カロー

【名前】 カロー
【読み方】 かろー
【登場作品】 宇宙戦隊キュウレンジャー
【所属】 宇宙幕府ジャークマター
【名前の由来】 家老
【一覧】 こちらを参照

【詳細】

ジャークマターに属する幹部の総称。

ダイカーンの束ね役であり、各星座系に1人配置されている。
「総数88人」という実質ジャークマターにおける大幹部的な立ち位置ながら膨大な数であり、ジャークマターの戦力を窺い知る事ができる。

その立場と戦闘力もダイカーンを凌駕し、担当管轄外の惑星にいた人材でも自らの権力で手駒に加える事ができる程である。
アルマゲ直下の刺客として活動していたイカーゲンマーダッコは少なくともダイカーンより上の立場のようだが、カローとどちらが立場的に上なのかは不明。

しかし、更に上の立場に最高幹部「フクショーグン」が存在し、物語の中盤から終盤にかけては過去の世界での戦闘や何度も復活するフクショーグンとの激戦にシフトしていった為、劇中で登場した個体数はあまり多くない。

Space.32でドン・アルマゲから「フクショーグンへの昇格を条件としたキュウレンジャーの抹殺指令」が全員に通達され、彼らはそれぞれ自らの出世の為に動き出す。
しかし、既にフクショーグンと互角に渡り合える程の力を得たキュウレンジャーの敵ではなく、以前のダイカーンに代わる一般怪人の立ち位置に成り下がってしまった。

【余談】

名前の由来となる「家老」は武家の家臣団の中でも最高の地位にあった役職の事であり、本来は複数人存在し、合議制により様々な事を決めていた。

そのような由来であるにも関わらず、1つの星座系に1人しか担当者がおらず、複数人のカローが協力している様子は見られない。

代官(ダイカーン)の次のポジションだが、戦国時代より代官を職名とする地位全般を指すようになった事も考えれば、ジャークマターの支配体制がどれだけ広い視野で練られたものであるかが見て取れる。

ダイカーンは「1つの惑星を自分の自由にできる」という魅力的な役職だが、1つの星座系そのものを管理担当するカローから見れば、無数にある惑星の1つでダイカーンがどんな圧政をしていようとも些事に過ぎず、視界の端で虫が何かをやっているようなものであり、動きが大きくなる程に目障りになったり、その時点で無視の存在に気が付く。

更に上位のフクショーグンは惑星やプラネジューム採掘の管理と全くかけ離れたポジションであり、「ジャークマターを倒す」という目的の元でキュウレンジャーが戦い続けた結果、ダイカーンとカローが一怪人と同じ扱いに宜なるかなと言える。