双幻士

【名前】 双幻士
【読み方】 そうげんし
【登場作品】 獣拳戦隊ゲキレンジャー

【詳細】

四幻将それぞれに仕える2人の幻獣拳士。

4人それぞれに2人ずつの計8人で構成され、幻獣拳としては1番の下っ端だが、かなりの戦闘力を誇る。

幻獣拳の頂点・幻獣王の正体は世界を滅ぼすまで暴れるだけの破壊神だった事、四幻将の中で最初から幻獣拳に属していた者がロンとサンヨだった事、更にロンの正体は無間龍だった事から組織の構成や「幻獣拳」の存在自体が理央メレを欺く為の1つの流派に見せかけていた可能性が高い。

臨獣拳士と違い、倒されても石化する事なく、爆散する点から生者と思われる。
「激臨の大乱」の際にロンが見出した、或いはロンの力に引かれた臨獣拳士が三拳魔を裏切った為に双幻士になった模様。

【余談】

四幻将と双幻士はそれぞれ十二支(干支)の動物が隠しモチーフになっている(四幻将はそれに加え、中国に伝わる四神もモチーフになっている)。