Reboot Camp Sapporo wiki

スウェット・ショップ

最終更新:

drill

- view
だれでも歓迎! 編集
現在翻訳作業中!

●注意:以下の文章は、作業途中の文章です。時間があるときに少しずつ翻訳作業をしているので、誤訳・不適切な用語・意味不明な文章のままになっていて、間違いだらけのノートのようなものであり、正確さを欠きます。そのため、現時点ではあまり参考にはならないと思いますが、それは翻訳途中の文章を掲載している私の怠慢と翻訳能力不足のせいであって、オリジナル文章のクオリティが低いわけではありません、たぶん。閲覧する際は、その点をご注意ください。不完全な文章を読むと訂正などのツッコミを入れたくなると思います。なので共同作業者も募集中です。一緒に訳しましょう。これらは、wikiで現在編集制限していないので誰でも編集できます。直しちゃったり、加筆しちゃったり、を歓迎します。貢献しだいで翻訳精度や情報の信頼性は向上し、情報量は増大しますよ。また、「こんなとこでちまちまやってないでWikipediaに直接執筆すればいいじゃん」と思う人もいらっしゃると思います。ごもっともです。そういう方で元気がある方はどんどんWikipediaに新規執筆、加筆、翻訳をしてください。この翻訳中の文章は、実際に項目を書く前の下書き、下調べのようなものなのです。ある程度の精度の翻訳になった場合には、本家Wikipediaに掲載する予定でいます。お問い合わせは、メール drill.xx(at)gmail.comまで。



出典: # スウェット・ショップ- (搾取工場) http://en.wikipedia.org/wiki/Sweatshop
2007-09-16T10:14:27 の版
主な執筆者: 



■Sweatshop 搾取工場
From Wikipedia, the free encyclopedia ・ Wikipedia(無料の百科事典)から

Sweatshop is a pejorative term used to describe a manufacturing facility where working conditions fall short of contemporary human-rights standards.

搾取工場は、労働条件が現代の人権標準に達しない製造施設を記述するのに用いられる軽蔑的な語である。

■Contents 内容

■History of sweatshops 搾取工場の歴史

シカゴ、イリノイ、USA 1903で搾取工場検査の間、撮られる写真。 - Photo taken during a sweatshop inspection in Chicago, Illinois, USA 1903.
Photo taken during a sweatshop inspection in Chicago, Illinois, USA 1903.
シカゴ、イリノイ、USA 1903で搾取工場検査の間、撮られる写真。

While many workplaces through history may have been relatively crowded, dangerous, low-paying, and without job security, the concept of a sweatshop has its origins between 1830 and 1850 as a specific type of workshop in which a certain type of middleman, the sweater, directed others in garment making (the process of producing clothing), under arduous conditions.

歴史を通しての多くの仕事場が比較的混雑しているかもしれなくて、危険かもしれなくて、低支払うかもしれない間、そして、雇用の安定なしで、困難な状況の下で、搾取工場の概念は1種類の特定の仲介者(セーター)が衣服製造(衣類を生産するプロセス)において他を指示した1種類の特定のワークショップとして 1830~1850年にその起源を持つ。

Prior to 1830, fine clothing had been an expensive, custom item produced primarily by male members of the organized tailor's guild [3]. But between 1830 and 1850, as the Industrial Revolution gave way to the Second Industrial Revolution, sweatshop production of inexpensive clothing displaced members of the tailors guild, and replaced them with lower-skilled workers performing piece work at lower wages and in inferior conditions. The trend away from tailors was accelerated by the advent of a practical, foot-powered sewing machine in 1846.

1830の前に、すばらしい衣類は、組織化された仕立て屋のギルド[3]の男性のメンバーによって主に生産される高価な、あつらえのアイテムであった。しかし、1830~1850年に、産業革命がSecond産業革命に変わったので、安価な衣類の搾取工場生産は仕立て屋ギルドのメンバーを置き換えて、彼らを低い賃金で、そして、劣った状況で部分作業を果たしている下級の熟練労働者と入れ替えた。仕立て屋から離れた傾向は、1846年に実用的な、足で動くミシンの出現によって速められた。

The terms sweater for the middleman and sweating system for the process of subcontracting piecework were used in early critiques like Charles Kingsley's Cheap Clothes and Nasty, written in 1850. The workplaces created for the sweating system were called sweatshops, and variously comprised workplaces of only a few workers, or as many as 100 or more.

仲介者のための条件セーターと出来高仕事を下請契約するプロセスの間の労働者搾取制度がチャールズキングズリーのCheap ClothesとNastyのような批評の初めに使われた。そして、1850年に書かれた。労働者搾取制度のためにつくられる仕事場は、搾取工場と呼ばれていて、さまざまにほんの少しの労働者だけまたは100以上もの仕事場から成った。

In the sweatshop of 1850, the role of the sweater as middleman and subcontractor (or sub-subcontractor) was considered key, because he served to keep workers isolated in small workshops. This isolation made workers unsure of their supply of work, and unable to organize against their true employer through collective bargaining. Instead, tailors or other clothing retailers would subcontract tasks to the sweater, who in turn might subcontract to another sweater, who would ultimately engage workers at a piece rate for each article of clothing or seam produced. Many critics asserted that the middleman made his profit by finding the most desperate workers, often women and children, who could be paid an absolute minimum. While workers who produced many pieces could earn more, less productive workers earned so little that critics termed their pay starvation wages. Employment was risky: injured or sick workers would be quickly replaced by others.

