仮面ライダーバイス レックスゲノム

【ライダー名】 仮面ライダーバイス レックスゲノム
【読み方】 かめんらいだーばいす れっくすげのむ
【変身者】 バイス
【スペック】 パンチ力:8.5t
キック力:29.9t
ジャンプ力:ひと跳び29.6m
走力:100mを3.7秒
【派生形態】 仮面ライダーバイス メガロドンゲノム
仮面ライダーバイス イーグルゲノム
仮面ライダーバイス マンモスゲノム
仮面ライダーバイス プテラゲノム
仮面ライダーバイス ライオンゲノム
仮面ライダーバイス ジャッカルゲノム
仮面ライダーバイス コングゲノム
仮面ライダーバイス カマキリゲノム
仮面ライダーバイス ブラキオゲノム
仮面ライダーバイス ネオバッタゲノム
【強化形態】 仮面ライダーバイス バリッドレックスゲノム
仮面ライダージャックリバイス
仮面ライダーリバイス
【最終形態】 仮面ライダーアルティメットバイス
【声】 木村昴
【スーツ】 永徳
【登場作品】 セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記(2021年)
短編劇場版 仮面ライダーリバイス(2021年)
仮面ライダーセイバー(2021年)
仮面ライダーリバイス(2021年)
【初登場話】 増刊号「新たなページが、開くとき、」
第1話「家族!契約!悪魔ささやく!」

【詳細】

五十嵐一輝に宿る悪魔「バイス」が、リバイスドライバーの機能で一輝の変身に呼応する形で実体化した仮面ライダーバイスの基本形態。

バイスタンプに格納されたT-レックスの遺伝子が反映された恐竜を模したボディが特徴だが、恐竜を人型に落とし込んだリバイと異なり、こちらはバイス本体が恐竜の被りものを着込んでいるような姿となっている。
これはバイスの各形態も同様。

バイス側には変身ベルトが装着されておらず、ベルト側の操作はリバイにほぼ一任されているため、バイス自体がフォームチェンジを行うにはリバイ側のフォームチェンジ操作が必須。
その都合上、リバイ側とバイス側で異なるフォームで並び立つことは基本的に不可能であり、開発者である「ジョージ・狩崎」の都合で一時は強化形態を封印されていたこともあった(一部フォームに端を発するが)。

なお、一応変身しているフォームとは違うバイスタンプをバイスの胸部に押印することで、単体でも変身できる機能はあるものの、リバイス本編では未使用。

これはリバイが「ボルケーノレックスゲノム」という強化形態を持つに至った際、ようやく解禁され、バリッドレックスゲノムへとパワーアップ。
その直後に一輝とバイスの意思を逆転させたジャックリバイスが登場し、更に二人が融合した新たな仮面ライダーが誕生するなど、バイス本人の強化形態はかなり少ない。

一輝が変身する仮面ライダーリバイ レックスゲノムと共にタッグを組んで戦い、リバイがオーインバスター50を扱うことが多いのに対し、こちらはオストデルハンマー50を使っている場面が多い。
更に「リバイスレックス」というリミックス変身を行う。

仮面ライダーリバイ バリッドレックスゲノム時も同形態にセッティングされており、バリッドレックスの変身時の残骸を寄せ集めたシールド状の武器のバリッドシールドを所持している。

最終話では「リバイスドライバー」と「ギファードレックスバイスタンプ」を装着したまま、こちらの姿へ戻り、リバイスドライバーにて他のフォームへとゲノムチェンジしている(未使用設定となった単独チェンジ設定のオマージュ)。

【各部機能】

バイスレックスゲノムの頭部ゲノメットを持つ。

レックスゲノメット
バイスレックスゲノムの被るヘルメット。
悪魔専用装備「ゲノメット」がレックスバイスタンプの力を受けて変化したもの。
これを装着することで仮面ライダーへの変身が完了し、様々な能力の向上や火炎攻撃などの特殊攻撃が可能となる。

