クリスを相手にした場合の共通対策

対クリス(表裏共通)

ノーマル・大JCDに注意。不用意に中ジャンプ攻撃を仕掛けるとカウンターヒット付きで潰されてしまい追撃まで食らって一気に不利な展開になってしまう危険がある。

また、中間距離での6B2段目のみや3B先端当ても厄介。なるべく見てからガードしていきたい。

3B対策

見てから屈みガードするほかに、以下のような対策がある。
垂直小ジャンプから下方向に強いジャンプ攻撃を出す:3Bがくれば潰しつつ連続技を決められる。JCDもカウンターヒットになるので追撃可能。
ダッシュする:3Bを出されていた場合めり込んでヒットすることになるので反撃できるキャラがいる。クリスが垂直ノーマルジャンプをしていると潜れるという利点もある。

近距離立ちD

密着でガードすればクリス側は6フレーム不利なので、以下の技で反撃が可能。
強クロウバイツ(クーラ)
弱強BHTK(ジョー)
弱ファイナルインパクト(社)
弱ノクターナルライツ(マチュア)
弱あんこくらいこうけん(裏シェルミー)
遠距離立ちA(キム)
遠距離立ちB(ケンスウ)
屈みD(紅丸)

対クリス(表)

攻撃力に欠けるので何回か読み合いに負けても焦らないことが大事。

弱ディレクションチェンジ対策

ディレクションチェンジが出ると、クリスはまず後ろを向くのでそのモーションを見てから飛べるようにしたい。うまく垂直ジャンプで回避できれば地上で後ろ向きで硬直しているクリスに連続技で反撃できる。
また、MAX発動に投げ無敵があるキャラはディレクションチェンジを見てからMAX発動して連続技で反撃するのも有効。

弱ハンティングエア

先端ガードしてしまうと反撃は難しい。リーチの長い技単発でいいので反撃したい。

強攻撃→6+A→弱スライドタッチ

ガード時・・・若干距離は離れるが、確定反撃が可能なキャラが多い。

MAXツイスタードライブが端付近で地上から全段ヒット→受け身後の確定反撃

マキシマ:弱強デンジャラスアーチ、弱強マキシマリベンジャー、屈みA始動連続技(猶予なし)
アンヘル:立ちB、屈みB、近A、近D始動連続技(近D始動は猶予なし)
チャン:弱強大破壊投げ


最終更新:2008年06月17日 01:33
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。