Hooked on sex

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




"Hooked on sex"

「セックスに病みつき」

(1999年9月26日配信)
"When," inquires Asahi Geino (9/23), straight-faced and earnest, "did you start scavenging for men?"
「いつ男あさりを始めたのたのですか?」と、真顔で熱心に『アサヒ芸能(9月23日号)』は尋ねる。

"About a year ago," replies Yuri.
Thus launched, her story proceeds: her shocked discovery that while she was home alone with the baby her husband was out cavorting with someone he'd met on the Net; her angry resolution that two could - and, by God, would - play at that game; her liaison with a man 10 years her senior who won her heart with soft S&M and softer reassurances that childbirth had not ruined her figure; her growing, spreading, swelling love that could no longer be absorbed by just one man, or by just two.
At 25, Yuri is one of Asahi Geino's case histories, a victim of an alarming new menace seeping up from underground: "sex dependency syndrome."
「だいたい1年前」とユリは答える。
赤ん坊を抱える女性が、夫に浮気をされた腹いせに、男をあさるゲームに興じた話。
彼女と付き合った10歳年上の男はソフトSMで彼女のハートを掴み、出産が彼女のスタイルを崩さなかったことを安心させた。しかし、彼女の肥大した愛欲は、1人ぽっちの男では、あるいはたった2人では受け止めきることができなかった。
ユリは驚くべき新たな脅威の「セックス依存症」という、アサヒ芸能の挙げた事例の中の一人である。

It's a seven-page spread the magazine lays before us, complete with half a dozen profiles, a chorus of comments from sufferers not profiled, and a medical opinion.
How general is this restlessness among the population at large?
That's hard to say, but Dr. Fumihiko Umezawa, for one, feels compulsive sex is taking over where compulsive drinking, compulsive gambling and compulsive shopping left off.
It's the defining compulsion of the late '90s.
ウメザワ・フミヒコ医師は言う。これがどれくらい一般的かはわからない。
しかし、ある人は、アルコール・ギャンブル・買い物依存に変わりセックスに病みつきになっている。
これは90年代後半に見られる典型的な強迫観念である。

And rightly so.
Sex is the only obsession that can - not always, but potentially - be indulged for free.
That's no small consideration in a recession-stymied economy.

Behind this obsession, as behind most, lies the demon stress, and here too recession is a factor.
But stress cuts both ways.
It is as likely to extinguish the libido as to fire it.
When it exercises its dual nature within one couple, extinguishing his and firing hers, the consequences are bound to lead us outside the prim realm of good social behavior.
Actually Mrs. Aihara, as we'll call her, was coping moderately well with her husband's chilliness - until recently, when a pair of weekend guests metaphorically set the house ablaze with their nighttime antics.
That was too much for Mrs. Aihara, who made her very first teleclub contact the next day.
She's been insatiable ever since.
アイハラ婦人の事例。一度浮気をしてから、夫では満足できなくなり、テレクラに走る。

Then there's the story of the young woman who entertains her gentleman callers during her 2-year-old's afternoon nap.
How can she be sure the little fellow won't wake up in mid-rut?
A little imagination scales big obstacles.
Mom simply mixes some plum wine into the baby's pre-nap milk, and he sleeps like an angel.
子持ちの女性の事例。2歳の子供が昼寝をしているあいだに、テレクラで呼んだ男性とセックスをする。
しかし赤ちゃんを起こしちゃったらどうしようかという、小さな想像が、大きな障害だった。
そこで赤ん坊のお昼寝前のミルクに赤ワインを混ぜた。赤ちゃんはまるで天使のように眠っている。

Never before has sex been so close, so easy, so handy, so ubiquitous.
The latest conveniences - "teleclubs," cybersex - play to biological and psychological traits that are uniquely human, Dr. Umezawa explains.
Human beings can have sex anytime, anywhere, with anyone.
Animal sex, aimed purely at reproduction, is for the most part rather perfunctory.
But we, thanks to the highly developed cerebral cortex that makes us human, are blessed with an almost bottomless capacity (and cursed with an almost bottomless need) to experience pleasure.
"Sexual activity is genital," Umezawa tells Asahi Geino, "but sexual pleasure is cerebral."
Since the cerebrum is the center of human intelligence, Umezawa's equation is inescapable: Sexual inclination is a mark of heightened intelligence.
これほどまでに、セックスが身近で、簡単で、お手軽で、いたる所にあふれていた時代はない。
最新のこの便利な「テレクラ」というサイバーセックスは、生物学・心理学的な特色をあらわしているとウメザワ医師は説明する。
人間はいつでも、どこでも、誰とでもセックスができるものである。
単に繁殖が目的とする動物の生殖は、たいていがいい加減なものである。
しかし、ありがたいことに大脳皮質が高度に発達した我々人間は、底なしの喜ばしい経験ができるという恩恵を受ける。
「性的行為は生殖ではあるが、性的喜びは知的活動なのである」と『アサヒ芸能』でウメザワ医師は言う。性的願望は高度な知能のしるしである。

