登場人物と愛車

359*登場人物と愛車

Nico Bellic/ニコ・ベリック

いわずと知れた本編主人公。西欧での戦争に軍人として従軍するも、
仲間に裏切られて隊が壊滅させられた過去を持っており、
生き残りの兵士の中に裏切り者がいることを確信し、復讐を誓う。
うまく回らない人生を好転させるべく、ローマンからの誘いに乗ってLCにやって来た。

Roman Bellic/ローマン・ベリック

imageプラグインエラー : ご指定のURLはサポートしていません。png, jpg, gif などの画像URLを指定してください。
本編主人公ニコの従兄弟。
LCでしがないタクシー会社(厳密にはハイヤーの会社)Roman Bellic Enterprisesを営み、厖大な借金を抱えている。
能天気で、テンションの上げ下げが激しいキャラ。
性格は、最悪なことが起きた後の心の切り替えが早く、前向きで良いのだが、ストーリー序盤では...
...借金やギャンブルでトラブルを起こし、ニコを困らせるばかりの他、嘘を平気で、しかもまるで呼吸をするかのようにつく。
アメリカで成功し巨額の富を築いたという嘘をつき、ニコをリバティーシティへ呼び寄せた人物。
言い上げた通り、能天気でしかも嘘が多く、厄介なことばかり引き起こす。
...とはいえ、特定のミッション終了後に電話を掛けると相談や話し相手になってくれるなど、優しい一面もあるようだ。

愛車というか、ローマンのタクシー会社所有のタクシー。
メインミッションでは『THE COUSINS BELLIC』、『IT'S YOUR CALL』、『THREE'S A CROWD』、『BLEED OUT』、『EASY FARE』、『JAMAICAN HEAT』、『ROMAN'S SORROW』と多数登場。
その他に彼の『仕事』で使わされる他、無料タクシーサービス(隠し効果)にて部下のモハメッドが向かいに来る。
ストーリー序盤では嫌らしいほどお世話になる・・・
が、メインミッション「ROMAN'S SORROW』クリア後以降はストーリーの関係上、パッタリと登場しなくなる。
しかし、ある方法を使うと『ROMAN'S SORROW』クリア以降やストーリークリア後にでも目撃が可能に。

上記のミッション『ROMAN'S SORROW』クリア後、Romanの無料タクシーサービスを利用するとROMAN'S TAXIと入れ替わる。
色は灰色。残念ながらレアカラーではない。
ミッション『ROMAN'S SORROW』での障害につき、多額の火災保険金が支払われたとRomanがNikoに話している事から、そのお金で購入したものと思われる。

最終ミッションで登場する。ライトグレー/黒・ツートンのレアカラー。
2~3千万円近くするであろう高級車のCOGNOSCENTIを購入するとはアメリカンドリームを実現させた模様?
ストーリー中盤(アルゴンクインに移転し始めたころ)から、
トラブルがなくなり、ストーリー終盤では高級店や高級レストランを好むようになる彼だけあって実現させたのであろう。

Litte Jacob/リトル・ジェイコブ(ジェイコブ・ヒューズ)

imageプラグインエラー : ご指定のURLはサポートしていません。png, jpg, gif などの画像URLを指定してください。
ローマンの友人。
ジャマイカ系の黒人で仲良くなると格安で武器を移動販売してくれるようになる。
彼の話す言葉は聞き取りづらく、ニコがROMANに対して言うには「たまに何喋ってるかわからない時がある」らしい。
ミッションで大事な時にいつの間にか隣にいる・・・そんな存在。
例:ミッション『Paper Trail』にていつの間にかヘリの中でスタンバっている。
(U.L.Paperがジェイコブを雇ったと思われるが、どういう関連性があるかは不明)
その他に最終ミッションでニコを手助けして大活躍したのも彼である。
また、以外にも彼はLCでの顔が広いようで、メインミッションの至る所でちょこちょこと登場する。
例えば商売相手のエリザベータと口喧嘩をしていたり、ディミトリの存在を何故か知っている...など。(裏切るという事態まで予測しておりその予測は見事に的中)

ワインレッド/黒のツートンカラー。ちなみにレアカラーである。(というかこの車にツートンカラーはそもそも存在しない)
ミッション『CONCRETE JUNGLE』、『RUSSIAN REVOLUTION』で登場するほか、武器の移動販売で使用される。
武器販売の際で奪うときは、まずジェイコブが車に乗る前に殺す。鍵がかかっているので他の車両で駐車場スペースまで押す。
ちなみに武器の売買後にJacobが帰る際に同車のトランクを破壊し、覗いても中身はカラッポである。
これは同じポジションの2人(TLADでのテリーとTBoGTでのアルマンド)も同様。