1850 年の搾取工場で、彼が小さなワークショップで孤立する労働者を雇うのに役立ったので、仲介者と下請けとしての(または下位下請け)セーターの役割はキーと考えられた。この隔離は、労働者を仕事の彼らの供給で自信がなくて、団体交渉を通して彼らの本物の雇い主に対して組織化することができなくした。その代わりに、仕立て屋または他の衣類小売業者はセーターに仕事を下請契約する。そして、その人はもう一つのセーターに順番に下請けするかもしれない。そして、その人は最後に、延長される各々の衣料品または縫い目のために単価で労働者を雇う。多くの批評家は仲介者が最も必死の労働者、しばしば女性と子供たちを見つけることによって彼の利益を儲けると主張した。そして、その人は絶対の最低限を支払われることができた。多くの部分を生産した労働者がそれほどほとんど得られないより多くの、より生産的でない労働者を得ることができる間、その批評家は彼らの賃金を飢餓賃金と呼んだ。仕事は危険だった:負傷したか病気の労働者は、他と速く取り替えられる。

Between 1850 and 1900, sweatshops attracted the rural poor to rapidly-growing cities, and attracted immigrants to places like East London, England and New York City's garment district, located near the tenements of New York's Lower East Side. Wherever they were located, sweatshops also attracted critics and labor leaders who cited them as crowded, poorly ventilated, and prone to fires and rat infestations, since much of the work was done by many people crowded into small tenement rooms.

1850~1900年に、搾取工場は地方の貧しい者を速く発展している都市に引きつけて、移民をイーストロンドン、イングランドとニューヨーク市の衣服地区のような場所に引きつけた。そして、ニューヨークのロワーイーストサイドの家屋の近くで位置した。どこに彼らが位置しようとも、搾取工場も彼らを混雑して、換気が悪くて、仕事の多くが小さな家屋の部屋に詰め込まれる多くの人々によってされた時から火事とネズミ来襲の傾向があるとしてあげた批評家と労働リーダーを引きつけた。

In 1900, the International Ladies' Garment Workers' Union was founded in an effort to improve the condition of these workers.

1900年に、Workersの連盟が努力において設立されたインターナショナルLadiesのGarmentは、これらの労働者の状態を利用する。

Criticism of garment sweatshops became a major force behind workplace safety regulation and labor laws. As some journalists strove to change working conditions, the term sweatshop came to describe a broader set of workplaces whose conditions were considered inferior. In the United States, investigative journalists, known as Muckrakers, wrote exposés of business practices, and progressive politicians campaigned for new laws. Notable exposés of sweatshop conditions include Jacob Riis' photo documentary How the Other Half Lives and Upton Sinclair's book,The Jungle about the meat packing industry.

衣服搾取工場の批評は、仕事場安全性規制と労働法の後の大きな力になった。一部のジャーナリストが労働条件を変えるよう努めたので、学期搾取工場は状況が劣っていると思われた仕事場のより幅広いセットを記述するようになった。アメリカ合衆国では、調査のジャーナリスト(Muckrakersとして知られている)はEXPOに商習慣のsを書いた、そして、進歩的な政治家は新しい法律のために運動した。搾取工場のsが条件づける顕著なEXPOは、Other Half Livesとアプトンシンクレアが肉についてbook,The Jungleを工業に包ませるジェイコブリースの写真ドキュメンタリーHowを含む。

In 1911, negative public perceptions of sweatshops were galvanized by the Triangle Shirtwaist Factory Fire in New York City. The pivotal role of this time and place is chronicled at the Lower East Side Tenement Museum, part of the Lower East Side Tenement National Historic Site.

1911年に、搾取工場の否定的な一般の認識は、ニューヨーク市でTriangle Shirtwaist Factory Fireによって電流を流された。この時間と場所の重要な役割は、ロワーイーストサイドTenement博物館(ロワーイーストサイドTenement National Historic Siteの一部)で年代順に記録される。

While trade unions, minimum wage laws, fire safety codes, and labor laws have made sweatshops (in the original sense) rarer in the developed world, they did not eliminate them, and the term came to be increasingly associated with factories in the developing world.

