説明書

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


共通

携帯型魂魄転送装置

転送装置には、セーブ、ロード、リセット、の3つの機能があります。
セーブはマップごとに、1カ所だけ現在地を記録することができます。
ロードをすることで、その記録したポイントに移動することができます。
ただし、パーティ全員が同じ位置を記録している必要があります。
 
セーブは一度行うと上書きできず、記録をリセットする必要があります。
リセットは『拠点』でのみ行えます。
また、ロード時にも自動的にセーブポイントはリセットされます。

緊急時位置セーブ機能

戦闘敗北時、拠点に戻されるなど現在位置を強制変更される場合があります。
その時、現在位置を緊急セーブできます。
その位置が未踏破の場合は直前の位置をセーブします。
 
ただし、このセーブポイントは、次更新時しかロードできません。
すぐさま使用しなかった場合、セーブポイントは消えてしまいます。
 
これは、通常の位置セーブとは別の機能になります。
すでに位置セーブを行っていても、別機能としてセーブロードできます。

補助武器生成

『魂片』を使用して、銃弾、矢弾、火薬、魔弾を生成できます。
生成可能なアイテムの種類は修得したアビリティに寄ります。
 
生成アイテムのレベルと属性は、素材魂片と同じものになります。
 
性能は、素材魂片のレベルと生成者の能力、仕様に依存します。
生成者の器用さは攻撃力、防御力、命中力、行動力に影響します。
生成者の集中力は魔攻力、魔防力、制御力、行動力に影響します。
 
魂片の持つギフトはそのまま、生成品のギフトになります。
ただし、『○○強化』など一部のギフトは生成品の性能に影響を持ちます。
これらについては各ギフトの説明を確認してください。
 
生成時、素材魂片と生成費用をともに消費することになります。
生成費用は素材魂片のLv*100が必要となります。

アイテム士系統

属性エンチャント

武器、防具、装飾に属性を付与することができます。
 
付与できる属性は、自身が持つ2属性のみです。
また、属性アイテムを無属性に戻すこともできます。
 
エンチャント時、アイテムの改造ポイントと改造費用をともに消費することになります。
改造費用は、(使用するアイテムのアイテムLv×100)の魂塵が必要となります。
 
ただし、無属性に戻す場合はこれらは消費しません。
『エンチャント革命』を習得していても説明文に変化はなし。

調理

複数の『食料』を使い、『料理』を作ることができます。
『料理』はパーティ全体に効果がありますが、『食料』とどちらか一方しか効果はありません。
 
完成した『料理』のLvとギフトは、それぞれを足し合わせたものになります。
ただし、同じ効果のギフトが複数ある場合、HP回復効果は全てを足し併せたものになりますが。
それ以外の効果については、効果量(ギフトLv)が最も高いもののみが有効となります。
 
なお、ギフトは最大で三種類しか持てません。
ギフトの種類がそれを越える場合、余剰分は消えてしまいます。

スロット開放

『腕防具』、『体防具』の『閉鎖スロット』を開放することができます。
開いたスロットには、新たに魂片のオーバーロードが可能になります。
閉鎖スロットの有無については、各アイテムのスロットを確認してください。
なお、複数の閉鎖スロットがある場合は、一つずつしか開放はできません。
 
開放時、アイテムの改造ポイントと改造費用をともに消費することになります。
改造費用は、(使用するアイテムのアイテムLv×300)の魂塵が必要となります。

リサイズ

『武器』の装備枠を変更することができます。
装備枠は『小』→『中』→『大』とより大きくすることができます。
小さくすることはできませんが、リサイズしたものを初期状態に戻すことはできます。
装備枠を一段階大きくするごとに、スロット枠が一つ増設されます。
スロットは開放状態で、新たに魂片のオーバーロードが可能になります。
 
ただし、装備枠に依存したものも変更になるので注意してください。
補助武器の装備や、行動時の追加待機ゲージなどがそれに当たります。 
リサイズ時、アイテムの改造ポイントと改造費用をともに消費することになります。
改造費用は、(使用するアイテムのアイテムLv×200)の魂塵が必要となります。
 
装備枠を初期状態に戻す場合は、これらの消費はありません。
この時、減少するスロットは、中身ごと消えてしまうので注意しましょう。

魂改士系統

武器/防具/装飾生成

『魂片』を使用して、武器、防具、装飾を生成できます。
生成可能なアイテムの種類は修得したアビリティに寄ります。
 
生成アイテムのレベルと属性は、素材魂片と同じものになります。
 
性能は、素材魂片のレベルと生成者の能力、基礎費用、仕様に依存します。
生成者の器用さは攻撃力、防御力、命中力、行動力に影響します。
生成者の集中力は魔攻力、魔防力、制御力、行動力に影響します。
基礎費用や仕様は登録時に指定することができます。
仕様は生成する種類によって可能なものが違う場合があります。
また、『防具』についてのみ、アイテムの種類によっても性能に差がでます。
 
魂片の持つギフトは、アイテムの固有ギフトとして残ります。
ただし、『○○強化』など一部のギフトは生成品の性能を直接作用します。
この時、ギフトは固有ギフトとしては残りません。
これらについては各ギフトの説明を確認してください。
 
生成時、素材魂片と基礎費用をともに消費することになります。

武器/防具/装飾強化

『魂片』を使用して、武器、防具、装飾を強化できます。
強化可能なアイテムの種類は修得したアビリティに寄ります。
なお、使用する魂片は、強化するアイテムのレベル以下のものが必要です。
 
強化によって、アイテムのレベルと基本性能が上昇します。
レベルは、使用した魂片のレベルがそのまま加算されます。
基本性能も、魂片のレベルに依存して全体的に上昇します。
 
魂片の持つギフトは基本的に強化品に影響しません。
ただし、『○○強化』など一部のギフトは強化品の性能に影響を持ちます。
これらについては各ギフトの説明を確認してください。
 
強化時、素材魂片と強化費用をともに消費することになります。
強化費用は、(使用するアイテムのアイテムLv×100)が必要となります。

シーフ系統

宝箱開錠

※アイテムの種類が『宝箱』となっているアイテムから、別のアイテムを取り出すことができます。
※アイテムLvx以下の宝箱の解錠が行えます。
※送付先Enoを入力すると、解錠したアイテムが送品されます。
※解錠失敗した場合は、失敗メッセージのみを送信します。
基本登録シート内より。

僧侶系統

封壺解呪

※アイテムの種類が『封壺』となっているアイテムから、別のアイテムを取り出すことができます。
※アイテムLvx以下の封壺の解呪が行えます。
※送付先Enoを入力すると、解呪したアイテムが送品されます。
※解呪失敗した場合は、失敗メッセージのみを送信します。
基本登録シート内より。