機械工房ヴァイス

関連f:

最終更新:

robot_weiss

- view
メンバー限定 登録/ログイン

i言語設定ファイル

ロボット工房ヴァイスの商品は、アイテム作成ギルドの協力を得て必要に応じてfを通してあります。
ここでは通った設定の一覧を公開しておきます。

10/05/15 追加 

#L:工房ヴァイスのWD改造業={
# t:作業者 = {緋璃・ロッシ、アリア・ロッシ}
# t:販売対象 = 紹介客のみを対象とし、宣伝は一切行わない
# t:作成場所 = エンジニアの家の工房
# t:作成制限 = (現実時間で)1日に2台までしか改造できない
# t:安全対策 = {
#  側面:藩国・プレイヤーが作成したWDについては、設計図保有者の許可がない限り改造を行わない
#  側面:簡単な改造や装甲の追加等のみとし、新規製造は行わない
# }
#}

09/07/22 追加 

L:Caraのコミュニケーション機能 = {
 t:コミュニケーション能力 = キャラクターがCaraを通じて別キャラクターと連絡を取ることと定義する
 t:非定型処理 = PLからのアクションもしくは対象者からの返信が自由文面のもの。ボイスメッセージ等がこれに該当する
 t:定型処理 =PLからのアクション及び対象者からの返信の双方が一定の決まった文面のもの。動作コミュニケーション等がこれに該当する
 t:使用対象 = ロボットの所有者が許可をした者でなおかつその身近にいるものがコミュニケーション機能を利用できる
 t:使用制限 = ロボットの所有者もしくはその家族や同居人をコミュニケーションの送り手もしくは受け手とする必要がある。
 t:使用制限2 = 非定型処理のコミュニケーション能力は一人のACEに対して1つの特殊しか利用することが出来ず、またHQで効果を強化することが出来ない
 t:使用制限3 = 定型処理のコミュニケーション能力は一人のACEに対して同系統ごとに1つの特殊しか利用することが出来ず、またHQで効果を強化することが出来ない
 t:メリット = ロボットを介して直接やり取りされるので、世情の影響を受けての配達遅延や不達がなく確実に送受信できる。また盗聴等の危険性が低い
 t:デメリット = コミュニケーション能力を使用する際にシーンは発生する


L:Caraの飛行能力={
 t:概要 = Caraは飛行専用のモジュールを購入するか、もしくは全長10cm以下の小型ロボットの場合のみ、飛翔が可能となる
 t:能力制限 = 物を持って飛翔することは出来ない
 t:撮影制限 = プライバシー保護等の観点から、上空3m~50mの範囲では撮影能力を使用できず、また上空撮影モード時は顔の判別が不可能なレベルの解像度となる。
 t:届出義務 = ロボットの所有者は、活動域の藩国に事前に届出を行い許可を得る必要がある。また航空管制から確認可能なよう常に発信機をつける義務を負う


開店時

L:Cara = {
 t:概要 = ロッシ家お手製のロボット工房ヴァイスで販売するロボットの商標名のこと
 t:製作者 = 緋璃・ロッシを中心に、ロッシ家が行う
 t:販売対象 = PC及び宰相府と友好的なACEのみを対象とする
 t:材料の仕入れ = 業者に資金を前払いすることで、必要時に各種材料を納入してもらうよう契約する
 t:作成場所 = エンジニアの家の工房
 t:動作制限 = 機械が作動する物理域でしか動作しない
 t:作成制限 = (現実時間で)1日に1台しか新規作成できない

t:目的:ロボット工房ヴァイス製品の安全対策 = {
 側面:周囲に怪我をさせないロボットを作る
 側面:犯罪悪用を防ぐ
 側面:ハッキング対策を行う
 側面:魔法要素を排除して緋璃が得意な機械方面のみで作成することで、性能の安定化を図る
 側面:TLO対策として設計時に魔法を含む非機械系技術、また空間制御、時間制御を組み込まないようにする
 側面:時間をかけて丁寧に作ることで製品の安全性・安定性を高める

t:周囲に直接怪我をさせないロボットの作成 = {
 側面:出力の小さなモーターを使うといったハードウェア的な制限を設ける
 側面:力センサー等を取り付け、大きな力をソフトウェア的な制限を設ける
 側面:幼児の不規則な行動にも対応できるよう柔らかな素材を多用し、また指等を挟みにくい設計にする
 側面:緊急停止機能がついている
 側面:指定された単純な行動ルーチンに従って動き、複雑な自律判断を行うことはない

t:ロボットの犯罪悪用を防ぐ = {
 側面:動作の根幹部分のプログラミングはユーザーには行えないよう厳重なプロテクトをかける(ユーザーが設定できるのはどの状態の時にどの動作を行うかの決定のみ)
 側面:ロボットへのコマンド入力は緊急停止を除いては有線でしか行えず、またパスワードが要求される
 側面:周囲に怪我をさせることが出来ないのでそもそも犯罪に向かない
 側面:写真撮影機能を使う際は、必ず大きな音を発生させる。またロボットの所有者が身近に居ないと使用できない