労働組合、最低賃金法、火安全性コードと労働法が搾取工場(最初の感覚で)を工業化した世界でより珍しくする間、彼らは彼らを排除しなかった、そして、語はますます発展途上の世界で工場と関係しているようになった。

In a report issued in 1994, the United States Government Accountability Office found that there were still thousands of sweatshops in the United States, using a definition of a sweatshop as any "employer that violates more than one federal or state labor law governing minimum wage and overtime, child labor, industrial homework, occupational safety and health, workers’ compensation, or industry registration" [4]. This recent definition eliminates any historical distinction about the role of a middleman or the items produced, and focuses on the legal standards of developed country workplaces. An area of controversy between supporters of outsourcing production to the Third World and the anti-sweatshop movement is whether such standards can or should be applied to the workplaces of the developing world.

1994年に出されるレポートでは、アメリカ合衆国政府Accountability事務所は、何千もの搾取工場がまだどんな「最低賃金と時間外(幼年労働、産業の宿題、職業的な安全性と健康、労災補償または工業登録)を定めている複数の連邦であるか州の労働法を犯す雇い主」[4]としてでも搾取工場の定義を用いてアメリカ合衆国にあるとわかった。この最近の定義は仲介者の役割または生産されるアイテムについてどんな歴史の区別でも除いて、先進国仕事場の法律標準に集中する。第三世界に生産を外注化することの支持者の間の論争とそのような標準が発展途上の世界の仕事場に適用されることができるか、適用されなければならないかどうかに関係なく、運動がそうである反搾取工場の区域。

Sweatshops are also sometimes implicated in human trafficking when workers have been tricked into starting work without informed consent, or when workers are kept at work through debt bondage or mental duress, all of which are more likely in cases where the workforce is drawn from children or the uneducated rural poor. Because they often exist in places without effective workplace safety or environmental laws, sweatshops sometimes injure their workers or the environment at greater rates than would be acceptable in developed countries. Sometimes penal labor facilities (employing prisoners) are grouped under the sweatshop label.

労働者が告知に基づく同意なしで仕事を始めることをさせられたとき、あるいは、労働者が負債束縛または精神的な強要を通して仕事中にしておかれるとき、搾取工場は時々人身売買にも関係する。そして、その全ては労働人口が子供たちまたは無教育の地方の貧しい者から得られるケースでよりありそうである。彼らが効果的仕事場安全性または環境法なしで所々にしばしば存在するので、搾取工場は時々、先進諸国で許容できるより大きな率で彼らの労働者または環境を傷つける。時々、刑に服する労働施設(囚人を雇用する)は、搾取工場ラベルの下で集められる。

Sweatshops have proved a difficult issue to resolve because their roots lie in the conceptual foundations of the world economy. Developing countries like India, China, Vietnam, Bangladesh and Honduras encourage the outsourcing of work from the developed world to factories within their borders in order to provide employment for their people and profits to their employers. The shift of production to developing countries is part of the process known as globalization, but may also be described as neoliberal globalization to emphasize the role that free market economics plays in outsourcing.

搾取工場は、彼らのルーツが世界経済の概念上の基礎にあるので、解決するのが難しい問題を証明した。インド、中国、ヴェトナム、バングラデシュとホンジュラスなどの発展途上国は、彼らの雇い主に仕事を彼らの身内と利益に提供するために、彼らの境界の中で、工業化した世界から工場まで仕事のアウトソーシングを促す。発展途上国への生産のシフトは、国際化として知られているプロセスの一部であるが、自由市場経済学がアウトソーシングで演ずる役割を強調する新進歩主義者国際化と言われもするかもしれない。

■Sweatshop controversy 搾取工場論争

■Arguments for sweatshops 搾取工場に対する議論

In 1997, Harvard economist Jeffrey Sachs said, "My concern is not that there are too many sweatshops, but that there are too few."[1] Sachs and other proponents of sweatshops cite the economic theory of comparative advantage, which states that international trade will, in the long run, make most parties better off. The theory holds that developing countries improve their condition by doing something that they do "better" than industrialized nations (in this case, they charge less but do the same work). Developed countries will also be better off because their workers can shift to jobs that they do better. These are jobs that some economists say usually entail a level of education and training that is exceptionally difficult to obtain in the developing world. Thus, economists like Sachs say, developing countries get factories and jobs that they would not otherwise have had. Developed countries will be better off because of the decreased cost of producing various goods will drive down prices at home. Also, developed countries can specialize in the areas in which they do best.

1997年に、ハーヴァード経済学者ジェフリーサックスは言った ― 「私の懸念はあまり多くの搾取工場がないということで、しかし、少数もないということである。[1]サックスと搾取工場の他の支持者は比較優位性の経済理論をあげる。そして、それは国際貿易が、長い目で見れば、大部分の党をより裕福にすると述べる。理論は、発展途上国が彼らが先進工業国(この場合、彼らはより課金しなくて、同じ仕事をする)より「よく」する何かをすることによって彼らの状態を利用すると考える。彼らの労働者が彼らがよりよくする仕事に変わることができるので、先進諸国もより裕福である。これらは、一部の経済学者が通常、発展途上の世界で得るのが例外的に難しい教育とトレーニングのレベルの相続を限定すると言う仕事である。このように ― サックスのような経済学者が、言う ― 発展途上国は、彼らにはさもなければなかった工場と仕事を得る。先進諸国は、自宅で価格の下でいろいろな商品意志ドライブを生じるための減少したコストのため、より裕福である。また、先進諸国は彼らが最もする地域を専門とすることができる。

