極楽鳥/Birds of Paradise

尾の羽根の一枚一枚は、その色合いに込められた思い出と共に、異国の地の土産となる。

Each feather in its tail is a souvenir of an exotic land, a memory condensed in hue.


「神様はその鳥の羽根で、世界中の色を塗り上げたのです。」
――グラマー森の保護者、イェイラ=ティヴァ

"The gods used their feathers to paint all the colors of the world."
――Yare-Tiva, warden of Gramur forest


遥か昔、極楽鳥は空にあふれていた。都市が広がっていったせいで、そのほとんどは社会的エリート達のペットにとなっている。

Long ago, birds of paradise littered the skies. Thanks to the city's sprawl, most now exist as pets of society's elite.