規格 "MiSP" のコンセプトと使い方

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


規格としての "MiSP" について:
MiSP
=Maidenkosha Integrated/intelligent Standard Platform
(名電工舎統合/知性型標準プラットフォーム)とは、

登場人物側の要件をある程度共通化させることで、

物語/世界設定から登場人物を設定するのではなく、

登場人物を基点として世界設定/物語の制作を試みるものです。
もちろん、既存の世界設定や物語に追加するのも大歓迎。

皆様の創作活動の下敷き・基盤・きっかけ等として、
何らかの一助になれば幸いです。


この規格のつかいかた:
以下の手順で、MiSP準拠機を制作します。

[共通要件]…基本的な前提
・めがね
・アンテナとアンテナ基部
・自律型
+いくつかの制限事項
・可能な限り女性型
・四肢で機械露出できるのは原則肘/膝とそこから先のみ
→頭部のみ肌などの場合は完全に規格外
・本体は素肌orボディスーツ等まで可 ある程度柔軟に
・人型二脚(多脚に関しては例外対応)

[設計上の方向性]…以下は両極端な例
・性能そこそこ、どこまでも人間寄りな汎用型
・高性能、何かが度外視されがちな若干ロボ寄りの特化型
×
[仕様とデザイン]…第一印象にかかわるもの
・仕様…いかなる仕様であるかを簡単に。
・デザイン…共通要件を満たせばよし!

[派生/改装/後継/ワンオフ]…型番にかかわるもの
・既存の標準機
・新規の標準機
・派生の標準機(派生の派生がある場合)

・改装…ロールアウト後に衣装変更/後天的な改装を加える
・派生…製作時点での設計変更等の、先天的な変更を加える
・後継…既存の機体の後継モデル
あるいは
・ワンオフ…ベースとなる標準機のないワンオフ機/原形をとどめない大幅な改装

[詳細設定]
・製作者や居場所、所属など、準拠する世界設定
※既存作品の世界設定に準拠させるのも可
・名前(愛称、コードネーム、固有名称)、性格等個体についての記述
・動力等細かい部分についての記述


最終更新:2009年06月14日 23:15