When asked about the working condition in sweatshops, proponents say that although wages and working conditions may appear inferior by the standards of developed nations, they are actually improvements over what the people in developing countries had before. It is said that if jobs in such factories did not improve their workers' standard of living, those workers would not have taken the jobs when they appeared. It is also often pointed out that, unlike in the industrialized world, the sweatshops are not replacing high-paying jobs. Rather, sweatshops offer an improvement over subsistence farming and other back-breaking tasks, or even prostitution, trash picking, or starvation by unemployment.[1][2] This is the case since most under-developed countries have weak labor markets and little (if any) economic growth

搾取工場で労働条件について尋ねられるとき、支持者は賃金と労働条件が先進国の標準によって劣っているように見えるかもしれないが、彼らが実は、発展途上国の人々が持っていたものの上の改善であると言う。そのような工場の仕事が彼らの労働者の生活水準を改善しないならば、彼らが現れたとき、それらの労働者が仕事を引き受けなかっただろうと言われる。工業化された世界でとは異なり、搾取工場が高さを払っている仕事に代わっていないともしばしば指摘される。むしろ、搾取工場は自耕自給農業と他の骨の折れる仕事について改善を提供する、あるいは、大部分の発展途上の国が弱い労働市場とほとんど(あるとしても)経済成長でないのを持つ時から、unemployment.[1][2]Thisによる売春さえ、ゴミ選びさえまたは飢餓さえ本当である

The absence of the work opportunities provided by sweatshops can quickly lead to malnourishment or starvation. After the Child Labor Deterrence Act was introduced in the US, an estimated 50,000 children were dismissed from their garment industry jobs in Bangladesh, leaving many to resort to jobs such as "stone-crushing, street hustling, and prostitution." UNICEF's 1997 State of the World's Children study found these alternative jobs "more hazardous and exploitative than garment production."[3]

搾取工場のそばで提供される仕事機会の欠如は、栄養失調または飢餓に速くつながることができる。チャイルド労働党Deterrence法が米国に伝えられたあと、約50,000人の子供たちはバングラデシュで彼らの衣服工業仕事から解雇された。そして、多くの人々に仕事(例えば「石を圧砕すること、急いでいる通りと売春)に向かうのを任せる。」、WorldのChildren研究のユニセフの1997の州は、これらの他の仕事が「より危険で衣服生産より搾取的な」とわかった。[3]

Critics point out that sweatshop workers don't earn enough money to buy the products that they make, even though such items are often commonplace goods such as t-shirts, shoes, and toys. However, defenders of such practices respond that critics of sweatshops are comparing wages paid in one country to prices set in another. In 2003, Honduran garment factory workers were paid US$0.24 for each $50 Sean John sweatshirt, $0.15 for each long-sleeved t-shirt, and only five cents for each short-sleeved shirt – less than one-half of one percent of the retail price.[4] Although the wages paid to workers in Honduras would hardly be enough to live in the United States, it could very well be enough to live in Honduras, where prices are much lower. The $0.15 that a Honduran worker earned for the long-sleeved t-shirt was equal in purchasing power to $3.00 in the United States.

たとえそのようなアイテムがしばしば当り前の商品(例えばTシャツ、靴とおもちゃ)であるとしても、批評家は搾取工場労働者が彼らが製造する製品を買うのに十分なお金をかせがないと指摘する。しかし、そのような実行の弁護者は、搾取工場の批判者がもう一つでセットされる価格に1つの国で払われる賃金を比較していると答える。2003年に、ホンジュラスの衣服工場労働者は、各々の50ドルのショーンジョンスウェットシャツのための0.24米ドル、各々の長袖のTシャツのための0.15ドルと各々の半袖のシャツのためのわずか5セント支払われた – 小売price.[4]Althoughの1パーセントの半分より少なく、ホンジュラスで労働者に払われる賃金はほとんどアメリカ合衆国に住んでいるのに十分でない、それはホンジュラスに住んでいるのに非常によく十分でありえた、そこで、価格は非常により低い。ホンジュラスの労働者が長袖のTシャツのためにかせいだ0.15ドルは、アメリカ合衆国で3.00ドルまで購買力において等しかった。

Writer Johan Norberg, a proponent of market economics, points out an irony:[5]
作家ヨハンNorberg(市場経済学の支持者)は、皮肉を指し示す:[5]
(sweatshop critics) say that we shouldn't buy from countries like Vietnam because of its labor standards, they've got it all wrong. They're saying: "Look, you are too poor to trade with us. And that means that we won't trade with you. We won't buy your goods until you're as rich as we are." That's totally backwards. These countries won't get rich without being able to export goods.