Michelle/ミシェール

最初にニコが付き合うことになるガールフレンド。
後に政府に雇われニコを見張っていたこと、本当の名前がカレンであることが判明する。
薄いピンクのレアカラー。メインミッション『FIRST DATE』で使用する。
おそらく愛車ではなく、働いている政府機関から支給された車であろう。

Vladimir Glebov/ウラジミール・グレボフ(ブラッド)

ミカイルの元で働くファウスティン・ファミリーの下衆な下っ端の小物。
タクシー会社に現れてローマンを苦しめ、ニコはローマンの身を守るために彼の元で働くことになる。
大物ぶっているが、実際には末端の木端に過ぎない。
ニコを田舎者だの農民だのと侮蔑的に呼ぶため多くのプレイヤーからは憎まれていることだろう。
最終的にブラッドがローマンの恋人マロリーに手を出していることを知ると、ニコは彼を始末する。
メインミッション『CLEAN GETAWAY』のカットシーン及び、『UNCLE VLAD』で登場。ブラッドがこれに乗り逃走を図るが
道中の工事現場にいたBIFFと衝突、擱座し怒れるニコに処刑される。色は水色。

Ivan Bytchkov/イワン・ヴィチコフ

ロシア人の盗人。
ブラッドに脅されて止む無くローマンのタクシー会社に盗みに入る。
メインミッションの選択次第でランダムキャラクターとして再登場する。
ミッション『IVAN THE NOT SO TERRIBL』にのみ登場するレアカラー車。
余談だがチェイス中は無敵の為、ガラス越しに銃弾を撃ち込んでヘッドショットを決めようが、車にRPGを撃ち込んでも効果が無い。
途中出現する重量トラックであるYANKEEを奪って進路をふさいでも軽く吹き飛ばしてしまう。
以上の事からカーチェイス中に彼を殺すことは不可能である。

Mikhail Faustin/ミカイル・ファウスティン

imageプラグインエラー : ご指定のURLはサポートしていません。png, jpg, gif などの画像URLを指定してください。
環境の変化により、麻薬に溺れてしまった狂気のロシア人マフィアのボス。
イレーナとアンナいう名の妻子を持つが
妻に対しては頻繁に暴力を振るっているロクデナシのダメ亭主。
しかし、彼女曰く昔はやさしい人だったという。
色は不特定。ミカイル邸に1台固定出現する。
彼の死後、イレーナ母子が屋敷を引き払った後も出現する。
メインミッション『THE MASTER AND MOLOTOV』ではこの車で劇場に乗り付ける。黒色。

Dimitri Rascalov/ディミトリ・ラスカロフ

ファウスティンの右腕。理知的且つ穏健な性格(を装っており、本質は知り合いや親しくなった者を悉く裏切る外道)でニコと共に仕事をこなしていくのだが
その裏でレイ・ブルガーリンと組んでニコを裏切りローマンに危害を加える等
まさにIV本編の「吐き気を催す邪悪」と呼ぶに相応しい弩悪党である。
ファウスティン生存中にファウスティン邸にTURISMOと一緒に止まっている。
白のレアカラー車。

Brucie Kibbutz/ブルーシー・キボッツ

imageプラグインエラー : ご指定のURLはサポートしていません。png, jpg, gif などの画像URLを指定してください。
ローマンの友人。自動車の整備工場(ホームページ付き)を経営している。
胸部に“我”の刺青が入っており、筋肉自慢が癖。
常にハイテンションで明るくニコ達に接しているのだが、TBoGTでは本編では見られない一面を見ることに・・・
黒金マジョーラ/金のツートーンカラー。
美しいペイントで勿論レアカラーである。ボートライドで入手可能。
Search and Delete』のカットシーンで登場。
黒/黄のレアカラーだが残念ながら入手は出来ない。
ヘリライドの際に登場。
必ず女を2人乗せている。
ボートライドで登場。
必ず女を2人乗せている。

Lyle Rivas/ライル・リーバス

メインミッションSEARCH AND DELETEにおいたターゲットとなる人物。警察コンピュータに記録されている。
毎回ボディカラーは変わる。
中でもライムグリーンはレアカラー。
ミッション中、追跡して破壊しLyleを処刑する際登場。
手に入れるためには車を破壊せずボーハンまで追いかける。その後途端に減速するのでドライブバイなり何度か体当たりなりして引きずり出すべし。
登場するのはオーナーの死後となる。『EASY AS CAN BE』で登場。カラーはシルバー。稀にレアカラーの薄ピンク/薄緑だったりする。

