10月29日 高3自殺 売りつけ生徒も逮捕 ブレスレット代5千円恐喝容疑

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

高3自殺 売りつけ生徒も逮捕 ブレスレット代5千円恐喝容疑/兵庫県警2007/10/29, 大阪読売新聞 夕刊

 調べでは、少年は今年5~6月にかけて、生徒に「友達がおまえを見つけたら、しばきまわすと言っている。ブレスレットを
 4万円で買えば止めてやる」などと携帯メールを送り、偽ブランド品のブレスレット代として生徒から5000円を脅し取っ
 た疑い。
 少年は、生徒が「偽物だからこれ以上払えない」と残金の支払いを拒否したにもかかわらず、何度も残金を要求。生徒が自殺
 した前日の7月2日にも「金はできたか」などと督促メールを送っていた。
 生徒は「金が払えない」「恐喝の4万円」などと記した遺書に、この少年の名前を書いていた。少年はブレスレットのほかに、
 以前から服なども生徒に売りつけていたといい、県警は、生徒が少年への支払いに悩んでいたとみている。
 これまでの県警の調べに対し、少年は「ブレスレットは本物と思っていた。(生徒も)納得していた」などと合意の上での売
 買と供述していたが、県警はメールの内容などから、恐喝にあたると判断した。
 ◆校長「単なる物品売買と認識」  
 新たに逮捕者が出たことを受け、同高校長らが記者会見し、「学校のいじめに対する認識の甘さに加え、インターネットや
 メールによる行為の把握が難しかったのが原因。改めて亡くなった生徒や遺族、保護者におわびしたい」と謝罪した。
 今回逮捕された少年については、「校則違反にあたる物品の売買をしたとして、7月下旬に厳重注意をしていた」としたうえ
 で、「学校としては単なる物品の売買と認識していた。恐喝にあたるかどうかわからず、捜査を見守りたい」と苦渋の表情を
 浮かべた。
最終更新:2008年01月05日 00:48
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。