'ER,' 'Chicago Hope' can't hold a stethoscope to Heisei's hubba-hubba hospitals

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




'ER,' 'Chicago Hope' can't hold a stethoscope to Heisei's hubba-hubba hospitals

「ER」や「シカゴホープ」の奴らは平成のピンク病院で聴診器をもつことは出来ない

元記事(削除済み):http://mdn.mainichi.jp/culture/waiwai/news/20071117p2g00m0dm003000c.html
転載:http://lifeinmotion.wordpress.com/2007/11/19/er-chicago-hope-cant-hold-a-stethoscope-to-heiseis-hubba-hubba-hospitals/
『週刊大衆』11月26日号
記:カミヤマ マスオ

“When he starts to rub my back or shoulders, I shudder in expectation of pleasure,” relates Akina Yoshizawa, a 31-year-old professional nurse.
Once a month Ms. Yoshizawa checks into a city hotel and arranges for a young hunk to visit her room to dispense a three hour-long therapy session.
「彼が私の背中や肩をさすり始めたとき、私は喜びを予感して身を震わせました」看護師のヨシザワ アキナ(31)はそう語る。
月に一度、ヨシザワさんはシティホテルにチェックインして、たくましい青年が彼女の部屋を訪ねて三時間のセラピーをしてくれるように手配している。

“I’ve got a boyfriend, but he’s not enough to satisfy me,” she adds in way of explanation.
Then, after a suitably long interlude of foreplay - during which his hands stray over every spot on her body - she’ll demand, “Okay, that’s enough.
Stick it in.” And he’ll willingly oblige.
「彼氏はいるんだけど、でも彼じゃ満足できないの」と彼女は言い訳がましく付け加える。
そして体中のすべてを若者の手でなでまわされながら、前戯という十分に長い幕間の後で、彼女はこう頼むことだろう。
「もう十分ね。入れてよ」すると若者は喜んで好意を示す。

If you can believe it, 100 of these “Nightingales of the Heisei Era,” agreed to share accounts of their most intimate activities with Shukan Taishu (11/26).
もしこれが信じられるなら、彼女たち100人「平成のナイチンゲール」たちはもっともプライベートな行事を11月26日号の『週刊大衆』で共有することに同意した。

What the magazine’s leering male readers really want to know is: do any of Japan’s angels in white ever engage in sex on the hospital premises?
この誌のヤラシイ男性読者が実際に知りたがっていること、それは日本ではどれほどの白衣の天使が病院敷地内でセックスに従事しているのだろう?ということである。

It does happen, admitted 12 percent - as opposed to the 63 percent who replied “no way.”
Interestingly, another 19 percent voiced a cryptically Clintonesque “other” as their reply.
But come on, no fudging permitted: Was it sex, or wasn’t it?
そうしたことがあると看護師の12%が認めた。それに対立して、63%が「そんなことはない」と答えている。
興味深いことに、残りの19%は神秘的でクリントン的な「その他」という答えを返している。
しかしねえ、ごまかしは許されないよ。セックスしたのか、していないのか、だよ。

Shukan Taishu chooses to interpret the noncommittal reply as being a yes.
Which, extrapolating the data, means that one out of three nurses in Japan has, at one time or another, done some sort of dirty deed on the hospital premises, either with a physician, other staff member or patient.
週刊大衆はあいまいな答えは「Yes」と解釈している。
このデータから推測すると、これらは、日本の看護婦の三人に一人が、一度かそれ以上、病院の敷地内である種のみだらな行為を医者や他の医療スタッフ、あるいは患者と行なったことがあるということを意味する。

“The first three years are always the hardest for a new nurse,” says Yoshiko Kagawa, who is 26.
“You have to learn a ton of new stuff every day, and you can’t perform as well as senior staff.
It’s hard on you psychologically.”
「最初の3年は新人看護師には常に大変なものです」カガワ ヨシコ(26)はこう言う。
「毎日新しく大量の仕事を覚えなくちゃいけない、でも先輩と同じようにはうまく働けない。
精神的にもきついものがあります」

According to Kagawa, young nurses are particularly vulnerable to seduction by doctors while in their first year on the job.
When she was still in her freshman year, she befriended a 34-year-old
physician at the ward where she was assigned. The two constantly tiptoed off to the recuperation room, the rehabilitation therapy room, the linen storeroom, and anywhere else they could find privacy for their tempestuous trysts.
カガワさんによると、若い看護師は、働き始めて最初の年は医師からの性的誘惑に特に弱いという。
彼女自身、新人の年に担当の局が同じ34歳の医師と仲良くなった。
二人は日常的に処置室やリハビリ室、リネン室など、プライバシーが確保できる所ならどこにでも忍び込んでは激しい逢瀬を楽しんだ

“We also used the outpatient surgery room,” she giggles.
“Late at night any emergency cases were treated in the ICU, so the surgery was always empty.
We’d lie down on the operating table and he would turn on the rotor and rub it against my clitoris.
Or he’d moisten a cotton swab and insert it into my urethra.
It drove me so wild, I lost control and wet myself,” she blushes.
「通院患者用の外科処置室を使っていました」と彼女はくすくす笑う。
「夜遅くなら急患はすべてICUに搬送されるので、外科処置室はいつも空いていました。
処置台に横になると、彼はローターのスイッチを入れて私のクリトリスを攻めてきます。
それか綿棒を湿らせて尿道に挿入するんです。
すっごく興奮しておかしくなっちゃいそうで、濡れちゃった」カガワさんは頬を赤らめた。

