GAZA兵器と人間・資料庫 @ wiki

Israel: Stop Unlawful Use of White Phosphorus in Gaza

最終更新:

pipopipo777

- view
管理者のみ編集可

Israel: Stop Unlawful Use of White Phosphorus in Gaza

Chemical ‘Obscurant' Poses Serious Risk to Civilians
イスラエル: ガザでの黄リンの不法な使用を止めてください。
化学「目くらまし」が民間人に深刻な危険を及ぼす
January 10, 2009

M825A1 155mm projectiles, painted light green to designate a munition containing white phosphorus, stand fuzed and ready with an IDF artillery unit firing into Gaza.
M825A1 155mm 発射体(白リン含有弾薬であることを指定する浅緑の塗装がなされている)が、信管取り付け済み、IDF大砲部隊によるガザ砲撃準備完了、として立ち並んでいる。

White phosphorous can burn down houses and cause horrific burns when it touches the skin. Israel should not use it in Gaza's densely populated areas.
白リン弾は、家々を焼き、皮膚に触れると恐ろしいやけどを引き起こします。 イスラエルはガザの人口密集地域でそれを使用すべきではありません。

Marc Garlasco, senior military analyst at Human Rights Watch (Jerusalem, January 10, 2009) - Israel should stop using white phosphorus in military operations in densely populated areas of Gaza, Human Rights Watch said today. On January 9 and 10, 2009, Human Rights Watch researchers in Israel observed multiple air-bursts of artillery-fired white phosphorus over what appeared to be the Gaza City/Jabaliya area.

Marc Garlasco、ヒューマン・ライツ・ウオッチ(2009年1月10日のエルサレム)の先任軍事アナリスト・・・・・イスラエルは、ガザの人口密集地域における軍事作戦での白リン弾使用を止めるべきです、とヒューマン・ライツ・ウオッチは、今日言いました。 2009年1月9日と10日に、イスラエルのヒューマン・ライツ・ウオッチの調査員は、大砲砲撃による白リン弾が、ガザ市ジャバリヤの地区の広い地域で連射炸裂しているのを観測しました。

Israel appeared to be using white phosphorus as an "obscurant" (a chemical used to hide military operations), a permissible use in principle under international humanitarian law (the laws of war). However, white phosphorus has a significant, incidental, incendiary effect that can severely burn people and set structures, fields, and other civilian objects in the vicinity on fire. The potential for harm to civilians is magnified by Gaza's high population density, among the highest in the world.

イスラエルは白リン弾を、原則として国際人道法(戦時国際法)の下で許されている使用である「視界蒙昧弾」(軍の作戦を隠す為の化学剤)、として使用しているように見えました。 しかしながら、白リン弾には、重要で、付帯的な、焼夷効果があり、それは、人々に重傷の火傷を負わせ、付近の構造物、草地、および他の民間物に火災を起こします。

"White phosphorous can burn down houses and cause horrific burns when it touches the skin," said Marc Garlasco, senior military analyst at Human Rights Watch. "Israel should not use it in Gaza's densely populated areas."

「白リン弾は家々を焼き、それが皮膚に触れると恐ろしいやけどを引き起こします。」と、Marc Garlasco、ヒューマン・ライツ・ウオッチの先任の軍事アナリストは言いました。 「イスラエルはガザの人口密集地域でそれを使用すべきではありません。」

Human Rights Watch believes that the use of white phosphorus in densely populated areas of Gaza violates the requirement under international humanitarian law to take all feasible precautions to avoid civilian injury and loss of life. This concern is amplified given the technique evidenced in media photographs of air-bursting white phosphorus projectiles. Air bursting of white phosphorus artillery spreads 116 burning wafers over an area between 125 and 250 meters in diameter, depending on the altitude of the burst, thereby exposing more civilians and civilian infrastructure to potential harm than a localized ground burst.

ヒューマン・ライツ・ウオッチは、ガザの人口密集地域での白リン弾使用が、民間人の負傷と死亡を避けるためにあらゆる可能な注意を払わねばならないという、国際人道法の下の要件に違反すると信じています。 空中炸裂する白リン発射体のメディア写真が証明したテクニックを考えると、この関心は増幅されます。 白リン弾の空中炸裂は、直径125~250メーターの領域の上に、116枚の燃えているウエハースを撒きます。その結果、局地的な着地炸裂に較べると、炸裂地点の高度によって、より多くの民間人と民間インフラストラクチャを、危害の可能性に晒します。

Since the beginning of Israel's ground offensive in Gaza on January 3, 2009, there have been numerous media reports about the possible use of white phosphorous by the Israel Defense Forces (IDF). The IDF told both Human Rights Watch and news reporters that it is not using white phosphorus in Gaza. On January 7, an IDF spokesman told CNN, "I can tell you with certainty that white phosphorus is absolutely not being used."

2009年1月3日のイスラエルのガザ地上攻勢の始まり以来、イスラエル国防軍(IDF)による白リン弾の活用可能性に関して、多数のメディア報道がありました。 IDFは、ガザで白リン弾を使用していないと、ヒューマン・ライツ・ウオッチと取材記者の両方に言いました。 1月7日には、「私は確信をもって、白リン弾は絶対に使用されていない、とあなたに言うことができます。」と、IDFスポークスマンはCNNに言ったのです。