飛行機

飛行機


解説

Dukesの東、「フランシス国際空港(Francis International Airport=FIA)」で見ることができる。見るだけ。
存在するのは以下の2機。

ボーイング・747-300

所謂「ジャンボジェット」。一目でわかるその巨体はGTA4最大の可動オブジェクトである。
全ての機体がFLY USカラーで統一されている。
コクピットをよくよく見ると、椅子らしき影は見えるが人影は無い。
エンジンがかかっているはずの機体でも、音は凄いがジェットエンジンのファンブレードが回っていない。

ターミナルに駐機していたり、上空を延々と飛んでいたり、滑走路とエプロン(駐機場)の間を延々とタキシング(走行)していたりする。
飛んでいる機とタキシングしている機は別なので、実は着陸も離陸もしていない。
しかも上空を飛んでいる飛行機はよく観察してみるとリバティーシティの外側をぐるぐる回っているだけなのがわかる。
さらに、実はどこを飛んでいてもギアダウンしたままである。

だけど、そこを気にしないのが本当のGTAプレイヤーといえるのかもしれない。
MODを使えば無理矢理乗れたりする。(大半は車やヘリの外観や音を変えただけ)

ボンバルディア エアロスペース・リアジェット45

駐機しているだけの小型ビジネスジェット。
機体番号O-GHAM、3105SP AD-2108。
FLY USカラーのものとそうでないものがある。垂直尾翼にアメリカ国旗やスコットランド国旗、アイルランド国旗等が描かれている。

Co-opミッション「Hungman's N.O.O.S.E.」でもペトロヴィッチの乗ってきた飛行機としてその姿が見れる。
また、「TBoGT」のミッション「BANG BANG」にてプレイによっては滑走路から離陸する様子を間近で見ることが出来る(実際は離陸する前に爆破しなければならないのだが)。
こちらもMODを使えば無理矢理乗れる。

画像

ボーイング・747-300モデル
imageプラグインエラー : ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (TS3B0768.jpg)
リアジェット45モデル
imageプラグインエラー : ご指定のファイルが見つかりません。ファイル名を確認して、再度指定してください。 (TS3B0771.jpg)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル