鍋の国 @ ウィキ

とよさんが若宮を姫抱きで攫うのを応援し隊

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集

エントリー



【チーム名】とよさんが若宮を姫抱きで攫うのを応援し隊

【警護相手希望】当たりチーム

【チームメンバー】

I=Dペルシャ×1 

○パイロット
0500145:鍋嶋 つづみ:103050:南国人+学生+舞踏子+元気な舞踏子:幸運+1(ノワール従軍勲章)

○コパイ
0500133:鍋@ふぁん:170150:南国人+学生+舞踏子+元気な舞踏子:幸運+1(ノワール従軍勲章)

○コパイ
0500143:くま:135700(155700):南国人+学生+舞踏子+元気な舞踏子+護民官(職4護民官で根源力+2万扱い):感覚+5:器用+1(風風勲章)幸運+1(ノワール従軍勲章)


○歩兵
0500126:鍋 黒兎:80650(10650):南国人+学生+舞踏子+元気な舞踏子+法官(職4法官で根源力+2万扱い):幸運+2(ノワール従軍勲章、ルージュ救援従軍勲章)

0500128:鍋衣 千世:128750(143750):南国人+医師+ドラッガー+名医+吏族(職4吏族で根源力+2万扱い):吏族ダンパ器用+2、ノワール従軍勲章幸運+1、職業HQボーナス器用+1)


○南国人+学生+舞踏子+元気な舞踏子の特殊
  • 学生は戦闘時AR7以下の際に任意の評価を×2.25(評価2)補正することが出来る。(燃料は消費しない)
  • 舞踏子が居る場合、ヤガミ、ドランジ、アキの戦闘力は×3.38(評価3)される。
  • 元気な舞踏子はI=D、RB、艦船のパイロットになることが出来、これらを使った判定では×1.50(評価1)を受ける。
  • 舞踏子・元気な舞踏子はコパイロット行為が出来る。
  • 舞踏子・元気な舞踏子はオペレーター行為が出来る。
  • ヤガミ、ドランジ、アキが居る場合、元気な舞踏子の戦闘力は×3.38(評価3)される。

○南国人+医師+ドラッガー+名医の特殊
  • ドラッガーはドラックによる強化行為により、任意の評価を×1.50(評価1)補正することができ、この時燃料2万tを必ず消費する。
  • ドラッガーは予知夢行為(判定:幸運)ができ、この時燃料1万tを消費する。
  • 医師は治療行為ができ、この時、治療判定((器用+知識)÷2)を×3.38(評価3)補正することを選択出来る。補正を選択した場合燃料2万tを消費する。
  • 名医は治療行為ができ、この時、治療判定((器用+知識)÷2)を×3.38(評価3)補正することを選択出来る。補正を選択した場合燃料1万tを消費する。
  • 名医は治療で幸運判定が求められたら幸運評価を×2.25(評価2)にして補正できる。(燃料は消費しない)


警備


【作戦】

  • ペルシャの捜索用、追尾用に分けられたレーダーを使い侵入者を探す。
  • 熱線暗視装置とレーザ測遠機も使用する。
  • ペルシャからは死角になりそうな建物の影などは歩兵2人が探索する。
  • 光化学迷彩で進入してきても見つけられるように、鍋をくべている焚き火の煙を、敵がいそうな方角に大量に送り、敵を燻り出す。
  • 集音マイクでわずかな音の変化も見逃さないようにする。by鍋衣 千世

攻撃


【作戦】

  • トラップ「睡眠鍋」
 おいしーい鍋を作って、睡眠薬を混ぜておいておきます。おいしそうな香りに惹かれて、食べたら最後眠っちゃう罠。わ、若宮に仕掛けるんじゃないよ!? by鍋@ふぁん

(おいしそうなにおい…。敵もイチコロですね!)

  • 鍋はドラッカー+医師+名医が手がけた物なので薬の効き目はばっちり☆なのです。

  • 「・・・気持ちはわかるわ~。とりあえず鍋でもw」
 と、油断させつつ睡眠鍋を薦める。

  • 鍋に口をつけなければ、ペルシャに搭載されている大鍋に、あらかじめ大量のトリモチを仕込んでおき、それをグリーンジャケットにぶちまける。(しかもニンニク入りなので、かぶったら罠から抜け出せても、においが付いたままでは好きな人に会いにはいけないでしょう。) by鍋衣 千世

(な、なんておそろしい作戦なんだ!)