(搾取工場批評家)我々がその労働基準のため、ヴェトナムなどの国から買ってはならないと言いなさい、彼らはそれを全く間違っているようにした。彼らは言っている:「見なさい、あなたは我々と取引するにはあまりに貧しい。そして、それは我々があなたと取引しないことを意味する。全く後ろ向きに、あなたが我々と同じくらい裕福であるまで、我々はあなたの商品を買わない。」Thatのもの。これらの国は、商品を輸出することができることなく豊かにならない。 ”

Penn & Teller in their Wal-Mart episode interview a Professor of Economics from San Jose State University who argues out that sweatshop-type jobs in a developing country are often a significant improvement over other employment options (e.g. subsistence farming) and points out that the United States went through its own period of sweatshop labor during its development.[5]

彼らのウォルマートエピソードのペンとTellerは、発展途上国の搾取工場-タイプ仕事がしばしば他の雇用オプション(例えば自耕自給農業)についての重要な改善であると外へ主張して、アメリカ合衆国がその進展の間に搾取工場労働のそれ自身の期間を経験したと指摘するサンノゼ州立大学から、Economicsの教授と面談する。[5]

■Anti-sweatshop movement 反搾取工場運動

Some of the earliest sweatshop critics were found in the 19th century abolitionist movement that had originally coalesced in opposition to chattel slavery, and many abolitionists saw similarities between slavery and sweatshop work. As slavery was successively outlawed in industrial countries between 1794 (in France) and 1865 (in the United States), some abolitionists sought to broaden the anti-slavery consensus to include other forms of harsh labor, including sweatshops. As it happened, the first significant law to address sweatshops (the Factory Act of 1833) was passed in the United Kingdom at about the same time that slavery was outlawed there (1807), and the anti-sweatshop movement drew from much the same reservoir of supporters and social thinkers. Similarly, once the United States had ended slavery during the American Civil War, the reconstruction period saw social reformers turn their attention to the plight of the urban workforce.

最も初期の搾取工場批評家の何人かは当初動産奴隷制度に反対して合体した19世紀の廃止論者運動で見つかった、そして、多くの廃止論者は奴隷制度と搾取工場での仕事との類似点がわかった。奴隷制度が1794(フランスで)と1865(アメリカ合衆国で)の間で工業国で連続して非合法化されたので、一部の廃止論者は搾取工場を含む無情な労働の他の形を含むために奴隷制反対のコンセンサスを広げようとした。たまたま、搾取工場(1833年のFactory法)に宛名を書く最初の重要な法律は奴隷制度がそこ(1807)で非合法化された同じ時頃にイギリスで可決された、そして、反搾取工場運動はサポーターと社交的な思想家のほぼ同じ蓄積から絵を描いた。同様に、一旦アメリカ合衆国が南北戦争の間、奴隷制度を終えるならば、再建期間は社交的な改革派が彼らの注意を都会に住む要員のありさまに向けるのを見た。

Ultimately, the abolitionist movement split apart. Some advocates focused on working conditions and found common cause with trade unions and Marxists and socialist political groups, or progressive movement and the muckrakers. Others focused on the continued slave trade and involuntary servitude in the colonial world. For those groups that remained focused on slavery per se, sweatshops became one of the primary objects of controversy. Workplaces across multiple sectors of the economy were categorized as "sweatshops." However, there were fundamental philosophical disagreements about what constituted slavery. Unable to agree on the status of sweatshops, the abolitionists working with the League of Nations and the United Nations utimately backed away from efforts to define slavery, and focused instead on a common precursor of slavery — human trafficking.[6]

最後に、廃止論者運動は、離れて割れた。労働条件に集中して、労働組合とマルクス主義者と社会主義の政治団体による一般的な原因または進歩的な運動であるとわかる一部の擁護団体と醜聞をあばいて書き立てる人。他は、植民地の世界で継続した奴隷売買と非自発的な奴隷状態に集中した。当然奴隷制度に集中するままだったそれらのグループのために、搾取工場は論争の主な目的のうちの1つになった。経済の複数のセクターを渡った仕事場は、「搾取工場に分類された。」、しかし、奴隷制度を構成したことに関する基本的な哲学の意見の相違が、あった。搾取工場の状態について同意することができなくて、utimatelyに国際連盟と国連とともに働いている廃止論者は奴隷制度を定める努力から後ずさりして、その代わりに奴隷制度の普通の前駆に集中した — 人身売買。[6]

Those focused on working conditions included Friedrich Engels, whose book The Condition of the Working Class in England in 1844 would inspire the Marxist movement named for his collaborator, Karl Marx. In the United Kingdom the Factory Act was revised six further times between 1844 and 1878 to help improve the condition of workers by limiting work hours and the use of child labor. The formation of the International Labour Organization in 1919 under the League of Nations and then the United Nations sought to address the plight of workers the world over. Concern over working conditions as described by muckraker journalists during the Progressive Era in the United States saw the passage of new workers rights laws and ultimately resulted in the Fair Labor Standards Act of 1938, passed during the New Deal.[7]