Elizabeta Torres/エリザベータ・トーレス

imageプラグインエラー : ご指定のURLはサポートしていません。png, jpg, gif などの画像URLを指定してください。
10年間に渡ってLCのドラッグディーラーとして成功し続けている。
自身も薬に溺れており、若干気が狂っている。
色は白/紫のツートンでレアカラー。
メインミッション『HAVE A HEART』でのみ登場する。
『GTA3』のとあるミッションに出てきたMANANAを思い起こさせる。中に誰もいませんよ。

Playboy X/プレイボーイX(トレイ・スチュアート)

imageプラグインエラー : ご指定のURLはサポートしていません。png, jpg, gif などの画像URLを指定してください。
ドウェイン・フォージの元弟子だが、後にいざこざが出来ニコにドウェインの殺害を依頼する。
Algonquin北部に非常に豪華なマンションを所有している。
マンション前の駐車スペースにいつも止まっている。彼を殺害しなくても普通に入手できる。
色は黄色のレアカラー。

Patrick McReary/パトリック・マクレリー(パッキー)

マクレリー家の四男。
シスコン。
親密度が高くなると電話で自動車を爆破出来る機材を譲ってくれる。
imageプラグインエラー : ご指定のURLはサポートしていません。png, jpg, gif などの画像URLを指定してください。
『HARBORING A GRUDGE』などの彼の各ミッションで登場。
一部ミッションで登場。
TBoGTのミッション『Ladies' Night』で赤系のレアカラーもこれに乗っており、
ルイスとトニーのMAVERICKから知らぬまま後を尾けられることに。

Francis McReary/フランシス・マクレリー

imageプラグインエラー : ご指定のURLはサポートしていません。png, jpg, gif などの画像URLを指定してください。
マクレリー家の次男。デリックらとも血が繋がっている。後にデリックの殺害を依頼。
但し、選択によっては、逆にニコに殺される場合もある。
職業は、LCPDの警察官でアルゴンクイン・ウエストミンスターにある
パーガトリー警察署署長兼リバティー・シティー警察本部副本部長で、数年先には、市警本部長に昇進することが有力視されている。
部下である署員からの評判はよく、慕われているが内面は穢れきっている。
『BLOOD BROTHERS』のカットシーンで登場。
カラーはガンメタ。色的にはほぼ黒である。入手は出来ない。

Derrick McReary/デリック・マクレリー

imageプラグインエラー : ご指定のURLはサポートしていません。png, jpg, gif などの画像URLを指定してください。
マクレリー家の長男。
ミッション『BLOOD BROTHERS』の標的となり、選択によっては死亡。
ミッション『BABY SITTING』でキムが死んだ場合(失敗)に登場する。色は緑。

Ray Boccino/レイ・ボッチーノ

リトル・イタリーにあるイタリア料理店を営むイタリア系移民。
表向きはレストランのオーナーであるが裏の顔はマフィアのぺゴリノ・ファミリーの幹部でもある。
カラーは白。『PEST CONTROL』で登場。
彼以外にボディガードが3名乗車しており、ニコへ激しい攻撃をする。

Luca Silvestri/ ルカ・シルヴェストリ

リバティーシティーのゴミ清掃員兼ペゴリーノ・ファミリーの一員。
Rayからダイヤモンドの回収を依頼されニコと一緒に仕事をすることになる。
後にダイヤモンドを盗んでいたことが判明し、これに乗り逃走するも、事故を起こし、結局Nikoに殺されてしまう。
マジョーラ仕様のレアカラー。

Phil Bell/フィル・ベル

?plugin=ref&serial=3189
アイルランドとイタリア人のハーフで、LC五大幹部と呼ばれる5人のうちの1人。オールダニー・チューダーにある運送会社の社長でもある。
カラーはガンメタリック。各ミッションで開始地点に出現する。

Bernie Crane/バーニー・クレイン

imageプラグインエラー : ご指定のURLはサポートしていません。png, jpg, gif などの画像URLを指定してください。
所謂オカマ。
ニコが探している旧友2人のうち1人でLC在住の方。本当の名前はFlorian(フロリアン・クラヴィッチ)。
彼女(?)の部屋はピンクの壁紙と女々しい設備に溢れている。
厳密には彼女の所有物ではなく、彼女の彼氏の車。
彼女からのミッションを全て完了すると御礼としてプレゼントされる。
色はレアカラーのオレンジ/黄緑のマジョーラ。

