堀川雷鼓

「ロックじゃない。そいつぁロックじゃないよ、ユー?」
堀川芸能事務所社長。年齢35歳。
かつては伝説のドラマー『RAIKO』として幻想町を振るわせたアーティストだったが
現在は引退して堀川芸能事務所を立ち上げ、その社長をしている。
やたらと軽い口調にひょうきんな態度からそうは見えないが、『社長』としてはかなりのやり手。
ある日、街頭で演奏会を開いていた九十九姉妹の演奏を聴いてその腕前に気づき、
彼女達を事務所にスカウト、その他在野からかき集めてきた人材と組ませ、和風ロックバンド『TKM99』としてデビューさせる。

実はその正体は…

「刻むぞビート!燃え尽きるほどにヒート!ビート・エレキテル!」
〇ビート・エレキテル=堀川雷鼓
ミラクルアイのムードメーカー。イメージカラーは赤色。
正体は堀川芸能事務所社長・堀川雷鼓。
衣装は白いジャケット・紫色のネクタイ・白い手袋・赤い稲妻を模した仮面。
両の手に帯電したドラムスティックを持ち、直接殴打したり梯子のように使って関節を極めたり
眼前でクロスさせて雷を飛ばしたりして戦う。
相手の行動・攻撃のリズムを読むことも得意で、攻撃の出ばなを潰したりカウンターを合わせたりもできる。

(二年後編では)
「雷鳴のビート!太陽のドラマー!ビート・エレキテル!」
ミラクルアイを引退し、プロデュース業務に専念していたが2年後編で堀川芸能事務所に新たにやってきたとあるマネージャーが組織したバンド、枡華麗道の一員としてミラクルアイに復帰。衣装も新たな装いとなり、赤色を基調とした原作の雷鼓に近い衣装に身を包むようになった。
両手には手の甲の部分に太陽と雷が合わさったマークが描かれた黄色の手袋を嵌め、
赤い稲妻を模したミラクルマスク(2年前のミラクルマスクと同じ)を被り正体を隠す。
首元には、ロック調の曲を中心に歌唱力を向上させる青いスカーフを巻いている。
武器は2年前同様、電流を帯びたドラムスティック。だが電子ドラムを召喚して戦う事も可能になった。
枡華麗道としてはライと呼ばれており(雷を繰り出す事から名づけられた芸名)、
「怨霊スガオツツミ」「マスクレディーショー」ではヴォーカルも担当。
最終更新:2021年05月09日 21:59