鍋の国 @ ウィキ

電力会社

最終更新:

ronnyuuryuu

- view
だれでも歓迎! 編集

部品構造


  • 大部品: 電力会社 RD:38 評価値:8
    • 大部品: 業務 RD:3 評価値:2
      • 部品: 発電の仕事
      • 部品: 送配電作業
      • 部品: 小売り販売
    • 部品: 理念
    • 大部品: 施設 RD:5 評価値:3
      • 部品: 拠点である本部
      • 部品: 国内に数か所ある営業所
      • 部品: ○○発電所
      • 部品: PR展示施設
      • 部品: 電力センター
    • 大部品: 部門 RD:19 評価値:7
      • 部品: 用地
      • 部品: 立地調査に関する
      • 部品: 資材
      • 部品: 土木建築
      • 部品: 発電をしっかりと管理
      • 部品: 送電施設を見張る
      • 部品: 配電設備を運用する
      • 部品: 電力分配担当
      • 部品: 総務
      • 部品: 開発
      • 部品: 環境を守り維持する
      • 部品: 経理
      • 部品: 人事
      • 部品: 企画
      • 部品: 一般家庭に対しての営業
      • 部品: 法人営業
      • 部品: 広報
      • 部品: 監査
      • 部品: 法律に関する
    • 大部品: 一般家庭の電気料金 RD:5 評価値:3
      • 部品: 内訳内容
      • 部品: 基本料金
      • 部品: 従量料金
      • 部品: 燃料費調整額
      • 部品: 税金と補助金
    • 部品: それ以外の電気料金
    • 部品: 電気料金の変動額の規制
    • 大部品: 守るべき事 RD:3 評価値:2
      • 部品: 法令遵守
      • 部品: 企業コンプライアンス
      • 部品: 個人情報の保護



部品定義


部品: 発電の仕事

 立地検査を行い土地を購入。発電所を建設します。そして発電所で電力を作り国に必要な分の電気を作り出す業務。 


部品: 送配電作業

 発電所で作り上げた電力を送電線、配電線、鉄塔や電柱を使い変電所で調整しながら消費者施設へと電力を運ぶ業務。

部品: 小売り販売

 利用者と実際に料金メニューの設定や契約手続きといったやりとりを行い、発電して送配電した電力を必要なだけ売る業務。

部品: 理念

 電気というエネルギーを通して人々に便利で快適な生活ができる環境を届け、心豊かに健やかに過ごせる生活の実現の為の手助けを行います。

部品: 拠点である本部

 電力会社本部。総務部門や人事部門、経理部門などが社内にあり、電力会社全体の運営や経営会議、事務作業などを行っている。


部品: 国内に数か所ある営業所

 藩国内に点在している営業所。営業部門の活動を行う場所であり、施設内部に会議室や応接室があり商談が可能になっている。

部品: ○○発電所

 発電所は各藩国の電力消費事情、経済状況、自然環境に合った種類の発電所を建設して運用している。発電所の数も同じく藩国事情に左右される。

部品: PR展示施設

 電気の仕組みや発電所、電力などについて理解を深めてもらう為の展示場。藩国によって電気館やらでんきホールなど展示場の内容、形式が違ってくる。

部品: 電力センター

 変電所や送電設備各種の保守管理を行っているセンター。各管理施設の定期点検や巡回などの管理をしている。

部品: 用地

 用地部門は発電所を作る為の土地を探し出し、購入、管理する部門である。実際に購入を行うかどうかの決定権は立地調査部門の調査にかかわってくるので用地部門と立地調査部門の連携が求められる。

部品: 立地調査に関する

 立地調査部門は用地部門が調べてきた候補リストの土地を実際に調べて発電所を作るに相応しい土地かどうかを調べる部門である。
 土地の管理は用地部門に任せるのでこの部門は膨大な資料、実際に現場へ赴いての調査などを行う部門名通りの調査部門である。

部品: 資材

 立地調査が終わり、いよいよ土地を買うとなると次は発電所を建設するためのを資材を集める必要がある。この時活躍するのが資材部門である。資材調達を行う部門であり、発電所建設時や消耗品の購入、メンテナンスに必要な資材購入など資材全般を担当している部門。

部品: 土木建築

 調査が終わり、資材も揃えばあとは発電所を建設するだけである。その名の通り土木建築である。
 他にも送電設備の建築なども携わっているので電力を送る為の施設全般の建築を担当している。また新技術や新たな設備の開発などにより日々、新しいモノが入ってくるため、とことん技術を追求していく部門でもある。

部品: 発電をしっかりと管理

 発電所の送配電を管理し、適切な場所に適切な電力を発電、供給できているかを確認する部門。電力分配部門と共同で調査を行った上で発電所の電力供給プランを立てる。また電気の消費量が多い時期、時間帯などを一年を通してデータを取り、毎年まとめる事で次の年の年間消費量などを算出し、総務部門へとまとめたデータを手渡している。