Jummy Pegorino/ジミー・ペゴリーノ

imageプラグインエラー : ご指定のURLはサポートしていません。png, jpg, gif などの画像URLを指定してください。
大物マフィアのボス。ニコに宿敵ディミトリとの取引を命じる。
彼の豪邸に2台駐車されている他、『ONE LAST THING』でREVENGEを選択した場合は『MR&MRS BELLIC』で乗り付けてくる。
『PEGORINO'S PRIDE』で登場する。色はガンメタリック。
Pegorino's carという記述があるため彼の車であると考えられる。
『PAYBACK』で登場。LUXURY仕様のガンメタリック、ダークブルーなどがランダムで登場。


TLAD


Johnny Klebitz/ジョニー・クレビッツ

TLADの主人公。The Lost Motorcycle Club(ロストMC)のサブリーダー(Vice President)
通常仕様のストライプとは塗り分けが異なる特別仕様。
LCPDの無線では青扱いとなっている。
隠れ家の隣、ミッションなどでよく使用することになる。

Billy Grey/ビリー・グレイ

ロストMCのリーダー(President)。事あるごとにジョニーと反りが合わない為しょっちゅう対立している。
専用仕様の愛車。
イントロダクションから連続する2つ目のミッションでこれを取り返しに行く。

Jim Fitzgerald/ジム・フィッツジェラルド

ジョニーの先輩兼相棒。ロストMCの金庫番(Treasurer)
博物館ミッション「COLLECTOR'S ITEM 」でジムの横に登場。ホワイトリボンが無いレアモデル。
ギャングウォーではロスト仕様(赤リボン)に搭乗。
ミッション「Liberty City Choppers」にのみ登場し、バイクを4台載せることになる。

Terry Thorpe/テリー・ソープ

?plugin=ref&page=%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%BA%E7%89%A9%E4%B8%80%E8%A6%A7-Lost%20and%20damned-&file=Terry.jpg&w=200&h=141
ジョニーの仲間の一人。ロストMCの武器装備担当(Sergeant at Arms)
ブルーの特別仕様。
バックアップ(ミッションでの呼び出し含)やギャングウォーでこれに乗って登場する。
武器バン。チャラー
彼から武器を買う時には一緒に登場する。

Ashley Butler/アシュリー・バトラー

?plugin=ref&page=%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%BA%E7%89%A9%E4%B8%80%E8%A6%A7-Lost%20and%20damned-&file=Ashley.jpg&w=230&h=171
ジョニーの元カノ。ヤク中でファウスティン・ファミリーに多額の借金をしており、ジョニーがその肩代わりをすることに。ジョニーに「ヤクを止める」と約束をしては毎回破っているが、最終ミッション終了後はメールでのやりとりから薬物のリハビリ用施設に入り更生したはずだったが・・・

Clay Simons/クレイ・シモンズ

ジョニーの仲間の一人。ロストMCの車両担当(Road Captain)

ネイビーブルーの特別仕様。
バックアップ(ミッションでの呼び出し含)やギャングウォーでこれに乗って登場する。
正確には彼の部下が搭乗している物。
ジョニーが彼にバイクの調達を依頼した後、一緒に登場する。
クレイがバイクを届けた後はコレの後ろに乗って退出する。

Brian Jeremy/ブライアン・ジェレミー

ロストMCのクラブハウスの守衛責任者(Club Secretary until)。ビリーのゴマを擦る豚野郎。
茶色/金の特別仕様。
ミッションで抹殺するか、ランダムキャラクターミッション開始前に奪う事が出来る。

Jason Michaels/ジェイソン・マイケルズ

?plugin=ref&page=%E7%99%BB%E5%A0%B4%E4%BA%BA%E7%89%A9%E4%B8%80%E8%A6%A7-Lost%20and%20damned-&file=Malc.jpg&w=250&h=189
ロストMCの執行者(Enforcer)開始して直ぐに死んでしまう。
本編『NO LOVE LOST』ではロスト仕様(赤リボン)に乗っている。
ニコの猛追を受け、死亡する。
紫マジョーラの特別仕様。
欲しかったら早めに入手すること。

Malc/マルク

ジムの知り合いでアルゴンクインにあるバイカー集団
Uptown Riders(アップタウン・ライダーズ)のメンバー。
エリザベータのミッション関係で彼と共にこなすことになる。
彼の愛車。DOUBLE Tをカスタムした特別仕様。一部ミッションなどで使用する。
ミッション『ROMAN'S HOLIDAY』でローマンを攫う時に用意したもの。
運転はジョニーがやることに。

