東方仗助

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ひがしかた-じょうすけ
東方 仗助
【キャラクター】

「ジョジョ」第4部の主人公。すなわち4代目ジョジョ。
ジョセフの隠し子である。
物語冒頭で、ヤンキー先輩どもに名前を捩って「ジョジョ」というあだ名を付けられたが、終ぞその名で呼ばれることはなかった。きっとヤンキー先輩もあの世で歯軋りしていることだろう(死んでません)。

お金にがめついということ以外ごく普通の高校生であるが、髪型をけなされると怒りで我を忘れてしまう。
また情に厚く、ジョースター家に代々伝わる正義の心も健在。人々の平和な暮らしを脅かす夜神 月もとい吉良吉影と壮絶な戦いを繰り広げる。

スタンドは「クレイジーダイヤモンド」
承太郎のスタープラチナと同じく近距離パワー型だが、パワーもスピードもスタープラチナには劣る。
その代わり"物を直す(もしくは治す)"という、ジョジョ全編を通じて極めて稀な能力を持っており、その能力は承太郎から"この世のどんなものよりも優しい"と評された。
個人的に承太郎のこの台詞は名台詞だと思う。

ラッシュ時の台詞は"ドララララァ!"。22世紀のミニネコ型ロボットの関係は定かではない。
第4部は、この男の謎のポーズで幕を下ろす。



"このヘアースタイルがサザエさんみてェーだとォ?"
最終更新:2009年03月21日 17:08