部品: 送電施設を見張る

 変電所、送電線の管理部門。各変電所や鉄塔への定期巡回、電圧検査を行い、異常がないかどうか調べ保守管理を行っている。

部品: 配電設備を運用する

 配電、つまりは電柱とその周りの電線の管理、建設、運用を担当している部門。電柱の数が多く巡回するだけでも大変なので電柱担当部門として設立された。

部品: 電力分配担当

 各消費施設に必要な分の電力が届いているかを確認する部門。コンピュータで配電管理を行っておりリアルタイムで確認可能、異常がないかどうかを確認する部門である。また、各家庭の消費電力の異常がないかも兼任して調べており、異常があった場合は適切な対処を行う。

部品: 総務

 電力会社全体の経営活動にかかわり、重要な案件を携わる部門。また災害などの有事際には電力会社の決定権を持つ部門として動き、適切な判断を下す。

部品: 開発

 発電所の設備や新システムの開発、新技術の導入など技術を取り込み新たな発電、送配電を作り出す部門。研究は未来への投資である。

部品: 環境を守り維持する

 企業の社会的責任を担当する部門。環境保全をメインとした社会貢献を目指し活動している。清掃活動、緑化運動、温暖化対策など所属藩国の政治状況、自然環境などを踏まえた上で行う活動を決定している。

部品: 経理

 発電に関するお金管理部門。発電に関する予算や利益、費用、原価などを管理する業務である。発電には膨大なお金が動く為、各種管理しまとめておき、必要な時には財務諸表を提出できる。また会計からみた企業経営の方針などのデータを総務に回すなど経営にもがっつりとかかわってくる部門である。
 会計関係書類は最低10年は保存して管理しており、それを利用し、次の10年の会社経営のプランを作るのに役立てている。

部品: 人事

 人事関係を管理する部門。発電に関わる職業は数多く、それぞれの仕事内容、勤務場所に応じて労働条件、福利厚生、安全管理、研修などが行われている。

部品: 企画

 電気会社として経営していく際に地域社会への電力に関する理解と安心を提供する為に企画をたてる部門。広報部門と共同して動き、PR展示室でのイベント企画やマスコット、ゆるキャラを作ったりなど各藩国に適応した企画を作り、安心して電気を使ってもらえるように活動を行っている。


部品: 一般家庭に対しての営業

 一般家庭に対しての営業をする部門。部門内部にお客様相談センターを作り契約はもちろんその後の対応などにも万全な対応を行っている。また営業所やPR展示場での契約の説明や依頼があれば直接自宅に伺い説明を行うなど幅広く活動している。

部品: 法人営業

 企業や工場などの大型施設の契約に関する手続きなどを管理している部門。個人宅と法人では料金プラン、手続きそれぞれに違いがあるので別部門として管理している。

部品: 広報

 CMやパンフレット制作、企画部門と協力してのイベント企画などを通して電気会社の存在を広める事と、消費者が電気会社に求める事を調査するための意識調査、アンケート、関係各所との懇談会などにより世間から見た電気会社の評価のデータ収集などの仕事があります。収集データは総務部門の意思決定に使われます。

部品: 監査

 電気会社内での資金の流れは正常に流れているか? 費用を無駄に使っていないか? 人事の扱い、休暇はちゃんと取れているか? セクシャル。パワーハラスメントは行われていないか? などといった会社内が正常に機能しているかどうかを監査する部門です。異常だった場合は正常に戻すように働きかける権限を持っており、自社内での不祥事を早期解決できるように作られた部門です。

部品: 法律に関する

 会社内での法律関係の問題を処理する部門。契約・取引の条項が藩国の法律と照らし合わせ問題がないか確認したり、監査部と共同し、違法的な事が会社内部で行われていないか? 違法行為を未然に防ぐ為の部門です。もし、違法行為が発生した場合は早期解決を目指します。

部品: 内訳内容

 一般家庭に対する電話料金は主に基本料金、従量料金、燃料費調整額、税金の四種類に分かれている。藩国や使用されている発電所の種類によっては再生可能エネルギー発電促進賦課金が付加される事もある。

部品: 基本料金

 基本料金は電気を一切使わなかったとしてもかかる基本の料金。契約している料金メニューの設定や契約アンペアの大きさにより多少差が出る。

部品: 従量料金

 電力消費量と電気使用時間帯によって値段が変わる料金。
 藩国電力事情と料金メニューにより多少異なるが一か月の椎雨量が増えれば増えるほど、電気が多く使用される時間帯に使えば使う程、電気料金単価が上がる。

部品: 燃料費調整額

 発電所で発電に使われる燃料の価格変動で電話料金にダイレクトに反映されるのを防ぐ為の金額制度。
 三か月毎に平均燃料価格を算出し、電気会社の法務部門と藩国の経済担当との話し合いにより微調整され反映される。消費者から見ると毎月ごとに値段がコロコロ変わるのは困るし、電気会社としても燃料がかかったわりには電気を売ってもまったく反映されないのは困る事から調整する為の制度。
 発電に燃料を使わない発電所のみを使っている藩国では導入されていない制度。

