Player Ratings(OOTP15)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

選手を雇う目安はコレを見ないことには始まらない。ドラフト、FA、その他モロモロ。
だがOOTPを始めて日が浅いGM諸君なら壁にぶち当たっているかもしれない。
能力がいい選手ばかり集めているのになぜ最下位!?
そんな時に注意して見てもらいたい。moraleはどうなっているか?Personality Ratingsは?
ちなみに監督、コーチにも選手のパフォーマンスを引き出すパラメータが存在する。そちらは選手育成考察のほうに記述しておいたので参考にして頂きたい。

ここでは選手査定のメインとなるBatting Ratings,Pitching Ratings、その他Personality Ratings等の知れば奥が深くなるレートについて解説しよう。よもや投手のレートをStuff,Movement,Controlと変化球のみで評価していやしないだろうな?
|  ^o^ |<わたしです


Batting Ratings

Contact
打率だ。この数値が高いと、長短打関係なく単純に打率が高くなる。

Gap Power
長打率だ。外野左・右中間へライナーを運ぶ力である。2塁打、3塁打の可能性が高くなるが打率、ホームラン率には直接的に影響しない。

Home Run Power
プレイヤーのヒットに対するホームラン率。打率に直接的影響は無い。

Eye
四球を選ぶ回数が増える。だが三振数や打率に直接的影響はない。

Avoid K's
三振数が減る。例えば、2ストライク時に空振りするよりもファールを打つ傾向にある。

上部3つのレートは主に打撃成績に直結する値だ。多いに越したことは無いが、Contactが無ければ話にならない。
Eyeは出塁率に直結する項目だろう。
Avoid K'sに関してはマニュアルの記述が少ないので不確かだが、一般的に考えればアウトが少なくなる=打率、出塁率共にアップするという感覚でいいのかもしれない。
またこの値はOverallの他に対左投手(Vs.LHP)、右投手用(Vs.RHP)の値がある。左右用のLine upを組む際には注意していこう。


Pitching Ratings

投手評価のメインとなるStuff, Movementの2大要素は打者と違い、その他能力の評価数値に左右されている。

Stuff
この値はピッチャーの投球レパートリーの質である。つまり球種が多かったり球が速かったりするとこの数値が高くなる。この数値が高いと奪三振が増える。

また、リリーフピッチャーは少し加算されて表示される。打者との対戦回数の少なさが要因だ。少ない回では打者が投手に順応するのが困難であるからだ。加算の具合はその選手の能力値が高い順に、能力値2位までの数値と高い関連性がある。例えば、球が早くてスライダーがガチだが、チェンジアップがゴミなStuffイマイチ先発(SP)を中継ぎ(MR)に転向するとStuffがギューンとなる訳だ。

Movement
被本塁打数が減る。Ground ball%、つまりゴロ率を含む要素から導出される数値だ。

Control
この数値が高いと四球数が減る。

Velocity
球速。初期設定ではマイル/時で表示される。この数値は特定の球種に関しては重要である。ストレートは言うまでもなく。逆にナックル等には不要な数値だ。overall Stuff ratingや変化球等の個々の球種レートの評価要素となる。

Stamina
文字通りスタミナ。疲れると被安打・与死球が増える。どの選手も25以上初めから持っている。先発は50以上は必要だ。

Hold Runners
パワプロで言うクイックだ。この数値が高いと盗塁されにくい。catcher armが高ければ価値が増すだろう。

Ground Ball%
ゴロ率。この数値が高いと打たれた球がゴロになる可能性が高い。よってダブルプレーの確率も増す。しかし、ゴロ率が低いとBABIP数値が低くなる傾向にあるので一概に高ければ良いものでもない。フライのほうがゴロよりアウトになる確率が高いのだ。カーブやシンカーの球種はこの数値を高くするだろう。この数値は前出のMovement ratingを求める要素となる。

Indivisual Pitch Ratings
球種だ。ナックルを持たない投手は、最低3つ以上持っていないと先発で成功することは難しいだろう。下位リーグに行くほど求められる球種は少なくなるので、2球種しか持たない選手がマイナーで活躍していてもメジャーで活躍できるかは・・・恐らくできない。


また、上部3レートは打者同様に対左(Vs.LHB)、対右打者(Vs.RHB)用の数値がある。


Defensive Ratings

Infield / Outfield Range
選手の守備範囲の広さ。広ければ広いほど球を拾える。それまでの選手の経験により左右されるので、起用法により改善される。Infieldは内野手、Outfieldは外野手用の数値である。それぞれの選手はこの2つの数値を持っている。

Infield / Outfield Error
後逸、悪送球、捕球ミス等の全てのエラーに対する頻度の割合を示す。この数値が高ければエラーしにくくなる。
こちらも同様に外野手、内野手用の数値があり、経験により左右される。

Infield / Outfield Arm
肩力、送球精度。こちらも内外野手用の数値が用意されている。ただ内野手で数値がいいのに外野手で悪い場合があっても肩力が急に衰える訳では無く、送球精度や経験、踏切の良さ等が影響している。

