間がかかることがあります。しばらくお待ちください。以下のようなメッセージが出たら接続完了です。


次にチャンネルに入ります。[チャンネル]→[チャンネルを追加]を選んでください。


そこで、入りたいチャンネル名を入力します。教えられたチャンネル名を入力しましょう。なお、先頭の文字は半角の#でないといけませんので注意してください。ここでは「#儀式魔術IRCテスト部屋」というチャンネルに入ってみます。


※ちなみに、同じ名前の部屋がなければ新規に作成されます。
※人がいる場合があります。突然入ってしまっても、驚かずにお気軽に話しかけてくださいませ。たぶん、関係者です(笑)。

部屋が右下に登録されますので、右クリックで「入る」を選んでみてください。


部屋に入ると次のような感じになります。


出るときは、部屋を右クリックして出てください。あるいは、LimeChat2を直接終了してもかまいません。


FAQとTips

  • Q. 名前に日本語は使えないんですか?
    • A. 仕様で使えません。あきらめてください。代わりにニックネームをつけることができます。LimeChat2ならば、[サーバ]→[ニックネーム変更]で変更してください。
  • Q. 起動すると入りたくないチャンネルに入ってしまいます…
    • A. 起動時に自動的に接続するようになっている&チャンネルが一覧に入ってるとそうなります。自動的に接続のチェックを外すか、あまり入らないチャンネルなら削除しておいてください。
  • Q. 頭に☆(あるいは@)のついた人がいますが、あれは何ですか?
    • A. その部屋の管理者という意味です。最初のうちは気にしなくてもいいと思います。ちなみに、なるとと呼ばれてて、なるとください、とか言うのは、管理者権限ください、という意味です。
  • Q. 複数行を入力したいのですがどうしたらいいでしょう?
    • A. LimeChat2なら、[編集]→[複数行を送信]で可能です。その他だと、メモ帳などで複数行書いたものをコピー&ペーストするのが普通です。

参考資料

より詳しい情報は以下を参照ください。

編集履歴

  • 十五夜 (2006/07/16):ざっくり作りました。おかしなところがあったら、適当になおしてつかーさい。
  • SYAKU (2007/06/25):消されていたのでバックアップから復旧。問題ありましたら修正してください。
  • 藤崎(2007/07/12):Mac版の入手方法を分かりやすいように表記。