部品: 税金と補助金

 消費税などの各種税金。各藩国が導入している税金制度の内容によりけりである。また国の事情によっては地域を対象とした支払い電気料金に対する補助金を交付する場合もある。

部品: それ以外の電気料金

 法人の電気料金は一般家庭と同じ低圧(100ボルト、200ボルト)の場合と特別高圧、高圧でそれぞれ電気料金が違う。
 料金メニューや契約プラン各種でも値段は変わる。


部品: 電気料金の変動額の規制

 電気料金を含む公共料金については国民が生活する上での必要不可欠なモノであり、過度な値上げは推奨されない。
 また価格競争による値下げについても安定的な供給を維持、確保する為の費用回収、利益確保を考えるといずれ電気会社の破綻に繋がるとされ、推奨されない

 その為、電気料金の値上げ、値下げに関しては電気会社法務部門からの申請に基づいて藩国の経済関係の担当が審査を行い、広く一般から意見を聴取する公聴会等を行い法令に基づく基準に適合していれば認可を行う形となっている。

 電気会社の法務部は申請の際には値上げ、値下げの理由や関連資料を添付した上で手続きを行う事になっており、不正な値上げ、値下げは認められない。国民の安定した生活を守る制度である。

 また規制の項目には「特定の者に対して不当な差別的取扱いで料金を設定してはならない」という項目があり、一般家庭、一般家庭と同じ電圧の法人、特別高圧・高圧の法人のくくり以外での電話料金の違いはない。

部品: 法令遵守

 電気会社は各藩国で活動を行っている。それぞれの国の法律を守り、社会的な通念を守る事が求められている。その為に監査部門を置き、つねに会社が法律を守っているか、自ら監視している。また従業員にも法令を守るように指導している。

部品: 企業コンプライアンス

 法令や諸規則のみならず、社内の規範、企業倫理までも順守する。特に電気会社という安定した生活を支える企業の一員である事を意識し、コンプライアンスを守っている。
 また上司が違反している時には報告、相談できるように会社内に相談できる部署が設けられている。

部品: 個人情報の保護

 電気は皆が使う物であり、集まる情報、つまり消費者の個人情報の保護には力を入れている。個人情報が含まれた資料を破棄する場合にはシュレッダーに入れるもしくは焼却する、情報の入った情報媒体は持ち帰らないで業務終了後には規定の場所に保管管理するなどといった対応が行われている。



提出書式


 大部品: 電力会社 RD:38 評価値:8
 -大部品: 業務 RD:3 評価値:2
 --部品: 発電の仕事
 --部品: 送配電作業
 --部品: 小売り販売
 -部品: 理念
 -大部品: 施設 RD:5 評価値:3
 --部品: 拠点である本部
 --部品: 国内に数か所ある営業所
 --部品: ○○発電所
 --部品: PR展示施設
 --部品: 電力センター
 -大部品: 部門 RD:19 評価値:7
 --部品: 用地
 --部品: 立地調査に関する
 --部品: 資材
 --部品: 土木建築
 --部品: 発電をしっかりと管理
 --部品: 送電施設を見張る
 --部品: 配電設備を運用する
 --部品: 電力分配担当
 --部品: 総務
 --部品: 開発
 --部品: 環境を守り維持する
 --部品: 経理
 --部品: 人事
 --部品: 企画
 --部品: 一般家庭に対しての営業
 --部品: 法人営業
 --部品: 広報
 --部品: 監査
 --部品: 法律に関する
 -大部品: 一般家庭の電気料金 RD:5 評価値:3
 --部品: 内訳内容
 --部品: 基本料金
 --部品: 従量料金
 --部品: 燃料費調整額
 --部品: 税金と補助金
 -部品: それ以外の電気料金
 -部品: 電気料金の変動額の規制
 -大部品: 守るべき事 RD:3 評価値:2
 --部品: 法令遵守
 --部品: 企業コンプライアンス
 --部品: 個人情報の保護
 
 
 部品: 発電の仕事
  立地検査を行い土地を購入。発電所を建設します。そして発電所で電力を作り国に必要な分の電気を作り出す業務。 
 
 
 部品: 送配電作業
  発電所で作り上げた電力を送電線、配電線、鉄塔や電柱を使い変電所で調整しながら消費者施設へと電力を運ぶ業務。
 
 部品: 小売り販売
  利用者と実際に料金メニューの設定や契約手続きといったやりとりを行い、発電して送配電した電力を必要なだけ売る業務。
 
 部品: 理念
  電気というエネルギーを通して人々に便利で快適な生活ができる環境を届け、心豊かに健やかに過ごせる生活の実現の為の手助けを行います。
 
 部品: 拠点である本部
  電力会社本部。総務部門や人事部門、経理部門などが社内にあり、電力会社全体の運営や経営会議、事務作業などを行っている。
 
 
 部品: 国内に数か所ある営業所
  藩国内に点在している営業所。営業部門の活動を行う場所であり、施設内部に会議室や応接室があり商談が可能になっている。
 
 部品: ○○発電所
  発電所は各藩国の電力消費事情、経済状況、自然環境に合った種類の発電所を建設して運用している。発電所の数も同じく藩国事情に左右される。
 
 部品: PR展示施設
  電気の仕組みや発電所、電力などについて理解を深めてもらう為の展示場。藩国によって電気館やらでんきホールなど展示場の内容、形式が違ってくる。
 
