近村紅夜(このむらべによ)=クロス・エペイスト

  • 近村紅夜(このむらべによ)
本詠町にある唯一の公立中学校・本詠中学校の2年生。14歳。前髪がぱっつんの黒髪ロングの少女(姫カットではない)。
京都出身で、陰陽師の一族・近村家の最後の生き残り(両親含む他の親族はケイオスに全員洗脳され、現在は消息不明)。
同じく京都の陰陽師の一族の末裔で、同級生の月光院白夜に助けられ事なきを得る。
助けられた後は自らの力でケイオスから逃れるべく、京都を離れて宝珠町にたどり着き、
宝珠町の廃工場にて、黒リリー(当時はコルボーという名前)や渡黒乃と共にストリートチルドレンとして暫く生活していた。
再び宝珠町に現れたケイオスとの戦いにて、再び生き延びたが本詠町に流されていた。
以後現在に至るまで本詠町の老夫婦の元で暮らしており、現在は本詠町で陰陽師として除霊や占いを楽しんでいる。
クールな性格ではあるが、人付き合いにはものぐさであり割と面倒臭がり。
それ故家事全般が大変苦手で生活能力がもの凄く低く、初めて彼女の部屋を見たヴィリーム達は驚愕したらしい。
おはぎが大好物で、食べる時の顔がとても可愛い。ゴキブリが大の苦手で、言葉を耳にするだけで青ざめて狂乱する程。
胸はぺたんこ。その為『紅夜板(べにやいた)』とか言っていると怒りが爆発する。何故か『青二才』でも同様の事が起きる。
剣の実力も免許皆伝級で、白く光るミラクルパワーが宿った妖刀『双狐(そうこ)』を使いこなす。
ヴィリーム達と知り合ってからは、かつての戦友・黒乃と決着をつけるべく、幻想町の犬走流剣術道場で剣道を鍛えている模様。

実はその正体は…

「陰陽交える退魔の双剣!クロス・エペイスト!」
ミラクルアイの双剣使い担当。イメージカラーは白藍色。
正体は本詠町に住んでいる陰陽師の一族の最後の生き残り、近村紅夜。
衣装は青色のラインが入っている濃藍色のぴっちりスーツの上にある白藍色の陰陽師服、
濃藍色のラインがある白藍色の手袋、飛躍力がアップする茶色いブーツ、白藍色の狐面。
戦闘スタイルは変身前から所持している妖刀『双狐(そうこ)』と変身してから生み出される魔剣『エペイストブレイド』を使った二刀流戦術と、
持ち前の陰陽師技による身体強化(札を自らの体に張り付けて強化を行う)。
『エペイストブレイド』は大きさを自由自在に変化させる事が可能ではあるが、自身が持てるサイズが上限であり下限である。
なお、『紅夜板(べにやいた)』や『青二才』と言われると怒りが爆発し、『双狐』と『エペイストブレイド』を融合させた一刀流戦術に変わる。
一刀流戦術に変わると威力が格段に上がるが、スピードが落ちるので普段はあまり使わない。