レオナを相手にした場合の共通対策

【対レオナ 共通対策】

目次



Vスラッシャー対策

ゲージのあるレオナに迂闊に飛び込むとVスラッシャーで迎撃されやすいので注意。
また、飛び道具を出すのも注意。マチュアのエボニーティアーズとケンスウの超球弾以外の飛び道具は見てからVスラッシャーで迎撃されてしまう。

端付近で連続技で弱強Vスラッシャーを食らった後の確定反撃

レオナの不利フレーム キャラ 反撃技
-4F マキシマ 弱強デンジャラスアーチ、弱強マキシマリベンジャー
-4F アンヘル 立ちB、屈みB、近A始動連続技
-2F チャン 弱強大破壊投げ
※反撃ではないがですが、シェルミーは五分なので逆2択が可能です。
※MAXVスラは『受け身不可』みたいです。

近距離立ちD対策

動作開始してすぐに足元無敵になるので、屈みBなど攻撃判定が低い位置にしかない技を出していると一方的に潰されてしまうので注意。
ガードできた場合は、レオナ側が3フレーム不利なので、リバーサル強クロウバイツ(クーラ)と弱強BHTK(ジョー)が硬直に間に合う。
(ただ、近距離立ちD2段目にディレイキャンセルで4or6Bを出された場合はBHTKは空中でカスヒット→反撃されてしまうので注意。)

4or6B対策

直接出された場合とディレイキャンセルで出された場合は中段だが、発生は26フレームとかなり遅いため、反応して立ちガードしたい。
キャンセルで出された場合、強攻撃キャンセル時は連続ガードなので割り込めないが、弱攻撃キャンセルで出された場合は連続ガードになってないので、無敵技で割り込み可能。
直接出された場合とキャンセルで出された場合の両方とも、ガードできた場合はレオナ側が3フレーム不利。
よって、リバーサル強クロウバイツ(クーラ)と弱強BHTK(ジョー)が反撃として確定する。

対屈みB

食らい判定が大きめなのでこちらも屈みBや屈みDを出せば潰せるキャラが多い。

垂直小JD

優秀な牽制行動なので、基本は放っておくのが無難。
小JDの着地にジャンプ攻撃を被せにいきたいところだが、弱ムーンスラッシャーや後方JVスラで迎撃される危険が高いので控えた方がいい。
一応、無敵技を持つキャラは垂直小JDに合わせてダッシュやその場から無敵技を出すことで勝てる。
また、攻撃判定が高い位置にある技を持つキャラも相打ち以上を狙っていける。

前方小、中JD

攻撃発生が早く、持続も長い。
近い距離で出されるとこちらが立ち状態の場合は見てから無敵技で返すのは困難。
スタート間合いくらいの距離より離れると、見てから無敵技で返せるはずなので、無敵技を持つキャラが反応して返していきたい。
無敵技が出せないほど近距離の場合は、立ちガードでしのぐのが基本。そして、ガードした打点が高い場合は着地後にレオナが硬直差で不利なので、発生勝負を挑むといい。

対ムーンスラッシャー

発生が早く、攻撃判定も強いが無敵時間は一切ないので重ねがきちんとできていれば潰すことが可能。
ヒット時のダメージがかなり高いので十分な警戒が必要。
ガードできた場合でも先端ガードだと簡単には反撃できないキャラが多い。キャラ別に安定して反撃できる技を覚えておき、ダメージは低くてもいいのでしっかりと反撃していくことが重要。

ハートアタックを食らってしまった後の対処法

ハートアタックを食らうと、一定時間後にガード不能の爆破が起きてしまう。
この爆破はレオナに攻撃をヒットorガードさせると解除される。
また、爆破が起きた瞬間に全身無敵になっていればかわせるため、緊急回避で避けるのもいい。
これに対し、レオナ側は緊急回避の硬直を攻撃しようと接近してくる可能性もあるので、その場合は緊急回避でなく全身無敵の長い無敵技を出してみるのもいい。

遠距離でイヤリング爆弾を投げられた場合の対処法

まず、イヤリング爆弾は地面に転がると屈みガードでしかガードできなくなることに注意。
そして、イヤリング爆弾を見てからジャンプしても、見てからVスラッシャーなどで迎撃されてしまう危険が高いので、基本的には屈みガードで様子見するのが無難。
ちなみに、遠距離でなく中間距離でイヤリング爆弾を出された場合は、タイミングを合わせて中J攻撃やスライディングでイヤリングを抜けつつ攻撃できるキャラもいる。

覚醒された場合の対処法

レオナ側のジャンプが非常に低くなり、滞空時間が減るのが特徴。
間合いを離し、レオナがジャンプで攻め込んでくることを見越してノーマル、大J攻撃で上から攻撃を当てるようにしたい。
接近された場合は、レオナのジャンプ攻撃を見切ることは困難なのでガード、緊急回避、昇りジャンプ攻撃、無敵技などを予測で出していくしかない。
また、覚醒後のダッシュは食らい判定が極端に低くなり、飛行型の飛び道具や低い位置に攻撃判定のない技が空振りしてしまう。
覚醒後はリボルスパークを使えなくなる。

屈みC誘い

「屈みガード+投げ外し」と「屈みガード+GCC+D」狙いで暴発する屈みCはキャンセルしなかった場合隙が大きいので、ガードした後や空振りさせた後に屈みDなどで反撃可能。

GCC+D無効化

レオナのGCC+Dは全キャラでも屈指の空振りのさせやすさを持つ。
あらかじめリバサムーンスラッシャーなどを的確に潰していけば無効化を狙いやすくなるはず。

昇りJ攻撃と下段始動連続技の崩しについて

一応無敵技で割り込むことも可能だが、そこでぶっぱなしを狙うよりは接近された時点での読み合いを認め、読み合いに付き合うのが無難。
中段の選択肢は昇りJD>Vスラッシャーが痛いが、それ以外は昇りJCという単発技なので必要経費と考えることもできる。特に昇り斜めJDが屈みに当たらないキャラは昇り垂直ノーマルJD>Vスラしか中段連続技にならないため警戒する必要度を下げてもよくなる。


最終更新:2008年06月17日 01:25
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。