IMG_000569.jpg
にゃーんな鍋の可愛さに、うっかり油断して箸をのばしちゃうぞ!(絵再利用鍋衣 千世)


IMG_000568.jpg
眼鏡で白衣でチアな千世さんの応援で士気もUP!(絵・鍋衣 千世)


【SS】

 鍋の国は鍋をその名に冠することからもわかるように鍋文化が非常に発達している。
 様々な鍋が作られ、その美味は他国にまで名を轟かせている。

 また、鍋の国には『鍋を囲めば鍋友さ!』という格言がある。
 これは戦う相手であろうと適用され、ともに鍋をつつけばそれだけでもう、心通じ合う友人・『鍋友』となるのである。

 『睡眠鍋』…それは、そんな鍋友精神をも利用する恐ろしい兵器である。
 そのおしそうでにゃーんな風貌についつい箸をのばしたくなるが、その美味を2,3口噛み締めると、「こてん。ぐーっ」と眠ってしまう、強力な睡眠薬が混ぜられているのだ。
 しかも、その鍋を当国きってのプリティ眼鏡!!白衣もステキな鍋衣千世さんから
「・・・気持ちはわかるわ~。とりあえず鍋でもw」
 と、にゃーんと可愛く勧められれば、男性はおろか女性すら思わず食べてしまうのではなかろうか。
(しかも本日はの千世さんは白衣にチアの特別仕様!!マニアには鼻血ものです!!)

 この『睡眠鍋』、「鍋友精神を利用している」と書いたが、それだけではない。
 これはトラップではあるが、戦いを避けるひとつの手段だ。
 誰だって、戦いなんてしたくはない。しかも今回の戦いは愛ゆえのものである。
 こちらも譲れない想いがあるが、相手の気持ちも痛いほどよくわかるのだ。
 ゆえに相手を傷つけず戦いを終わらせるために、この『睡眠鍋』が開発されたのだ。
 睡眠鍋の眠りから覚めた暁には、『特製ごめんなさい鍋』が相手に振舞われることになる。
 本当に鍋友になるために。

 …しかし…。
 鍋を拒んだ者には恐ろしい末路が待っている…。
 鍋を食さず、戦いが避けられないと分かるや否や、ペルたんからニンニクたっぷりのトリモチが発射され、相手の動きを封じる&ニンニク臭により、告白にいきづらくしちゃうのである!!
 鍋の国の鍋を断るとどうなるのか…、鍋の恐ろしさを感じさせる罠である。
 ちなみにこのニンニクたっぷりトリモチは、後からちゃーんと鍋料理に利用する。
 食材の無駄もない完璧な作戦なのだ!!

by鍋@ふぁん



【鍋@ふぁん@鍋の国による愛の言葉気合の22連発!】

「とよさんは、ずっーと、ずっーと、ずっーと若宮のこと思ってて、やっと会えるんだ!!邪魔しちゃめーー!!」

「好きな人のために頑張ってる女の子の邪魔する人は許しません!」

「GJの気持ちも分かる!!けど、苦労して見合いの席をゲットした方達の気持ちも考えてー!!(心理攻撃)」

「幸せになるチャンスがある子は、幸せになるべきだ!!こちとらヘタレで苦労して、チャンスもないわー!!(八つ当たり攻撃)」

「何でGJに、ヤガミいないのーーー!!え?お見合い会場にいた?自殺!?…お前に会って、お前だけが好きだと告白する目的もあって警備隊に入ったのに伝える前に…!?ばかーーーー!!大バカーーーーーー!!(ハイパー八つ当たり攻撃・乙女の涙付き)」

「ちゃっちゃとお見合いを無事成功させて、ヤガミを生き返らせに行く。そんで、もうバカなことをしないように想いを伝えるんだから!!!邪魔しないでーーー!!!!」

「勇気を出してお見合いに参加して、頑張って、頑張って、神に祈るようにして、やっとこの席にたどり着けた子達がいる。そんな子達の想いを、お父さんだからって押さえつけることは誰にもできないんだから!!」

「今、ヘタレのせいで私の心は闇の中…。せめて友人が幸せになるところを見て、癒されたいんだーーーー!!」

「ヤガミ…あんただけを選ぶことを告白しようとマイル貯めてる女もいたのに、バカだよ、バカだ、大バカだ…。早く会いに行くことができなくてごめん…!!うわーーーーーん!!(もはやお見合い関係なし☆愛と悲しみの全力八つ当たり攻撃!!)」