それらは、カールマルクスを1844年のイングランドのWorking ClassのConditionが本という名の彼の協力者のためにマルクス主義の運動を示唆する労働条件含まれたフリードリッヒエンゲルスに集中させた。イギリスでは、Factory法は、労働時間と幼年労働の使用を制限することによって労働者の状態を利用するのを助ける1844~1878年の修正された6つの更なる時間であった。国際連盟とそれから国連の下の1919年の国際労働機関の編成は、世界中の労働者のありさまについて述べようとした。働くことに対する懸念はProgressiveの間、醜聞をあばいて書き立てる人ジャーナリストによって解説されるように、アメリカ合衆国の時代が新しい労働者権利法の通過を見て、最終的に1938年の公正労働基準法に終わったと規定する。そして、ニューディールの間、通過される。[7]

More recently, the anti-globalization movement has arisen in opposition to corporate globalization, a process by which multinational corporations move their operations overseas in order to lower their costs and increase profits. The anti-sweatshop movement has much in common with the anti-globalization movement. Both consider sweatshops harmful, and both have accused many companies (such as the Walt Disney Company, The Gap, and Nike) of using sweatshops. The movement charges that neoliberal globalization is similar to the sweating system. Furthermore, they argue that there tends to be a "race to the bottom," as multinationals leap from one low-wage country to another searching for lower production costs, in the same way that sweaters would have steered production to the lowest cost sub-contractor.

最近では、反グローバリゼーション運動は、会社国際化(多国籍企業が彼らの経費を下げて、利益を増やすために彼らの活動を海外へ動かすプロセス)に反対して起こった。反搾取工場運動は、反グローバリゼーション運動と同じように多くを持つ。搾取工場を有害であると思って、両方とも多くの会社(例えばウォルトディズニーカンパニー、ギャップとナイキ)を搾取工場を使ったとして訴えなさい。運動は、新進歩主義者国際化が労働者搾取制度と類似していると告発する。さらにまた、彼らは「底まで競走する」ことである傾向があると主張する、多国籍企業が1つの低賃金国から低い生産コストを捜しているもう一つまで跳んで、同様に、そのセーターは生産を最も最低コストの下請けに向けた。

Anti-globalization activists and environmentalists also deplore transfer of heavy industrial manufacturing (such as chemical production) to the developing world. Although chemical factories have little in common with sweatshops in the original sense, detractors describe them as such and claim that there negative environmental and health impacts (such as pollution and birth defects, respectively) on workers and the local community.

反グローバリゼーション活動家と環境保護主義者も、発展途上の世界に大変な産業の製造(例えば化学生産)の移動を遺憾に思う。化学工場が最初の感覚で搾取工場と同じようにほとんど何も持たないが、中傷者はそのように彼らを解説して、労働者と地元のコミュニティへのあの否定的な環境および健康影響(汚染と先天性欠損症のような、それぞれ)を要求する。

Various groups support or embody the anti-sweatshop movement today. The National Labor Committee brought sweatshops into the mainstream media in the 1990's when it exposed the use of sweatshop and child labor to sew Kathie Lee Gifford's Wal-Mart label. United Students Against Sweatshops is active on college campuses. The International Labor Rights Fund filed a lawsuit[8] on behalf of workers in China, Nicaragua, Swaziland, Indonesia, and Bangladesh against Wal-Mart charging the company with knowingly developing purchasing policies particularly relating to price and delivery time that are impossible to meet while following the Wal-Mart code of conduct. Labor unions, such as the AFL-CIO, have helped support the anti-sweatshop movement out of concern both for the welfare of people in the developing world and that companies will move jobs from the United States elsewhere in order to capitalize on lower costs. For example, the American labor union UNITE HERE, which represents garment workers, has only approximately 3,000 garment workers remaining in its base, because larger garment making operations have already been transferred overseas. The only garment production facilities that remain in the US are small, disconnected workplaces.

いろいろなグループは、今日、反搾取工場運動を支持するか、表す。全国労働党委員会は、キャシィリーギフォードのウォルマートレーベルを縫うことが搾取工場と幼年労働の使用を露出させた1990年代に、主流メディアに搾取工場を持ってきた。連合Students Against Sweatshopsは、大学キャンパスで活発である。インターナショナル労働党ライツFundは、行いのウォルマートコードに従っている間、会うのが不可能である価格と納期に関して特に会社に故意に発展中の購買方針を課しているウォルマートに対して、中国、ニカラグア、スワジランド、インドネシアとバングラデシュで労働者に代わって訴訟[8]を起こした。労働組合(例えばAFL-CIO)は発展途上の世界で両方とも人々の福祉に対する懸念から反搾取工場運動を支持するのを援助した、そして、その会社は低い経費を利用するためにどこかほかのアメリカ合衆国から仕事を動かす。たとえば、より大きな衣服製造活動が外国にすでに移されたので、アメリカの労働組合UNITE HERE(それは衣服労働者を代表する)はそのベースの中に残っているおよそ3,000人の衣服労働者だけを持っている。米国の中に残る唯一の衣服生産設備は、小さな、つながりのない仕事場である。