 部品: 電力センター
  変電所や送電設備各種の保守管理を行っているセンター。各管理施設の定期点検や巡回などの管理をしている。
 
 部品: 用地
  用地部門は発電所を作る為の土地を探し出し、購入、管理する部門である。実際に購入を行うかどうかの決定権は立地調査部門の調査にかかわってくるので用地部門と立地調査部門の連携が求められる。
 
 部品: 立地調査に関する
  立地調査部門は用地部門が調べてきた候補リストの土地を実際に調べて発電所を作るに相応しい土地かどうかを調べる部門である。
  土地の管理は用地部門に任せるのでこの部門は膨大な資料、実際に現場へ赴いての調査などを行う部門名通りの調査部門である。
 
 部品: 資材
  立地調査が終わり、いよいよ土地を買うとなると次は発電所を建設するためのを資材を集める必要がある。この時活躍するのが資材部門である。資材調達を行う部門であり、発電所建設時や消耗品の購入、メンテナンスに必要な資材購入など資材全般を担当している部門。
 
 部品: 土木建築
  調査が終わり、資材も揃えばあとは発電所を建設するだけである。その名の通り土木建築である。
  他にも送電設備の建築なども携わっているので電力を送る為の施設全般の建築を担当している。また新技術や新たな設備の開発などにより日々、新しいモノが入ってくるため、とことん技術を追求していく部門でもある。
 
 部品: 発電をしっかりと管理
  発電所の送配電を管理し、適切な場所に適切な電力を発電、供給できているかを確認する部門。電力分配部門と共同で調査を行った上で発電所の電力供給プランを立てる。また電気の消費量が多い時期、時間帯などを一年を通してデータを取り、毎年まとめる事で次の年の年間消費量などを算出し、総務部門へとまとめたデータを手渡している。
 
 部品: 送電施設を見張る
  変電所、送電線の管理部門。各変電所や鉄塔への定期巡回、電圧検査を行い、異常がないかどうか調べ保守管理を行っている。
 
 部品: 配電設備を運用する
  配電、つまりは電柱とその周りの電線の管理、建設、運用を担当している部門。電柱の数が多く巡回するだけでも大変なので電柱担当部門として設立された。
 
 部品: 電力分配担当
  各消費施設に必要な分の電力が届いているかを確認する部門。コンピュータで配電管理を行っておりリアルタイムで確認可能、異常がないかどうかを確認する部門である。また、各家庭の消費電力の異常がないかも兼任して調べており、異常があった場合は適切な対処を行う。
 
 部品: 総務
  電力会社全体の経営活動にかかわり、重要な案件を携わる部門。また災害などの有事際には電力会社の決定権を持つ部門として動き、適切な判断を下す。
 
 部品: 開発
  発電所の設備や新システムの開発、新技術の導入など技術を取り込み新たな発電、送配電を作り出す部門。研究は未来への投資である。
 
 部品: 環境を守り維持する
  企業の社会的責任を担当する部門。環境保全をメインとした社会貢献を目指し活動している。清掃活動、緑化運動、温暖化対策など所属藩国の政治状況、自然環境などを踏まえた上で行う活動を決定している。
 
 部品: 経理
  発電に関するお金管理部門。発電に関する予算や利益、費用、原価などを管理する業務である。発電には膨大なお金が動く為、各種管理しまとめておき、必要な時には財務諸表を提出できる。また会計からみた企業経営の方針などのデータを総務に回すなど経営にもがっつりとかかわってくる部門である。
  会計関係書類は最低10年は保存して管理しており、それを利用し、次の10年の会社経営のプランを作るのに役立てている。
 
 部品: 人事
  人事関係を管理する部門。発電に関わる職業は数多く、それぞれの仕事内容、勤務場所に応じて労働条件、福利厚生、安全管理、研修などが行われている。
 
 部品: 企画
  電気会社として経営していく際に地域社会への電力に関する理解と安心を提供する為に企画をたてる部門。広報部門と共同して動き、PR展示室でのイベント企画やマスコット、ゆるキャラを作ったりなど各藩国に適応した企画を作り、安心して電気を使ってもらえるように活動を行っている。
 
 
 部品: 一般家庭に対しての営業
  一般家庭に対しての営業をする部門。部門内部にお客様相談センターを作り契約はもちろんその後の対応などにも万全な対応を行っている。また営業所やPR展示場での契約の説明や依頼があれば直接自宅に伺い説明を行うなど幅広く活動している。
 
 部品: 法人営業
  企業や工場などの大型施設の契約に関する手続きなどを管理している部門。個人宅と法人では料金プラン、手続きそれぞれに違いがあるので別部門として管理している。
 
