ディスク起動時の crt0.s

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ディスク起動時の crt0.s
なんにもしてない
ブートセクタの中身と合わせて見ないと意味わからんと思われ
スロット #0 がメインロム
スロット #1 がディスクロム
それ以降が RAM の状態
とりあえず 0x8000 からスタック設定をしてるだけ

	;; crt0.s for msx disk
	.module crt0
	.globl	_main

	.area _HEADER (ABS)

	;; initialize
	.org	0x8000
init:
	;; Stack at the top of bios work.
;	ld		sp,#0xf380
;	ld		sp,(0xfc4a)	;HIMEM
	ld		sp,(0xf674)

	;; slot0 - main-rom
;	ld		a,(0xfcc1)
;	ld		hl,#0x0000
;	call	0x0024 ; ENASLT
;	ei

	;; Initialise global variables
;	call    gsinit
	call	_main
	jp	_exit

_exit::
	halt

	;; Ordering of segments for the linker.
	.area	_HOME
	.area   _CODE
	.area   _GSINIT
	.area   _GSFINAL

	.area   _DATA
	.area   _BSS
	.area   _HEAP
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。