■Gender and sweatshops 性と搾取工場

Arguments that sweatshops provide skills and a boost to the economy are sometimes criticized for not taking into account the gendered nature of sweatshop employees. Because of the relatively higher value placed on male education, young women are often encouraged by their families to leave school and migrate to urban areas or Export Processing Zones (EPZ) to work in the garment industry. As outsiders in a new community, these young women lack the legal or family support they might receive in their own community and therefore, have to spend a larger amount of income on supporting themselves. Consequently, these young women who are no longer receiving an education often find it hard to earn enough money to send back to their family.[9]

搾取工場が技術と後押しを経済に提供するという議論は、時々、搾取工場従業員のgenderedされた性質を考慮しなかったことで批判される。男性の教育に置かれる比較的より高い価値のため、若い女性は、学校を出て、衣服産業で働くために市街化区域またはExport Processing Zones(EPZ)に移住するために、彼らの家族にしばしば励まされる。新しいコミュニティの部外者として、これらの若い女性は彼らが彼ら自身のコミュニティへ迎え入れるかもしれない法的であるか家族の支持が欠如していて、したがって、収入のより大きな総額を自立することに費やさなければならない。従って、しばしば教育をもはや受けていないこれらの若い女性は、彼らの家族へ送るのに十分なお金をかせぐことが難しいとわかる。[9]

The division of labour in sweatshops is gendered because the vast majority of workers are young women. The problems faced by many workers are also gendered because gender-based notions of what is acceptable inform working conditions. Thus medical or maternity leave, employer / employee relations and the right to organise can all become gender biased. Consequently, the negative aspects of sweatshops have a disproportionate impact on women. Because of this, some argue that efforts to combat the poor working conditions in sweatshops should focus more on empowering women [citation needed]. Although company-led attempts to improve the working conditions in sweatshops such as the Ethical Trading Initiative (ETI) have had some successes, others criticize the ETI as ‘gender-blind’ [citation needed]. The modern anti-sweatshop movement combines notions of a living wage, trade unions, and feminism, which some argue makes these grassroots approaches more sustainable.[10]

大多数の労働者が若い女性であるので、搾取工場の労働の分割はgenderedされる。許容できることの性に基づく概念が労働条件に知らせるので、多くの労働者に直面する問題もgenderedされる。組織化するこのように医療であるか出産の許可、雇い主/従業員関係と右のすべては、偏る性になることができる。従って、搾取工場の否定的な面は、女性に不相応な影響を及ぼす。このため、何人かは搾取工場でひどい労働条件と戦う努力がより、女性[必要とされる表彰状]に公的な権限を与えることに集中しなければならないと主張する。Ethical Trading Initiative(ETI)のような搾取工場で労働条件を利用する会社主導の試みが若干の大当りを持ったが、他はETIを『性を考慮しない』[必要とされる表彰状]と批判する。現代の反搾取工場運動は、何人かがこれらの草の根のアプローチをより持続可能にすると主張する生活賃金、労働組合とフェミニズムの概念を結合する。[10]

■Current status of sweatshops 搾取工場の現状

Some companies have acceded to public pressure to reduce or end their use of sweatshops. Such firms often publicize the fact that their products are not made with sweatshop labour; a number of organizations publish lists of companies that pay their workers a living wage. A 1998 report by the Catholic Fund for Overseas Development says a third of all clothes on sale in the UK's high street stores have been made in sweatshops in Asia. [11]

一部の会社は、搾取工場の彼らの利用を減らすか、終えるために、一般の圧力に応じた。そのような会社は、しばしば、彼らの製品が搾取工場労働組合とともに製造されないという事実を公表する;いくつかの組織は、彼らの労働者に生活賃金を支払う会社のリストを公表する。Overseas開発のためのカトリック Fundによる1998のレポートには、英国の大手店で発売中のすべての服の3分の1がアジアの搾取工場で作られたとある。[11]

In the United States, shoemaker New Balance is notable for changing its policies after intense pressure from campus anti-sweatshop groups. Clothing retailer Gap Inc., which includes Gap, Old Navy, Banana Republic and Forth & Towne brands, has significantly changed its policies. Gap Inc. has developed a Code of Vendor Conduct [6] which applies across all of its brands based on internationally accepted labor standards. Walmart and Nike are two of the largest corporate sponsors of sweatshop labor, but claim that they have safeguards in place to avoid using the worst sweatshops. Disney has also employed sweatshops to produce much of their clothing and toys, but their use has not been as well publicized as the cases of Nike, Walmart, or Kathie Lee Gifford. In the book "Disney; the Mouse Betrayed"; a chapter shows dealings with China, Vietnam, Haiti, but especially targets Disney's relationship with the military junta of Burma, of which it works hard to keep quiet given Burma's huge unpopularity in the international community. "Dozens of American clothes makers, such as Old Navy, Gap, Guess, Donna Karan, Victoria's Secret, have all signed pledges with the U.S. Department of Labor stating their conditions are closely monitored and that no child labor is being used. Disney has not." [12]