 部品: 広報
  CMやパンフレット制作、企画部門と協力してのイベント企画などを通して電気会社の存在を広める事と、消費者が電気会社に求める事を調査するための意識調査、アンケート、関係各所との懇談会などにより世間から見た電気会社の評価のデータ収集などの仕事があります。収集データは総務部門の意思決定に使われます。
 
 部品: 監査
  電気会社内での資金の流れは正常に流れているか? 費用を無駄に使っていないか? 人事の扱い、休暇はちゃんと取れているか? セクシャル。パワーハラスメントは行われていないか? などといった会社内が正常に機能しているかどうかを監査する部門です。異常だった場合は正常に戻すように働きかける権限を持っており、自社内での不祥事を早期解決できるように作られた部門です。
 
 部品: 法律に関する
  会社内での法律関係の問題を処理する部門。契約・取引の条項が藩国の法律と照らし合わせ問題がないか確認したり、監査部と共同し、違法的な事が会社内部で行われていないか? 違法行為を未然に防ぐ為の部門です。もし、違法行為が発生した場合は早期解決を目指します。
 
 部品: 内訳内容
  一般家庭に対する電話料金は主に基本料金、従量料金、燃料費調整額、税金の四種類に分かれている。藩国や使用されている発電所の種類によっては再生可能エネルギー発電促進賦課金が付加される事もある。
 
 部品: 基本料金
  基本料金は電気を一切使わなかったとしてもかかる基本の料金。契約している料金メニューの設定や契約アンペアの大きさにより多少差が出る。
 
 部品: 従量料金
  電力消費量と電気使用時間帯によって値段が変わる料金。
  藩国電力事情と料金メニューにより多少異なるが一か月の椎雨量が増えれば増えるほど、電気が多く使用される時間帯に使えば使う程、電気料金単価が上がる。
 
 部品: 燃料費調整額
  発電所で発電に使われる燃料の価格変動で電話料金にダイレクトに反映されるのを防ぐ為の金額制度。
  三か月毎に平均燃料価格を算出し、電気会社の法務部門と藩国の経済担当との話し合いにより微調整され反映される。消費者から見ると毎月ごとに値段がコロコロ変わるのは困るし、電気会社としても燃料がかかったわりには電気を売ってもまったく反映されないのは困る事から調整する為の制度。
  発電に燃料を使わない発電所のみを使っている藩国では導入されていない制度。
 
 部品: 税金と補助金
  消費税などの各種税金。各藩国が導入している税金制度の内容によりけりである。また国の事情によっては地域を対象とした支払い電気料金に対する補助金を交付する場合もある。
 
 部品: それ以外の電気料金
  法人の電気料金は一般家庭と同じ低圧(100ボルト、200ボルト)の場合と特別高圧、高圧でそれぞれ電気料金が違う。
  料金メニューや契約プラン各種でも値段は変わる。
 
 
 部品: 電気料金の変動額の規制
  電気料金を含む公共料金については国民が生活する上での必要不可欠なモノであり、過度な値上げは推奨されない。
  また価格競争による値下げについても安定的な供給を維持、確保する為の費用回収、利益確保を考えるといずれ電気会社の破綻に繋がるとされ、推奨されない
 
  その為、電気料金の値上げ、値下げに関しては電気会社法務部門からの申請に基づいて藩国の経済関係の担当が審査を行い、広く一般から意見を聴取する公聴会等を行い法令に基づく基準に適合していれば認可を行う形となっている。
 
  電気会社の法務部は申請の際には値上げ、値下げの理由や関連資料を添付した上で手続きを行う事になっており、不正な値上げ、値下げは認められない。国民の安定した生活を守る制度である。
 
  また規制の項目には「特定の者に対して不当な差別的取扱いで料金を設定してはならない」という項目があり、一般家庭、一般家庭と同じ電圧の法人、特別高圧・高圧の法人のくくり以外での電話料金の違いはない。
 
 部品: 法令遵守
  電気会社は各藩国で活動を行っている。それぞれの国の法律を守り、社会的な通念を守る事が求められている。その為に監査部門を置き、つねに会社が法律を守っているか、自ら監視している。また従業員にも法令を守るように指導している。
 
 部品: 企業コンプライアンス
  法令や諸規則のみならず、社内の規範、企業倫理までも順守する。特に電気会社という安定した生活を支える企業の一員である事を意識し、コンプライアンスを守っている。
  また上司が違反している時には報告、相談できるように会社内に相談できる部署が設けられている。
 
