世界設定一覧

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


MiSP準拠機の居場所や設定資料として、以下の世界設定が存在します。準拠したり、新規に構築したりしてください。

AAAMD Project:現在12期。
名電工舎企画室による、「どこまでも人間に近い形の機械仕掛けの小娘を制作する」超長期計画。
架空の規格"MiSP"をベースにした小娘型機材と、
それを取り巻く人類、機器、技術用語などの集合体。


にせは○な学術研究都市:
ばぐとら研究所の存在する、学術研究都市。
MiSP機にx86PCを実装したりする、驚異のテクノロジーが存在する。
現地では「うにゅう」と呼ばれる、人語を解する青い棘のある生物をしばしば見かける。

<住人とか>
…ばぐとら研究所

…市内のどこか

…名電工舎にせは○な支局

<MiSP関連施設とか>
・ばぐとら研究所:
所長がいる。

・名電工舎にせは○な支局:
名電工舎の支局のひとつ。後述POLの上のフロアに位置し、
よく停電に巻き込まれるためついに自家発電装置を用意するに至った。
ソーラーパネルにガソリンエンジンの二段構えだぞ。

・POL(Parabellum Optics Labs.):
MiSP用めがね等の光学系ユニットの研究開発施設。
業務用レーザー機器等のせいで、しばしばビル停電の原因になっている。
なお、同ビル1Fに、副産物のハンドメイドメガネショップ「びんぞこ」を持つ。

・ハンドメイドメガネショップ「びんぞこ」:
POLのテクノロジーを惜しげもなく突っ込んだハンドメイドメガネの直売店。
MiSP機のコンポーネントとしてのめがねだけでなく、人類用のめがねも取り扱う。
多くの場合要求に対するパフォーマンスが何よりも優先されるため、
注文をミスるとものすごく高価でデリケートな芸術品ができあがることがある。
ちなみに方針上、コンタクトレンズの類は一切置いていないらしい。

・俺の嫁館:
厚生労○省の外郭団体が作った施設。
多数のマルチタッチスクリーンで「俺の嫁(婿)実体化」を擬似体験できる。
税金の無駄遣いと大ブーイングなれど、その筋では隠れ観光名所。
ある意味この街の方向性を示す施設の一つである。

・俺の嫁館東隣の廃研究所:
めかびより(コンビ名) のねぐらと化している建造物。