アメリカ合衆国では、靴屋ニューバランスは、キャンパス反搾取工場グループからの激しい圧力の後、その方針を変えることが見られる。衣類小売業者ギャップ社(それはギャップ、Old海軍、バナナリパブリックとForthとタウンブランドを含む)は、その方針をかなり変えた。隙間社は、国際的に認められた労働基準に基づくそのブランドの全て全体であてはまるVendor Conduct[6]のCodeを開発した。Walmartとナイキは、搾取工場労働で最も大きな会社スポンサーのうちの2人であるが、彼らが最悪の搾取工場を使うことを避けるための場所に安全装置を持っていると主張する。ディズニーは彼らの衣類とおもちゃの多くを生産するために搾取工場も使用した、しかし、彼らの使用はナイキ、Walmartまたはキャシィリーギフォードのケースとしても公表されなかった。本「ディズニーで;Mouse Betrayed」;章は中国、ヴェトナム、ハイチとの関係を示す、しかし、特に目標ディズニーはビルマの暫定軍事政権との関係である。それについて、それは国際社会でビルマの巨大な不人気があれば静かにしているのは難しくなる。「何十ものアメリカの着る物製造業者(例えばOld海軍、ギャップ、 Guess、ダナキャラン、ビクトリアのSecret)全員は、彼らの状況が密接にモニターされる、そして、幼年労働が使われていないと述べている米労働省とともに、誓約に調印した。ディズニーは、そうしなかった。」[12]

The World Bank estimates that today, 1/5th of human beings live under the international poverty line.[13] World poverty has become better due in a large part to the economic success of China and India, the two countries with the largest number of workers in sweatshops. Against this progress in the developing world, one should also note that economic inequality between the richest and poorest has never been so large.

世界銀行は、今日、国際的な貧困line.[13]World貧困の下の人間ライブの1/5が中国とインド(搾取工場の労働者で最も大きな数をもつ2カ国)の経済成功に大部分によりよく予定されるようになったと見積もる。発展途上の世界におけるこの進歩に対して、人は最も豊かなものの間でその経済不平等にも注意しなければならない、そして、最も貧しい決してでないとても大きい。

   "The income gap between the fifth of the world's people living in the richest countries and the fifth in the poorest was 74 to 1 in 1997, up from 60 to 1 in 1990 and 30 to 1 in 1960. Earlier the income gap between the top and bottom countries increased from 3 to 1 in 1820 to 7 to 1 in 1870 to 11 to 1 in 1913."[13]

   「最も豊かな国に住んでいる世界の人々の第5と最も貧しいものの第5の間の所得格差は、1960年の1990と30~1の60~1から上昇し、1997年の 74~1であった。以前に、トップと一番下の国の間の所得格差は、1913年に11~1まで1870年に7~1まで1820年に、3から1まで増加した。」[13]


Some recent political action has been taken against sweatshops. On January 24, 2007, Byron Dorgan (D, N.D.), Lindsey Graham (R, S.C.) and Sherrod Brown (D, Ohio) introduced the "Decent Working Conditions and Fair Competition Act" with the objective of cracking down on products made in factories overseas where "workers are abused in violation of that country's labor laws." The bill would direct the Federal Trade Commission to conduct an investigation, based on complaints, to determine whether a foreign factory was abusing employees producing apparel and other products in violation of core International Labor Organization standards. If such a ruling were made, the FTC would issue an order prohibiting products from the factory from being imported into the U.S. Each violation of that order would carry a civil penalty of $10,000. Customs & Border Protection, a part of the Department of Homeland Security, would be required to enforce the penalties. He added the bill would give American companies the right to sue their competitors in U.S. courts if those competitors were selling merchandise produced in sweatshops. http://www.globalexchange.org/campaigns/sweatshops/4439.html

いくらかの最近の政治的な措置は、搾取工場に対してとられた。2007年1月24日(バイロンドーガン(D、N.D.))の上で、リンジーグレアム(R、 S.C.)とシェロッドブラウン(オハイオ州・民主党)は海外への工場で製造される製品を取り締まる目的で「適切なWorking ConditionsとFair Competition Act」を導入したどこで、「労働者は、その国の労働法違反において虐待される。」、請求は連邦取引委員会に調査を実行するように指示する。そして、不満に基づいた。そして、外国の工場が中心的な国際労働機関標準違反において衣類と他の製品を生産している従業員を虐待していたかどうか決定した。そのような判決がなされるならば、FTCはその命令の米国のEach違反に輸入されることから工場から製品を禁止することが10,000ドルの民事罰をもたらすという命令を出すだろう。税関とBorder Protection(国土安全保障省の部分)は、罰を実施することを要求される。彼は、それらの競争相手が搾取工場で生産される商品を販売しているならば、請求がアメリカの会社に米法廷で彼らの競争相手を告訴する権利を与えるだろうと付け加えた。http://www.globalexchange.org/campaigns/sweatshops/4439.html