 部品: 個人情報の保護
  電気は皆が使う物であり、集まる情報、つまり消費者の個人情報の保護には力を入れている。個人情報が含まれた資料を破棄する場合にはシュレッダーに入れるもしくは焼却する、情報の入った情報媒体は持ち帰らないで業務終了後には規定の場所に保管管理するなどといった対応が行われている。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "id": 52891,
     "title": "電力会社",
     "description": null,
     "part_type": "group",
     "created_at": "2017-08-23 15:54:47.289636",
     "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.289636",
     "character_id": 405,
     "children": [
       {
         "id": 52892,
         "title": "業務",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-23 15:54:47.296962",
         "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.296962",
         "character_id": 405,
         "children": [
           {
             "id": 52893,
             "title": "発電の仕事",
             "description": " 立地検査を行い土地を購入。発電所を建設します。そして発電所で電力を作り国に必要な分の電気を作り出す業務。 \n",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:54:47.298007",
             "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.298007",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52894,
             "title": "送配電作業",
             "description": " 発電所で作り上げた電力を送電線、配電線、鉄塔や電柱を使い変電所で調整しながら消費者施設へと電力を運ぶ業務。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:54:47.314993",
             "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.314993",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52895,
             "title": "小売り販売",
             "description": " 利用者と実際に料金メニューの設定や契約手続きといったやりとりを行い、発電して送配電した電力を必要なだけ売る業務。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:54:47.327589",
             "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.327589",
             "character_id": 405,
             "children": []
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "id": 52896,
         "title": "理念",
         "description": " 電気というエネルギーを通して人々に便利で快適な生活ができる環境を届け、心豊かに健やかに過ごせる生活の実現の為の手助けを行います。",
         "part_type": "part",
         "created_at": "2017-08-23 15:54:47.354827",
         "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.354827",
         "character_id": 405,
         "children": []
       },
       {
         "id": 52897,
         "title": "施設",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-23 15:54:47.368064",
         "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.368064",
         "character_id": 405,
         "children": [
           {
             "id": 52898,
             "title": "拠点である本部",
             "description": " 電力会社本部。総務部門や人事部門、経理部門などが社内にあり、電力会社全体の運営や経営会議、事務作業などを行っている。\n",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:54:47.369026",
             "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.369026",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52899,
             "title": "国内に数か所ある営業所",
             "description": " 藩国内に点在している営業所。営業部門の活動を行う場所であり、施設内部に会議室や応接室があり商談が可能になっている。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:54:47.381617",
             "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.381617",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52900,
             "title": "○○発電所",
             "description": " 発電所は各藩国の電力消費事情、経済状況、自然環境に合った種類の発電所を建設して運用している。発電所の数も同じく藩国事情に左右される。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:54:47.394346",
             "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.394346",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52901,
             "title": "PR展示施設",
             "description": " 電気の仕組みや発電所、電力などについて理解を深めてもらう為の展示場。藩国によって電気館やらでんきホールなど展示場の内容、形式が違ってくる。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:54:47.407546",
             "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.407546",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52902,
             "title": "電力センター",
             "description": " 変電所や送電設備各種の保守管理を行っているセンター。各管理施設の定期点検や巡回などの管理をしている。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:54:47.420826",
             "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.420826",
             "character_id": 405,
             "children": []
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "id": 52903,
         "title": "部門",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-23 15:54:47.44931",
         "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.44931",
         "character_id": 405,
         "children": [
           {
             "id": 52904,
             "title": "用地",
             "description": " 用地部門は発電所を作る為の土地を探し出し、購入、管理する部門である。実際に購入を行うかどうかの決定権は立地調査部門の調査にかかわってくるので用地部門と立地調査部門の連携が求められる。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:54:47.450452",
             "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.450452",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52905,
             "title": "立地調査に関する",
             "description": " 立地調査部門は用地部門が調べてきた候補リストの土地を実際に調べて発電所を作るに相応しい土地かどうかを調べる部門である。\n 土地の管理は用地部門に任せるのでこの部門は膨大な資料、実際に現場へ赴いての調査などを行う部門名通りの調査部門である。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:54:47.463295",
             "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.463295",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52906,
             "title": "資材",
             "description": " 立地調査が終わり、いよいよ土地を買うとなると次は発電所を建設するためのを資材を集める必要がある。この時活躍するのが資材部門である。資材調達を行う部門であり、発電所建設時や消耗品の購入、メンテナンスに必要な資材購入など資材全般を担当している部門。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:54:47.502248",
             "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.502248",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52907,
             "title": "土木建築",
