1300系電車

1300系電車


1300系電車 (1300けいでんしゃ) は、安房急行電鉄(以下、安房急)が保有する通勤形電車である。

沿革

元々はちばドリームエクスプレス(cdx)の16系として、相模湖線などに充当されていた車両である。同線の気動車化に伴い安房急が購入して「1300系」として導入した。

編成

1300系は現在4編成8両が在籍している。

←安房国分寺 1号車 2号車 安房平群→
Mc1301 Mc1351
Mc1302 Mc1352
Mc1303 Mc1353
Mc1304 Mc1354

特徴

  • 車体はアルミニウム製で、車体幅は2.95m。前頭部のみ強度を高くするため普通鋼製である。
  • 3扉車で、扉は押しボタン式の半自動となっている。
  • 制御方式はVVVFインバータ(GTO)式で、Siemens社製のいわゆる「ドレミファインバータ」である。
  • 車内の座席はロングシートを採用。車いす対応のトイレの設備がある。
  • 車体のカラーリングとして、アルミの無地に三芳平群線のラインカラーであるブラウンの帯を配置している。

スペックシート

起動加速度
3.3 km/h/s
営業最高速度
100 km/h
設計最高速度
120 km/h
減速度(通常)
3.5 km/h/s
減速度(非常)
4.5 km/h/s
編成定員
380名
最大寸法(長×幅×高)
20000 mm × 2950 mm × 3780 mm
編成質量
36t
軌間
1,067 mm
電気方式
直流 1,500V
歯車比
1:7.07
駆動装置
TD継ぎ手平行カルダン駆動方式
電動機
CDX-MT08形 (180kW)
制御装置
VVVFインバータ制御(GTO素子)・Siemens製
ブレーキ方式
電気指令式空気ブレーキ・回生ブレーキ
保安装置
ATS-G・ATS-P

今日: -
昨日: -
累計: -
最終更新:2014年04月03日 11:51
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。