Turn Double Play
初期設定では隠れ値になっている。ダブルプレー完成の割合である。捕手、投手、内野手に寄与する。

Catcher Ability
キャッチング能力。その選手のarm,error,rangeの全ての能力値と経験からこの能力値が導き出されている。
投手の能力を最大限に引き出すといったパワプロ脳的キャッチャー◎とかの能力に関する記述は見当たらない。

Position Ratings
1人の選手は複数のポジションでプレイする能力を有している事がある。これも経験により左右されており、新たなポジションで出場させる事により、新たなポジションの習得が可能である。もちろんその習得期間の守備は最悪だ。

Other Ratings

Running Speed
足速い。超速い。だが守備範囲の広さの要因とはならない。ただ年齢の衰えでの走力の低下と同じ様に守備範囲も劣化する。そのような点では関連性が無いわけではない。

Stealing Bases
前出の足が超速くて、この能力値が高ければ盗塁が成功しやすい。盗塁する上ではどちらも無くてはならない値だ。

Baserunning Instincts
走塁時に暴走などのミスを犯しにくい。また、相手の守備のミスにつけ込む事ができるようになる。

Sacrifice Bunt
犠打の上手さ。

Bunt for Hit
セーフティーバントの上手さ。

Hitter Type

3種類のタイプがある。
Spray hitter:広角に打ち分ける
Normal:引っ張りがちに打つ一般的な打ち方
Pull hitter:更に引っ張る


Current Ratings と Potential Ratings

特定のレートはCurren RatingとPotential Ratingがあるが、Currentは特定の要素から現在の査定を表している。
Potential Ratingは各チームのヘッドスカウトにより見積もられるが、不在の際は各コーチがこれを担当している。
また、若く発展途上の選手ほどPotentialを見極めるのは難しい。よってプロ5年目よりもドラフト選手のほうが値は曖昧である。


Overall RatingsとPotential Ratings

選手の横に☆を見たことがあるだろう?
この☆マーク評価は選手の総合的な評価である。

Overall Rating

現在の選手の総合的な能力である。ただし、その選手のポジションによって異なる。例えば遊撃手で4つ星であったとしても、遊撃手では頭ひとつ抜きでたスター選手ではあるが、三塁手の打撃のそれとして見ると平凡な能力であり3つ星に満たないかもしれない。

Potential Ratings

言わずもがな将来的な総合評価であるが、現在のポジションではなく、将来プレイするであろうポジションで査定が行われている。例えば現在中継ぎで将来的な役割が先発の場合、中継ぎとしては優秀なポテンシャルを有しているが先発のポテンシャルとして考えれば低めの能力値である為、Potentialの総合評価は芳しくない。
この評価もポジションごとの評価であり、5つ星ポテの三塁手がリーグトップの能力ポテを有しているとは限らない。


Player Personalities

実はこれを一番解説したかった。まさに謎の詰め合わせだ。説明書を読まないと分からない。
これって実はかなり重要な要素だと睨んでいるのだが、皆さんはどうだろうか。

Leadership
他の選手と自らの成長を早め、他の選手共々実力以上のパフォーマンスを発揮できる可能性が上がる。

Loyalty
契約延長に応じやすい。

Desire for Winning Team
選手にとっての勝利の重要度。勝てていないとmoraleに影響が出やすい。また、チームの成績で契約交渉に支障をきたす。勝てる場面を落としにくい等の要素があるのかは謎。(Greedには低いほうがいい唯一のパラメータとはっきり書いてある為、この項にポジティブな要素が書いてないけれど、低いほうが良いという訳では無いかも。)

Greed
この数値が高ければ年俸が高くなりやすい。GM諸君にとってはVery Lowがありがたいパラメータである。給料が低いと感じるとmoraleに影響を及ぼす。

Intelligence
頭の良さ。成長の早さ、そして試合中の判断力。また、薬物による出場停止の可能性も下がる。

Work Ethic
成長を早める。スランプに陥りにくい。この数値が低いと薬物による出場停止になりやすい。

試合中の能力に影響を与える項目が2つもある。選手の能力は高いのに勝てない場合はこれらの要素を見直してみてはいかがだろうか。


Player Morale

負けてると怒る、マイナーに落とすと怒る、トレードすると怒る。
とにかく選手はキレやすい。しかもキレると契約よりもプレーに影響が出る。

Team Performance
勝率が良くても10連敗とかすればキレる

Team Transactions
トレードしたり、マイナーに落としたり、shopに出したり、tradeステータスを変えたりするとキレる。
また、新規に獲得した人気選手と同じポジションの選手は不快感を示す。
高い年俸で更改すれば改善が可能。

Player Performance:まんま

Role on Team
expectation通りのポジション、Line upでプレイできないとキレる。ただ、ベンチ希望でスタメン起用とかならおk。


名前:
コメント:
最終更新:2017年02月18日 22:59