t:ハッキング対策 = 犯罪悪用対策に同じ

L:Caraのコミュニケーション機能 = {
 t:コミュニケーション能力 = キャラクターがCaraを通じてロボットの所有者と連絡を取ることと定義する
 t:使用制限 = ロボット所有者と日常的に接触しているキャラクター以外はこの能力を使用できない
 t:使用制限2 = コミュニケーション能力は一人のACEに対して1つの特殊しか利用することが出来ず、またHQで効果を強化することが出来ない
 t:メリット = ロボットを介して直接やり取りされるので、世情の影響を受けての配達遅延や不達がなく確実に送受信できる。また盗聴等の危険性が低い
 t:デメリット = コミュニケーション能力を使用する際にシーンは発生する

t:ヴァイスの設定国民向けロボット = 緋璃・ロッシが宰相府の設定国民の工場に機体を発注し、自身でプログラムの焼きこみを行い、藩国向けに販売している製品を指す
t:設定国民向けロボット販売業務の効果 = 宰相府のロボット産業が活発化する

t:目的:設定国民向けロボットの技術流出対策 = {
 側面:プログラム部分の管理は緋璃・ロッシが一手に行うことで、流出を防ぐ
 側面:発注する先の工場は、セプ関連企業や犯罪組織等が関与しないよう厳重に事前調査を行う

t:目的:設定国民向けロボットの安全対策 = {
 側面:Caraと同様の安全対策が取れるよう、設計段階で配慮する
 側面:不定期的に緋璃が工場の完成品をチェックすることで、安全対策が設計図通りに行われているか監査する



L:G軍団 = {
 t:名称 = G軍団(アイテム)
 t:要点 = ティッシュ箱,4体セット,宰相府印
 t:周辺環境 = 家庭
 t:評価 = なし
 t:特殊 = {
  *G軍団のアイテムカテゴリ = ,,,{設置型アイテム,消費型アイテム}。
  *G軍団の位置づけ = ,,,{国内政策用アイテム,ショップアイテム}。
  *G軍団の取り扱い = ,,,ロボット工房ヴァイス
  *G軍団の販売価格 = ,,,1万セット/5マイル。
  *G軍団の効果1 = ,,,このアイテムがある間、設置された施設内の衛生状態が向上する
  *G軍団の効果2 = ,,,愛嬌のある姿をみて人々はほんの少し和む
  *G軍団の効果3 = ,,,設置してから2ターン経つと経年劣化で使用不可能になる
  *G軍団の使用制限 = ,,,このアイテムは設定国民向けにのみ使用できる。
 }
 t:→次のアイドレス = なし

L:巡回ロボット = {
 t:名称 = 巡回ロボット(アイテム)
 t:要点 = 懐中電灯を片手に,見回るロボット,どこかかわいい
 t:周辺環境 = 道端
 t:評価 = なし
 t:特殊 = {
  *巡回ロボットのアイテムカテゴリ = ,,,{設置型アイテム}。
  *巡回ロボットの位置づけ = ,,,{国内政策用アイテム,ショップアイテム}。
  *巡回ロボットの取り扱い = ,,,ロボット工房ヴァイス
  *巡回ロボットの販売価格 = ,,,1万セット/10マイル。
  *巡回ロボットの効果1 = ,,,このロボットは国内を巡回することができ、国内の情報収集を行う際に+5の補正を与える
  *巡回ロボットの効果2 = ,,,このロボットは操作者としてオペレート能力を持つ部隊を指定することができ、部隊のオペレート評価を10で割った数値分、効果1の補正を強化できる
  *巡回ロボットの効果3 = ,,,このロボットはメンテナンス費用として燃料を1万t支払い、ロボットを利用する政策を発表することで1ターンの間活動出来る。2ターン目以降は再度燃料を支払う必要がある
 }
 t:→次のアイドレス = ロボットは見ていた(イベント),ロボットオペレーター(職業),夜間巡回活動(技術)

L:ロボット獏 = {
 t:名称 = ロボット獏(アイテム)
 t:要点 = 不意に止まる,一緒に遊ぶ,安らかな寝顔
 t:周辺環境 = 夢の中
 t:評価 = なし
 t:特殊 = {
  *ロボット獏のアイテムカテゴリ = ,,,{設置型アイテム}。
  *ロボット獏の位置づけ = ,,,{国内政策用アイテム,ショップアイテム}。
  *ロボット獏の取り扱い = ,,,ロボット工房ヴァイス
  *ロボット獏の販売価格 = ,,,1万セット/10マイル。
  *ロボット獏の効果1 = ,,,このロボットは不意に動作を停止し、夢を見る
  *ロボット獏の効果2 = ,,,夢の中で人と接することで悪夢を見難くさせる
  *ロボット獏の効果3 = ,,,近くに居る人が夢の中で襲われた場合、身代わりとなって破壊されることがある
  *ロボット獏の効果4 = ,,,設置してから1ヶ月経つと経年劣化で使用不可能になる
  *ロボット獏の使用制限 = ,,,このアイテムは設定国民向けにのみ使用できる。
 }
 t:→次のアイドレス = 一緒にお昼寝(冒険)