             "description": " 調査が終わり、資材も揃えばあとは発電所を建設するだけである。その名の通り土木建築である。\n 他にも送電設備の建築なども携わっているので電力を送る為の施設全般の建築を担当している。また新技術や新たな設備の開発などにより日々、新しいモノが入ってくるため、とことん技術を追求していく部門でもある。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:54:47.516283",
             "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.516283",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52908,
             "title": "発電をしっかりと管理",
             "description": " 発電所の送配電を管理し、適切な場所に適切な電力を発電、供給できているかを確認する部門。電力分配部門と共同で調査を行った上で発電所の電力供給プランを立てる。また電気の消費量が多い時期、時間帯などを一年を通してデータを取り、毎年まとめる事で次の年の年間消費量などを算出し、総務部門へとまとめたデータを手渡している。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:54:47.530193",
             "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.530193",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52909,
             "title": "送電施設を見張る",
             "description": " 変電所、送電線の管理部門。各変電所や鉄塔への定期巡回、電圧検査を行い、異常がないかどうか調べ保守管理を行っている。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:54:47.542892",
             "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.542892",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52910,
             "title": "配電設備を運用する",
             "description": " 配電、つまりは電柱とその周りの電線の管理、建設、運用を担当している部門。電柱の数が多く巡回するだけでも大変なので電柱担当部門として設立された。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:54:47.555741",
             "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.555741",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52911,
             "title": "電力分配担当",
             "description": " 各消費施設に必要な分の電力が届いているかを確認する部門。コンピュータで配電管理を行っておりリアルタイムで確認可能、異常がないかどうかを確認する部門である。また、各家庭の消費電力の異常がないかも兼任して調べており、異常があった場合は適切な対処を行う。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:54:47.568744",
             "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.568744",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52912,
             "title": "総務",
             "description": " 電力会社全体の経営活動にかかわり、重要な案件を携わる部門。また災害などの有事際には電力会社の決定権を持つ部門として動き、適切な判断を下す。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:54:47.5825",
             "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.5825",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52913,
             "title": "開発",
             "description": " 発電所の設備や新システムの開発、新技術の導入など技術を取り込み新たな発電、送配電を作り出す部門。研究は未来への投資である。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:54:47.595401",
             "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.595401",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52914,
             "title": "環境を守り維持する",
             "description": " 企業の社会的責任を担当する部門。環境保全をメインとした社会貢献を目指し活動している。清掃活動、緑化運動、温暖化対策など所属藩国の政治状況、自然環境などを踏まえた上で行う活動を決定している。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:54:47.608662",
             "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.608662",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52915,
             "title": "経理",
             "description": " 発電に関するお金管理部門。発電に関する予算や利益、費用、原価などを管理する業務である。発電には膨大なお金が動く為、各種管理しまとめておき、必要な時には財務諸表を提出できる。また会計からみた企業経営の方針などのデータを総務に回すなど経営にもがっつりとかかわってくる部門である。\n 会計関係書類は最低10年は保存して管理しており、それを利用し、次の10年の会社経営のプランを作るのに役立てている。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:54:47.622146",
             "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.622146",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52916,
             "title": "人事",
             "description": " 人事関係を管理する部門。発電に関わる職業は数多く、それぞれの仕事内容、勤務場所に応じて労働条件、福利厚生、安全管理、研修などが行われている。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:54:47.635906",
             "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.635906",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52917,
             "title": "企画",
             "description": " 電気会社として経営していく際に地域社会への電力に関する理解と安心を提供する為に企画をたてる部門。広報部門と共同して動き、PR展示室でのイベント企画やマスコット、ゆるキャラを作ったりなど各藩国に適応した企画を作り、安心して電気を使ってもらえるように活動を行っている。\n",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:54:47.649155",
             "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.649155",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52918,
             "title": "一般家庭に対しての営業",
             "description": " 一般家庭に対しての営業をする部門。部門内部にお客様相談センターを作り契約はもちろんその後の対応などにも万全な対応を行っている。また営業所やPR展示場での契約の説明や依頼があれば直接自宅に伺い説明を行うなど幅広く活動している。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:54:47.662663",
             "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.662663",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52919,
             "title": "法人営業",
             "description": " 企業や工場などの大型施設の契約に関する手続きなどを管理している部門。個人宅と法人では料金プラン、手続きそれぞれに違いがあるので別部門として管理している。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:54:47.676604",
             "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.676604",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52920,
             "title": "広報",
             "description": " CMやパンフレット制作、企画部門と協力してのイベント企画などを通して電気会社の存在を広める事と、消費者が電気会社に求める事を調査するための意識調査、アンケート、関係各所との懇談会などにより世間から見た電気会社の評価のデータ収集などの仕事があります。収集データは総務部門の意思決定に使われます。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:54:47.690619",
             "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.690619",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52921,
             "title": "監査",
             "description": " 電気会社内での資金の流れは正常に流れているか? 費用を無駄に使っていないか? 人事の扱い、休暇はちゃんと取れているか? セクシャル。パワーハラスメントは行われていないか? などといった会社内が正常に機能しているかどうかを監査する部門です。異常だった場合は正常に戻すように働きかける権限を持っており、自社内での不祥事を早期解決できるように作られた部門です。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:54:47.704395",