“The sensei really smirked when he saw that - I tell you, some doctors are really flaky.
Sometimes he’d use a speculum on me too.
I got the feeling he was just toying with me.
We broke up not long after that…”
「センセイはそれを見て本当にニヤニヤ笑って…。本当のことを言うと、先生の中には本当におかしいひとがいるんです。
彼は私にも膣鏡を使ってきたこともありました。
単にオモチャ扱いされてる気がしましたよ。
それからほどなくして内に私たちは別れました…」

Based on the above, it’s hardly surprising that of the 31 nurses who gave responses other than “no,” 17 were under age 24 at the moment of truth and six were aged 25-29.
The figure dropped off after age 30 and then inexplicably picked up again after age 35.
上記に基づくと、例の質問に「いいえ」以外の返答をした31人の看護師のうち、17人は24歳以下と決定的な年齢の最中にあり、25-29歳が6人だったということは驚くべきことではない。
指数は30歳以上ではいったん落ち込む。しかし不可解なことに35歳以上で再び盛り返しているのだ。

How’s that? Well, it seems that once past this age, senior nurses are more likely to have access to the head physician’s private office, particularly when he’s out making calls.
This affords them with extra privacy to indulge in their libidinous impulses.
どういうことだろう? そうだな、この年になるとベテラン看護師になって偉い先生の個人部屋に行きやすくなるのだろう。特に先生が往診に出ているときには。
これでプライバシーはしっかり守られ肉欲的な衝動にふけっても差し支えない。

Of course what readers REALLY want to know is, do admitted patients ever get lucky?
もちろん、読者が*本当に*知りたいことは、選ばれし患者が幸せになることはあるのか?だろう。

Well, it’s been known to happen.
まあ、それはたまに起こることと知られている。

Last winter Hitomi Yasunaga, a 23-year-old nurse at an orthopedic hospital, was helping a 28-year-old skier with a fractured leg limp to the loo, when, she confesses, “I did something I wasn’t supposed to.”
Pressed for details, she relays this account.
昨冬、整形外科に勤める看護師のヤスナガ ヒトミ(23)は足を骨折したスキーヤー(28)が足を引きずりつつトイレに向かうのを介助していた。「するはずのないことをしてしまった」と彼女は告白した。
詳細を迫られ、ヤスナガさんは以下の話を述べた。

“There weren’t enough male nurses available.
Anyway, I was on night duty when I was buzzed, and he told me he had to pee.”
「男の看護士がその時足りていなかったの。
とにかく、ナースコールがあったとき私は夜勤で、彼はトイレに行きたいって言ったの」

One job nurses must do, it seems, is pull down an incapacitated male patient’s PJs and aim his willie while he takes a whizz.
看護師がすべき仕事のうちのひとつに、事故で体の不自由な男性患者のパジャマをおろして、用を足している間、男性器の狙いを定めてやるのは看護師のしなければならない仕事の一つらしい。

“He was really nervous and he couldn’t urinate at first,” she relates.
“And while I held it there, it started getting bigger. And harder.”
彼女は語る。「その患者さんはすごく緊張していて、最初はオシッコができなかったんです。
そして私が手を添えてうちに、ソレはどんどん大きくなった。そして硬くね。」

Their eyes met and they giggled in mutual embarrassment.
“And then nature took its course and I started, um, manipulating his thing,” blushes Yasunaga.
二人の目が合った。そして互いに恥じらい、クスクスと笑った。
「そして自然な経過をたどって、私は、えっと、彼のナニをしごきはじめたんです」ヤスナガさんは赤面した。

As it turned out, before the patient produced his urine specimen he secreted another, stickier substance.
それは結果として、患者は尿を出す前に別の分泌物をだしてしまった。ねばねばした物質を。

After the patient’s discharge - not that one, I mean the one from the hospital - Yasunaga dated
him once, but the magic of the moment had worn off.
その患者がイッたあと――さっきの話じゃなくて、病院を出て行ったって意味ですが――*1ヤスナガさんは彼と一度デートした。しかしあのときの魔法は解けてしまった。

“In a business suit he just wasn’t as cute as he was wearing pajamas,” she says.
“We had sex on the date, but things didn’t click. We never saw each other again.” (By Masuo Kamiyama,
contributing writer)
「スーツ姿がパジャマのときほどかわいくなくて。デートでセックスもしたんだけどピンと来ませんでした。
その後は二度と会いませんでしたね。」 (カミヤマ マスオ・寄稿記者)

拡散状況

Japanese Style Noodles
http://www.japanesestylenoodles.com/waiwai/archive20071117
WaiWai Archive
http://www.mainichiwaiwai.com/waiwai/2007/11/20071117.php
海外ブログ
http://lifeinmotion.wordpress.com/2007/11/19/er-chicago-hope-cant-hold-a-stethoscope-to-heiseis-hubba-hubba-hospitals/ *2
全文コピペ。その後3行。
Heeeeeeeeeeeellllllllllllllllllllloooooooooooooooooooooooooooooooooooooo >Nuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuuurrrrrrrrrrssssssssssssssssssseeeeeeeeeeeeeeeeee!!!
Hello, Nurse!!!
こんにちは、看護師されました!(直訳)


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。