So far so good.
But when sex distorts the personality to the extent of causing mothers to neglect their babies, fathers to rape their daughters, ordinary peaceable citizens to grope strangers on trains and plant cameras in public toilets, the fine line separating beauty from pathology would seem to have been crossed.
This is the foundation of Umezawa's research, and the source of his clientele.
それまでのところはよかった。
しかしセックスが人格を歪め、母親が育児ほうきをし、父親が我が娘をレイプし、いたって普通の一般市民が電車内で他人の服をまさぐり、公共トイレにカメラを埋め込み、美(の追求?)と病理学の境界が交わっているように見える。
これらはウメザワ氏の調査と、彼の患者たちから得られた情報に基づいている。

What's the matter with men today? Umezawa demands.
If married women are restless beyond endurance, he says, it's at least partly their husbands' fault.
Why aren't they more attentive, and more vigorous?
Why should the average man in his 20s go four days - as he does - without marital sex, when his wife wants action every night?
Could it be the profusion of extramarital (and extracoital) options?
The rift widens with age.
In the 30s, it's once every nine days for husbands and once every two days for wives; in the forties, once every 16 days vs. once a week.
「今日の男たちは一体どうしてしまったのか」と、ウメザワは問う。
既婚女性が耐えることができず欲求不満でいるなら、少なくとも一部は夫の責任である。
なぜもっと熱心に、そして活発にならないのか?
毎晩妻が欲しがっているのに、なぜ20代の男が4日も夫婦でセックスすることなく4日間過ごしたりするのか?
その亀裂は歳を重ねるごとに深まる。
30代においては、夫は9日ごとに1回であるのに対し妻は2日に1回、40代では、夫は16日に1回であるのに対し、妻は週に1回となる。

That's too bad, but ultimately, one suspects, somewhat beside the point.
Consider another of Asahi Geino's case histories, 24-year-old Kanae - and ask yourself whether lifelong monogamous marriage is likely to survive the coming millennium.
気の毒ではあるだが、しかし結局、どうやらそれは無関係のようだ。
『アサヒ芸能』の別の事例を、カナエ(24歳)の事例を見て、一夫一婦制はこの先1000年間生き残ることができるかどうか自問してみてください。

Kanae has been married for a year.
She knows what her husband does - he's in real estate - but he doesn't know what she does (though he doesn't know that he doesn't know).
He thinks she works in a coffee shop.
Actually she's on day shifts at an Ikebukuro image club.
She started six months ago.
No, she wasn't unhappy with her husband, who is as virile and considerate a man as Umezawa could wish.
What was the problem, then?
"When I was single," she explains, "I could sleep with whoever I liked.
Then I get married, and all of a sudden I'm only allowed to play with one man.
I couldn't live with that."
カナエは結婚して1年になる。
彼女は不動産業を営む夫が何をしているか知っているが、夫は彼女が何をしているか知らない(しかし彼は自分が知らないことに気づいていない)。
夫は彼女が喫茶店で働いていると思っている。
実際は彼女は池袋のイメクラで日中働いている。
彼女は6ヶ月前に働き始めた。
いや、彼女はウメザワが思う限りでは男らしく思いやりのある夫に不満だったわけではない。
では何が問題だったのだろうか?
彼女はこう述べる「私が未婚だった頃、私は誰とでも、自分の好きな人と寝ることができた。
そして私は結婚したが、突然、一人の男とだけヤることしか許されなくなった。
あれがなければ生きていけないの」

Nor, however, could she live with cheating on him - she loves the guy.
On the horns of a dilemma, she appealed to her cerebrum, which obligingly sent her an idea.
"As long as it's work, it's not cheating, right?"
Right, she decided - and found an "image club" job.
しかし、彼女は彼を騙して生きることもできなかった。彼女はその男を愛していた。
葛藤した挙句、彼女は親切にもアイディアを提案する自分の脳にすがった。
「それが労働である限り、それは騙すことにならない、いい?」
いいわ、と彼女は決心し、そして「イメージクラブ」の仕事に就いたのだ。

Now she lives single and married at the same time.
She's happy, and her husband, seeing her happy (though not knowing why), is also happy.
That's about as good as life gets.
An image club is supposed to feature sex play, not actual sex, but if a customer asks her nicely, she'll go all the way.
But no dates outside, she stipulates. After all, she's a married woman.
(Michael Hoffman, contributing writer)
今彼女は別居中である。
彼女は幸せだし、夫も彼女が幸せなのを見ている(だがなぜかは知らない)彼もまた幸せだ。
まぁ人生はこの程度にしか良くならないものだ。
イメージクラブはセックスプレイが特徴だ。実際のセックスではないが、客が言えば彼女は上手に、あらゆるセックスでも行う。
しかし外でデートはしないと、彼女は決めている。なぜならば、彼女は既婚者だから。
(マイケル・ホフマン)


※少なくとも毎日新聞は、1999年から低俗な真偽不明の記事を広める活動をしていたようです。
※7/4現在確認されている最も古い記事です
※途中、和訳を省略・要約している箇所もあり完全な訳ではありません


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。