             "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.704395",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52922,
             "title": "法律に関する",
             "description": " 会社内での法律関係の問題を処理する部門。契約・取引の条項が藩国の法律と照らし合わせ問題がないか確認したり、監査部と共同し、違法的な事が会社内部で行われていないか? 違法行為を未然に防ぐ為の部門です。もし、違法行為が発生した場合は早期解決を目指します。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:54:47.718597",
             "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.718597",
             "character_id": 405,
             "children": []
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "id": 52923,
         "title": "一般家庭の電気料金",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-23 15:54:47.750673",
         "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.750673",
         "character_id": 405,
         "children": [
           {
             "id": 52924,
             "title": "内訳内容",
             "description": " 一般家庭に対する電話料金は主に基本料金、従量料金、燃料費調整額、税金の四種類に分かれている。藩国や使用されている発電所の種類によっては再生可能エネルギー発電促進賦課金が付加される事もある。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:54:47.751597",
             "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.751597",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52925,
             "title": "基本料金",
             "description": " 基本料金は電気を一切使わなかったとしてもかかる基本の料金。契約している料金メニューの設定や契約アンペアの大きさにより多少差が出る。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:54:47.763523",
             "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.763523",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52926,
             "title": "従量料金",
             "description": " 電力消費量と電気使用時間帯によって値段が変わる料金。\n 藩国電力事情と料金メニューにより多少異なるが一か月の椎雨量が増えれば増えるほど、電気が多く使用される時間帯に使えば使う程、電気料金単価が上がる。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:54:47.775619",
             "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.775619",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52927,
             "title": "燃料費調整額",
             "description": " 発電所で発電に使われる燃料の価格変動で電話料金にダイレクトに反映されるのを防ぐ為の金額制度。\n 三か月毎に平均燃料価格を算出し、電気会社の法務部門と藩国の経済担当との話し合いにより微調整され反映される。消費者から見ると毎月ごとに値段がコロコロ変わるのは困るし、電気会社としても燃料がかかったわりには電気を売ってもまったく反映されないのは困る事から調整する為の制度。\n 発電に燃料を使わない発電所のみを使っている藩国では導入されていない制度。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:54:47.787774",
             "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.787774",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52928,
             "title": "税金と補助金",
             "description": " 消費税などの各種税金。各藩国が導入している税金制度の内容によりけりである。また国の事情によっては地域を対象とした支払い電気料金に対する補助金を交付する場合もある。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:54:47.79984",
             "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.79984",
             "character_id": 405,
             "children": []
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "id": 52929,
         "title": "それ以外の電気料金",
         "description": " 法人の電気料金は一般家庭と同じ低圧(100ボルト、200ボルト)の場合と特別高圧、高圧でそれぞれ電気料金が違う。\n 料金メニューや契約プラン各種でも値段は変わる。\n",
         "part_type": "part",
         "created_at": "2017-08-23 15:54:47.825271",
         "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.825271",
         "character_id": 405,
         "children": []
       },
       {
         "id": 52930,
         "title": "電気料金の変動額の規制",
         "description": " 電気料金を含む公共料金については国民が生活する上での必要不可欠なモノであり、過度な値上げは推奨されない。\n また価格競争による値下げについても安定的な供給を維持、確保する為の費用回収、利益確保を考えるといずれ電気会社の破綻に繋がるとされ、推奨されない\n\n その為、電気料金の値上げ、値下げに関しては電気会社法務部門からの申請に基づいて藩国の経済関係の担当が審査を行い、広く一般から意見を聴取する公聴会等を行い法令に基づく基準に適合していれば認可を行う形となっている。\n\n 電気会社の法務部は申請の際には値上げ、値下げの理由や関連資料を添付した上で手続きを行う事になっており、不正な値上げ、値下げは認められない。国民の安定した生活を守る制度である。\n\n また規制の項目には「特定の者に対して不当な差別的取扱いで料金を設定してはならない」という項目があり、一般家庭、一般家庭と同じ電圧の法人、特別高圧・高圧の法人のくくり以外での電話料金の違いはない。",
         "part_type": "part",
         "created_at": "2017-08-23 15:54:47.845056",
         "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.845056",
         "character_id": 405,
         "children": []
       },
       {
         "id": 52931,
         "title": "守るべき事",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "created_at": "2017-08-23 15:54:47.858236",
         "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.858236",
         "character_id": 405,
         "children": [
           {
             "id": 52932,
             "title": "法令遵守",
             "description": " 電気会社は各藩国で活動を行っている。それぞれの国の法律を守り、社会的な通念を守る事が求められている。その為に監査部門を置き、つねに会社が法律を守っているか、自ら監視している。また従業員にも法令を守るように指導している。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:54:47.859142",
             "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.859142",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52933,
             "title": "企業コンプライアンス",
             "description": " 法令や諸規則のみならず、社内の規範、企業倫理までも順守する。特に電気会社という安定した生活を支える企業の一員である事を意識し、コンプライアンスを守っている。\n また上司が違反している時には報告、相談できるように会社内に相談できる部署が設けられている。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:54:47.872614",
             "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.872614",
             "character_id": 405,
             "children": []
           },
           {
             "id": 52934,
             "title": "個人情報の保護",
             "description": " 電気は皆が使う物であり、集まる情報、つまり消費者の個人情報の保護には力を入れている。個人情報が含まれた資料を破棄する場合にはシュレッダーに入れるもしくは焼却する、情報の入った情報媒体は持ち帰らないで業務終了後には規定の場所に保管管理するなどといった対応が行われている。",
             "part_type": "part",
             "created_at": "2017-08-23 15:54:47.887357",
             "updated_at": "2017-08-23 15:54:47.887357",
             "character_id": 405,
             "children": []
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]