仮面ライダーバイス ジャッカルゲノム

【ライダー名】 仮面ライダーバイス ジャッカルゲノム
【読み方】 かめんらいだーばいす じゃっかるげのむ
【変身者】 バイス
【スペック】 なし
【基本形態】 仮面ライダーバイス レックスゲノム
【声】 木村昴
【登場作品】 仮面ライダーリバイス(2021年)
【初登場話】 第7話「窃盗!?スケボー!?俺はカゲロウ!」

【詳細】

バイスが仮面ライダーリバイのジャッカルバイスタンプの使用に呼応し変化した仮面ライダーバイスの派生形態。

ジャッカルを模したボディが特徴だが、こちらはボード型に変化している。
元々は人型を想定していたが、ガンデフォン50へ憑依した状態のバイスが安易にデザインを「ダサい」と称したことで、制作者の「ジョージ・狩崎」にデータを書き換えられてしまった。

人型時のスペックは仮面ライダーリバイの同形態と同等の数字、第7話の映像内でチェックしてみよう。

契約者の仮面ライダーリバイ ジャッカルゲノムと共にタッグを組んで戦う。
更にリバイが乗るというシンプルな方法で、「リバイスジャッカル」となる。

【各部機能】

ボード化しているため、通常時の機能は簡略化されている部分もある。

ジャッカルゲノメットはバイスジャッカルゲノムのヘルメット。
悪魔専用装備「ゲノメット」がジャッカルバイスタンプの力を受けて変化したもの。
これを装着することで仮面ライダーへの変身が完了し、悪魔の頭部を極薄に圧縮する。

バイスボディ
バイスの肉体。
ジャッカルゲノムの突然の路線変更により、開発者である「ジョージ・狩崎」のマイブームを大胆に取り入れたことでスケートボードとなった。
また、リバイスドライバーからの力の供給を受けて、強大なエネルギーと様々な生物種の能力を変身者に授ける「ゲノムレシーバー」を内蔵している。

オーインジェクター
バイスジャッカルゲノムの胸部装甲。
シンボルマークと共に刻まれた固有能力により、悪魔をジャッカルの戦士とする。
押印式情報入力装置「オーインジェクター」にバイスタンプを直接押印された場合には、単独でゲノムチェンジすることができる。

ジャッカルゲノエッジはバイスジャッカルゲノムの外周部。
ジャッカルの牙のように鋭利なエッジは、体当たりの破壊力を大幅に向上させる。
また、足回りを引っ込めた雪上仕様の際には、方向転換の起点ともなる。

ジャッカルゲノトラックはバイスジャッカルゲノムの脚。
形態を変化させることで、空中浮遊を行うことができる。

ジャッカルゲノウィールはバイスジャッカルゲノムの車輪。
悪魔の脚力にジャッカルの能力を加えた驚異的な加速によって、わずか数秒でトップスピードに到達する。

必殺技は相棒のリバイと連携した技を繰り出す「ジャッカルスタンピングフィニッシュ」。

タグ:

+ タグ編集
  • タグ:

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2023年08月30日 22:05