「報われない想いを抱えている女はね。人の想いが報われるのを見ると心が救われる気がするのよ…。今、やっと叶うかもしれない乙女の想いを守ってみせる!!」

「子離れせいやー!!娘はいつかは旅立つもの。顔で笑って心で泣いて送り出すのが父親の最後の勤めでしょーーー!!」

「このお見合いは、黒との和解のためのものでもあるんだから!!これで失敗して、黒と殺し合いになったらどうする気!!」

「黒の人たちが悪い人じゃないって、みんな知ってるはず。このお見合いを成功させて、戦いじゃなく、愛で戦争を終わらせるんだから!!」

「このお見合い会場にいるに愛を伝えるために妨害に来ている人がいるのも知ってる。気持ちは分かるけど、妨害のせいで黒との和解に失敗したら、愛する人と殺し合うことになるかもしれないんだよ!!いいの!?」

「折角戦い以外の方法で黒の人と決着つけようとしているのに、私たちが争ってどうするのー!!攻撃をやめなさい!!」

「し…嫉妬深い眼鏡の人が再召喚されてる…!?別人なの!?それとも自殺はしていなかったの。どっちーーーー@@もうこっちを一喜一憂させるのええ加減にせいやー(混乱の中で繰り出される、八つ当たりパンチ☆)」

「鍋出生のペルたんの攻撃を受けてみよ!!鍋の国職人はスゴイんだからねー!!(鍋愛)」

「って、嫉妬深い眼鏡の人、私の会いたい人と別人かーーーーっ!!別人だろうなーって、思っていたけど、思っていたけどさぁ…。紛らわしいんじゃ、ボケーーーーー!!!(怒りのリミッター解除☆GJさんごめんなさいな完全八つ当たり攻撃MAX!!)」

「…でも、よく考えたらGJの方達エントリーの時、お見合いメンバーにいない人にも愛を叫んでOKだったのよね…。ってことは、まだチャンスが残ってる!?多分、無理だろうけど、この気持ちを伝えることあきらめられない!!全てをなぎ倒してもこの想いを伝えに行く!!」

「警護隊にもチャンスがあると聞いてから、私の気持ちはGJの人ととても近いかもしれない。けど、私はエントリー時、自分の想いを伝える可能性よりも、黒の人との和平と切ない気持ちを伝えようとする乙女達の心を優先したんだ!!その気持ちに今も偽りはない!!お邪魔虫はぶっとばします!!」

「私の愛は、もはや世界どころか2次元と3次元の境を越えて、危ない領域までイッちゃってるんだーーー!!受けてみよ!!愛の一撃!!」

「自分の想いのことだけ考えて、お見合いがどうなってもいいっていうのかー!!黒との和平もお見合いに臨む乙女の気持ちももっと考えろー!!世界は愛で満ちてるんだ!!争うなんてめー!!」



【くま@鍋の国による愛の言葉!】

「うう。会えると思った途端死んだり、死ぬとか死ぬとか言いやがって…。みんなまとめて幸せになっちまえばいいんだ!…というわけで、とよさんが若宮を姫抱っこするのを全力で応援します!邪魔するなら帰ってください!(涙目)」

「とよさんの邪魔しちゃめー!好きな人に一生懸命会おうとする人を邪魔するのはめー!」



【鍋衣 千世@鍋の国による愛の言葉!】

「ペルたんから繰り出される、愛の爆弾を受けてみろ!!」
「(銭○のテーマを背負いつつ)投降しなさい!今ならまだ間に合います!。貴方の奪略行為を哀しむ人がいる事を思い出して~!

「自分のではなく、相手の幸せを見守るのも愛だと思います!」

「振り向いてもらえなくても、思いつづける愛もある筈なんだ・・・。
 つづみお姉ちゃんが好きでもいいから、無理やり生き返って戻って来い!!ヤガミ!」



【鍋 黒兎@鍋の国による愛の言葉!】

  • 他人の愛を守る心
「とよさんのお見合いは、私が守ってみせる! 愛の為に生きる乙女の邪魔はさせない! くらえ、素手!」


  • 鍋の国を愛する心
「わはははは! どうだこの美しいペルたん! この美しい鍋の国の団結力! 一丸となった私たちの攻撃を受けて、あなたたちは立ち上がれるかしらっ?!」





防御


【作戦】

  • 鍋蓋をかぶる
 鍋の国の鍋はすべて特注品!!鍋職人の心がこもってまいます。職人のこだわりで、どんな熱にもたえ、アウトドア鍋にも便利なように軽量化されています。オリハルコンも目じゃないよ!! by鍋@ふぁん

(いい仕事してますねー。鍛造造りですね!)

