オンラインでの荒らし対策乗り物編

オンラインでの荒らし対策乗り物編


ここではオンラインでよくある、無差別破壊、殺戮を好むプレイヤー(以下「荒らし」と表記する)等に対する対策を乗り物に限って纏めています。
オフラインでも手配度が高くなった時などに応用可能です。
ヘリでは、TBoGTを前提としていますが、その他の作品でも応用可能です。

狙われやすい、やられやすい乗り物

例を挙げて解説します。

まずはBUSRIPLEY
これらは大きいためドライブバイを撃ってくる荒らしに当てにくく、路地などのライフは取れない、動きは遅い等ととにかく大きさが裏目に出てしまう。
おまけにリアエンジン(=銃撃に弱い)なので、荒らしの標的になってあっけないほど簡単に破壊されてしまうことが多い。
詳しくは各車のページを参照してください。

普通車は、人気のSULTAN RSが狙われやすい。高性能で目立つ上、入手するにはオルダニーの端まで行かなければならず手間がかかるため、
嫌がらせをしたい荒らしにとっては格好の的だろう。
また、同じく高性能なPOLICE STINGERも狙われるかもしれない。

ヘリなら、意外にもBUZZARD等の戦闘ヘリが狙われやすい。これは乗っているプレイヤー自身が荒らしと間違われ、攻撃を受けることがあるため。

他にも基本的に固定出現の車両や、比較的出現率の低い車が狙われやすい。
例えばBENSONRANCHERBOXVILLE等なかなか乗る機会が少ない車両等が大変狙われやすい。

対処のしかた


上記の車種に少しでも安全に乗りたいのなら人が少ない部屋、もしくは人がいない場所(パーティーモードで自分だけなど)で乗るのをお勧めする。
基本的に空港やアルゴンクイン・スタージャンクション周辺、ヘリの固定ポイントに集まりやすいのでオルダニー南部、ボーハン、ブローカー南部などが安全。
また、人を近づけないこととSMGや手榴弾といったドライブバイ可能な武器も持っておきたい。
そして周辺にあるライフの場所もチェックしておくこと。
近接武器のみ部屋は比較的安全だが、実はANNIHILATOR等に乗り込むとRPGが手に入る。そのため荒らしに車ごとあの世へ送られることもあるので油断は禁物。
また、大きいチームの場合は戦闘ヘリの出現ポイントを抑えるのもいい。

襲撃に比較的強い乗り物


まずはCAVALCADE等のSUVや、PONYなどのバン。セダン、スポーツ系の車はエンジンの前後に関わらず、後ろから銃撃されれば
簡単に燃料タンクを撃ち抜かれ炎上してしまう。しかしSUVやバン系の車は鉄板が厚いのか、後ろから撃たれた場合でも比較的うたれ強い。
難点はSUVはオンラインでは走っている車種が入れ替わるため、思ったように手に入らない所と、バンは固定出現の場所があまり無いといった所か。

そして大型トラック系。(場所は分かりにくいが最初の島のブローカー地区や空港、アルゴンクインにも固定出現があり、パワフルな上、車体が短くドライブバイを車で追ってくる荒らしに当てやすいPHANTOMがおすすめ。)
大型トラックの殆どの車種は後ろに急所のようなものが無く、かなり長い間銃撃され続けても炎上しにくい。
(ただしFIRE TRUCKは例外で、燃料タンクを意外とやられやすい)
両側面には急所の燃料タンクがあるが、走っている状態なら、なかなかそこに当たらない。
なので荒らしが車に乗りドライブバイしてきた場合、急所のあるフロントと両側面を撃たれない様なるべく直進で逃げること。
勿論こちらも応戦するのを忘れずに。
BENSONもなかなか強いが、荒らしに狙われやすい固定出現の車なのでおすすめしない。

大型トラックの難点は大きいためRPGや手榴弾、ヘリのミサイルで狙いやすいといった所か。

ヘリなら凶悪な武装を施していないMAVERICKがおすすめ。

ヘリにヘリで対抗する場合(TBoGT)

ヘリ対ヘリでは、大抵単独犯の荒らしはBUZZARDを好むため、こちらもできればBUZZARDを用意したいところ。
しかし3人以上を乗せたい時や機動性・最高速度を重視する場合、またBUZZARDの固定出現ポイントが荒らしに抑えられている場合はANNIHILATORが役に立つ。
最高速度で逃げ切ることも可能。出現ポイントはオルダニー南部の消防署屋上、空港そばの警察署屋上・空港ヘリパッド
ただし空中戦ではミサイルより不利なガトリング砲(爆発しないため直撃しないと威力なし・リロード待ち時間有り)しか装備していないという欠点がある。

ヘリ戦術

マニューバ

減速しながら左右ヨー(L1/R1)とスティックを同方向に操作すると急速な回避が可能。BUZZARDよりANNIHILATORの方がより小回りが効く。
欠点は空中戦に於いて重要な高度が失われること。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。