堀川雷鼓

「ロックじゃない。そいつぁロックじゃないよ、ユー?」
堀川芸能事務所社長。年齢35歳。
かつては伝説のドラマー『RAIKO』として幻想町を振るわせたアーティストだったが
現在は引退して堀川芸能事務所を立ち上げ、その社長をしている。
やたらと軽い口調にひょうきんな態度からそうは見えないが、『社長』としてはかなりのやり手。
ある日、街頭で演奏会を開いていた九十九姉妹の演奏を聴いてその腕前に気づき、
彼女達を事務所にスカウト、その他在野からかき集めてきた人材と組ませ、和風ロックバンド『TKM99』としてデビューさせる。

実はその正体は…

「刻むぞビート!燃え尽きるほどにヒート!ビート・エレキテル!」
〇ビート・エレキテル=堀川雷鼓
ミラクルアイのムードメーカー。イメージカラーは赤色。
正体は堀川芸能事務所社長・堀川雷鼓。
衣装は白いジャケット・紫色のネクタイ・白い手袋・赤い稲妻を模した仮面。
両の手に帯電したドラムスティックを持ち、直接殴打したり梯子のように使って関節を極めたり
眼前でクロスさせて雷を飛ばしたりして戦う。