レックスゲノメットアイ
レックスゲノメットの目の部分。
左右それぞれが広い視野角を持ち、悪魔の目「バイスアイ」と合わせ4つの目を自在に操ることで索敵能力を飛躍的に向上させる。

バイスアイ
バイスの持つ目。
視力は人間の単位に当てはめると8.6程度。
更に、人間には見ることのできない悪魔の存在などを捉えることができる。

レックスゲノメットノーズ
レックスゲノメットの鼻。
匂いから周辺状況を判別できるほどの鋭い嗅覚を持ち、仮面ライダーリバイのサポートに役立てている。

バイスマフラー
バイスレックスゲノムのマフラー。
悪魔的カッコ良さの象徴として風にはためく。

レックスゲノブレスト
バイスレックスゲノムの胸部装甲。
シンボルマークと共に刻まれた固有能力により、悪魔をT-レックスの戦士とする。
また、押印式情報入力装置「オーインジェクター」にバイスタンプを直接押印された場合には、単独でゲノムチェンジすることができる。

バイスボディ
バイスの肉体。
五十嵐一輝との契約により実体化した悪魔の体は、人間とは比較にならないほど頑健な上に柔軟性が高く、戦闘時のダメージも気分によるところが大きいのではないかと言われている。

レックスゲノショルダー
バイスレックスゲノムの肩部。
バイス自身だけでなく、バディの仮面ライダーリバイまでも守るための大型のシールドが左右に装備されている。

バディバックル
仮面ライダーバイスへの変身に使用する装備の一つ。
リバイスドライバーからの力の供給を受けて、強大なエネルギーと様々な生物種の能力を変身者に授ける「ゲノムレシーバー」を内蔵している。

レックスバイスアーム
バイスレックスゲノムの腕。
一時的に実体化を解除することで、あらゆる攻撃を回避し、物質の内部に手を入れることもできる。

レックスゲノブレイサー
バイスレックスゲノムの前腕部装甲。
悪魔の腕力にT-レックスの力を加えることで剛腕化する力を持つ。
さらに、悪魔の爪にT-レックスの牙の硬度と鋭さを与え、戦闘での使用を可能とする。

レックスバイスレッグ
バイスレックスゲノムの脚。
形態を変化させることで、空中浮遊を行うことができる。

レックスゲノレガース
バイスレックスゲノムの脛部装甲。
悪魔の脚力にT-レックスの力を加えることで剛脚化する力を持つ。
変身ベルト「リバイスドライバー」の操作を受けて足裏にエネルギーを高密度に収束することで、必殺技「レックススタンピングフィニッシュ」が発動可能となる。
これによってデッドマンを契約解除することができる。

レックスゲノテール
バイスレックスゲノムの尻尾。
悪魔との融合バランスを司る「ゲノムシフト」を部分的に生物種側に振り切ることでT-レックスのような巨大な尻尾へと変化し、敵を一網打尽にする。
一方では、バイスのアイデンティティともなっており、敏感で繊細な一面も持つ。

専用武器は「ガンデフォン50」など。

必殺技は仮面ライダーリバイと共にキックを相手へ放つ「レックススタンピングフィニッシュ」。

【活躍】

第1話で悪魔バイスが契約者の五十嵐一輝/仮面ライダーリバイの中から出現し変身。

レックスバイスタンプ自体が契約の証になっており、実体化した悪魔を制御するため、ジョージ・狩崎の助言で変身を行うこととなった。

戦闘時の「バイス」の言葉から契約者が死ぬと消滅してしまうとのこと。
変身前と同様にテンションが高く、メタのような会話も多い。

第1話ではレックス・デッドマンやマンモス・デッドマンなどと交戦、主に相棒となる仮面ライダーリバイがデッドマン2体と戦っており、複数のギフジュニアを担当している。
更に必殺技を決め、2体のデッドマンを同時に倒した。

【余談】

例年の夏劇場版と同様、キャストクレジットは不明となっていたが、サプライズ上映の短編劇場版の方で担当声優が判明した。

最終更新:2022年12月25日 00:50