弥勒菩薩

(1)五十六億七千万年後に如来となることを釈迦から約束された菩薩
 現在は「兜率天」と呼ばれる世界(仏になるため修業を行う世界)で説法を行っている。釈迦の入滅から五十六億七千万年後に、「龍華樹」の下で悟りを開き、釈迦の教えを得ることが出来なかった人々のために「三会」とよばれる三度の説法を行うことを任務に当てられている。

参考

新紀元社発行 密教曼荼羅
最終更新:2006年03月31日 00:18