  • お見合い会場の人達の隠し撮り写真をばらまく
 警護隊の特権を生かして超望遠で激写!!その写真をばら撒いての、『攻撃するとGJの方々の愛する人の写真に穴があいちゃうかもしれないぜー作戦』!! by鍋@ふぁん

(なんという恐ろしい作戦…!)

  • 目潰しされてもガード出来る様にメガネを着用。by鍋衣 千世

(眼鏡愛が防御にも生かされ、一石二鳥!!)



【鍋@ふぁん@鍋の国による愛の言葉切ない25連発!】

「普段ヤガミから与えられてる精神攻撃を思えば、こんな攻撃へでもないわー!!」

「ヤガミ妖精の忍耐力なめるなー!!」

「私がここで死んだら、ヘタレが気にする…!!だから絶対に死ねない!!」

「この攻撃でお見合いを邪魔させるわけにはいかない…!!頑張っている乙女達のためにも耐えて見せる!!」

「今の私にはどんな攻撃も効かない!!なぜなら心にもっと大きい穴が開いてるんだから!!…ヤガミ…」

「知識も技術も何も持たない私がアイドレスで持っている唯一の力は愛だけ。でも、愛でだけは誰にも負けない!!こらえてみせる!!」

「ここで勝って、私の愛が偽りじゃないことを証明して、アイツに自信をもたせるんだからっ。どんな攻撃にも負けないよ!!」

「光になったなら…どこかで見てる?…あんただけを選んだ女が、あんたへの愛を支えに頑張ってるからね…。アイツが見てるかもしれないなら、なおさら負けられない!!」

「こんな攻撃してきて、黒の人怒っちゃたらどうする気!?(祭りと間違えて喜びそうな気もするけど)。和平のためにも、ここで耐える!!」

「シオ君に攻撃が当たったらどうする気!?警護隊として、私達より黒の人が強くったって、守るよ!!」

「GJの人達は、想い人や娘を想って来たんでしょ!!この攻撃がその人達に当たったらどうする気!?警護隊として、みんなを守る!!」

「ヤガミ…私は自分が傷ついたら、ヤガミも傷つくことを知ってる。だから、ヤガミのことを想って自分の身も守ってきた。でも、ヤガミは自分がいなくなったら舞踏子がどうなるか、分かってくれてないんだね。ヤガミが予想する以上に傷つくんだよ。こんなに愛されてるのにわからないの。バカっ、大バカ!!それでも、たとえ光になっても、舞踏が傷つくのはあんたが嫌だと想うから、私はいつものように、貴方なのためにも自分が傷つかないように頑張る!!光になっても、この気持ちを感じろ!!バカ!!」

「鍋でみんなが頑張って作ったペルたんに傷を負わせるわけにはいかないんだから!!(鍋愛)」

「嫉妬深い眼鏡の人が再召喚されてる!?じ、自殺はどうなったの@@…もし、彼が鍋のヤガミ(イエロージャンパー)だったら、伝えると決めてる想いがある。ここで倒れるわけには行かない。もう失って後悔したくないんだ!どれだけ愛してるか伝えに行くんだ!!」

「人違いかもしれない。その可能性の方が高いこと分かってる。でも一縷の希望にすがって、告白しに行きたいの!!GJの人達にも譲れない想いがあるって分かる。でも私も譲れない。警護に成功すれば告白のチャンスがあるっていうなら、私は絶対に倒れない!!」

「とよさんの愛を守るため、このグループを守りきってみせる。アイツかもしれない嫉妬眼鏡がいるのは別グループ。ここを守りきっても、想いを伝えには行けないかもしれない。けど『だからどうしたっ!!』友達の切ない想いも、アイツに伝えたい想いも両方守る!!」

「黒の人の和平のために!!大切な友人の想いのために!!そして、アイツかもしれない人に自分の想いを伝えるために!!今、私のやるべきことと心からやりたいことが重なった。負けない!!絶対に負けない!!」

「どうやって再召喚されたのか、別の人なのかわからない。でも、嫉妬眼鏡が一度バカな真似をしたアイツなら、もうそんな気を起こさないように、ぎゅーっしに行くの。それが私の決めた私の使命。そのためならどんな攻撃にも負けない!!」

「って、嫉妬眼鏡の人、自殺した人と別人だったーーー@@↑で私が叫んだ本気の想いを返せーーー!!!…ふふふ…どう?ヤガミ妖精にはこんなガッカリや精神攻撃が日常茶飯事なんだからねっ。打たれ強いのよ!!…(涙)」

「嫉妬深い眼鏡の人が私の想いを伝えたい人と別人だった…『だからどうしたっ!!』その可能性が高いことは分かっていたし、光になった人に想いを伝えることができないだろうことだって知ってる。でも『だからどうしたっ!!』どうしても伝えたい想いがあるんだ!!不可能だってわかっていても、勝者に告白のチャンスがあるなら、いつも通り一縷の希望にすがって、今できることをするだけだ!!どんな攻撃にも耐えるよ!!」

「あのヘタレのバカな行動のせいで、泣いている子がいる。その子の痛みに比べたら、こんな攻撃へでもないわ!!傷ついて泣いているのに、私がこんなバカ騒ぎしてて、ごめんね。ごめんねっ」

「鍋ヤガミ…。想いを伝えに来るのが遅くなってごめんなさい。私は貴方が好きです。私のこと好きになってくれなくてもいい。本当は好きになってくれたらスゴク嬉しいけど、あなたが別の人を好きでも構わない。ただ生きて。自ら命を絶つなんて悲し過ぎる。この世界に他のヤガミがあふれていても、貴方が私を選ばなくても、私は貴方を選びます。どうか貴方のそばで貴方を支えさせてください。時間を下さい。私が貴方の絶望した世界を変えます。あなたが死にたいと思わない世界を作ります。だから、それまで生きて!死なないで…!!…この想いを伝えるまでは倒れません。」

「警護隊の本分はは守ること!!切なる想いを抱えてお見合いに挑むあの子の心も、黒との和平も、ついでに多分私達より断然強い黒の人だって、ぜーっんぶまとめて、守ってみせる!!」

「こちとら裸一貫!!評価値の計算もできなけりゃ、ネットできる時間も少なく、作戦も考えられなけりゃ、ブログ以外のネットの更新方法もよくわかっていない、アイドレス的ダメ人間!!でも、愛だけは、愛だけは誰にも負けてない…はず!!」

「ヤガミがバカなことしたせいで、落ち着かない気持ちになっていたのですが、このイベントに参加してがむしゃらに頑張ったら、少し落ち着きました。想いを発散させる場所をつくってくれて、ありがとうございます!!…って、これ防御の言葉じゃないじゃん!!(攻撃受けつつ)」



【鍋衣 千世@鍋の国による愛の言葉!】

「とよさんのお見合いを邪魔される訳にはいかないんです!!投降してくださ~い!!」

「とよさんのお見合いが成功したら、私も黄ジャンを生き返らせて告白するんだから!負けられないのです!」

「無粋な真似は許しません」



【くま@鍋の国による愛の言葉!】

「まけるもんかー!また絶対に岩田にもデスにも会うんだから!とよさんの恋路も邪魔させないもん!」

「これくらい何さ!死んじゃったと思った時にくらべればへでも無いんだからー!」



【鍋 黒兎@鍋の国による愛の言葉!】

  • 鍋を信愛する心
「鍋は! 全ての攻撃を弾き返す素晴らしい調理器具! 素晴らしい鍋! さすが鍋! あぁ、鍋、みんなを守って!」
「朝ごはんは体が丈夫になりそうな豚肉たっぷりのちげ鍋でした! 鍋を食べてパワーアップ! この力で…とよさんのお見合いを護り切ってみせる…!」

  • とよさんへの親愛
「とよさんはやっと思い人を見つけたんです! やっと会えたんです! だから、だから邪魔しないであげて!  鍋の国民だからって、全員ヤガミ妖精なわけじゃないのよ!!」




もしチャンスがあれば…

鍋嶋つづみ@鍋の国:告白相手無し

鍋@ふぁん@鍋の国は無理を承知で「鍋のヤガミ(イエロージャンパー)」に告白しようと思っています。光になる前から伝えようと思っていた想いを伝えたいです。

くま@鍋の国:棄権

鍋衣 千世@鍋の国は「鍋のヤガミ(いません)」に告白しようと思っています。どんなに沢山いても私のヤガミはあの人だと思っています(棄権?)

鍋 黒兎@鍋の国:棄権