DeSean/デショーン

アップタウン・ライダーズの一員でマルクの相棒。
彼の愛車。HAKUCHOUをカスタムした特別仕様。DOUBLE T CUSTOMと同じく一部ミッションなどで使用する。

Jimmy Matthews&Ed McCornish/ジミー・マシューズ&エド・マコーニッシュ

FIBの汚職警官。前作SAの吐き気を催す邪悪(C.R.A.S.H)の流れを組むキャラ。だがしかし…

クズだが一応FIBの捜査官であるためこれに搭乗。その他の増援もこれに乗って駆け付けるも…


TBOGT


Luis "Fernando" Lopez /ルイス・フェルナンド・ロペス


Anthony "Gay Tony" Prince/アントニー・プリンス(ゲイ・トニー)

imageプラグインエラー : ご指定のURLはサポートしていません。png, jpg, gif などの画像URLを指定してください。
ルイスの相棒にしてボス。だが精神不安定。
名前の通り「ゲイ」である。
日本版EFLCでは何故かオカマ口調。

ミッションやクラブマネジメントなどで登場する。
黒塗りの特別仕様。
ミッション「...BLOG THIS!」でセレビネーター(セレなんとかさん)に灸を据えるために使用。
ミッション中に当機はユセフから借用したことが言及されている。
クラブマネジメントにも出現するがこちらはユセフから借りたのかは不明。

Yusuf Amir/ユセフ・アミール

?plugin=ref&serial=3246
アラブの富豪。
気風のいい性格なのだが少々口が悪いのが難点。成金趣味である他、
センスは常人から少しばかりズレている。
謙虚な父親からは残念な子として見られている。

ミッションで乗るほか、ユスフのミッションを全て終わらせた後には彼のマンションの前に駐車される。天候等の条件により3種類ほどある。
カラーリングはユセフの趣味で真っ金々である。
ミッション『CAUGHT WITH YOUR PANTS DOWN』でスタージャンクションのど真ん中に当機で乗り付けてくる。
ルイスはこの機の中でADVANCED SNIPERを用いてN.O.O.S.Eの装甲車の奪取を試みる。
ミッション『FOR THE MAN WHO HAS EVERYTHING』で彼が地下鉄の先頭車を回収すべく乗っている。
恐らくミッション『CAUGHT WITH YOUR PANTS DOWN』 でWhat is that holding the tank? I must have one(戦車をぶら下げているアレはなんだ? 俺、アレも欲しい)と発言していることからミッション終了後に購入したものと思われる。
ちなみに入手方法はとんでもなくめんどくさい。
最終ミッション『DEPARTURE TIME 』で空港への道を急ぐルイスを援護すべく当機を駆って助太刀に現れる。
その他、3人の主人公が一斉に会する博物館ミッション『NOT SO FAST』で
ルイスが彼から当機を拝借してリバトニアン博物館の取引現場を襲撃したほか、追手のLCPDと大立ち回りを演じた。
TBoGTメインミッションをすべてクリアするとアルゴンクイン西部のヘリポートに
SWIFTと入れ替わりで当機が固定出現するようになる。
カラーリングはSUPER DROP DIAMOND同様真っ金々。

Mori Kibbutz/モーリ・キボッツ

?plugin=ref&serial=2956
ブルーシーの兄。
身体優秀で頭脳明晰なのだが尊大且つ傲慢な性格でジャイアニスト。しかもチビ。
ミッションで登場。赤桃色のレアカラー。

Ray Bulgarin/レイ・ブルガーリン

?plugin=ref&serial=3245
外道且つ卑劣な露助。
「紛争ダイヤモンド」の持ち主の悪徳ロシアンマフィア。
ある意味Ⅳ全体の諸悪の根源ともいえる存在で複数の主人公と敵対している。
ミッションGOING DEEPで登場。
最終ミッションで登場するコイツの棺桶である。

Armando Torres/アルマンド・トーレス(マンド)

?plugin=ref&serial=2657
ルイスの友人その1
お調子者の方とも。
武器バン。チェッケラー
彼から武器を買う時には一緒に登場する。
他にもドラッグウォーやミッション「CORNER KIDS」や「CLOCKING OFF」で乗ることになる。

Henrique Bardas/エンリケ・バルダス(リケ)

?plugin=ref&serial=2658
ルイスの友人その2。
お気楽でおバカの方とも。
車の配達の時(殆ど協力してくれないが)に乗ってくる。
何気に特別仕様である。
メインミッションCORNER KIDS でマンドのCAVALCADEを御釈迦にしてミッションを失敗するとカットシーンでこれに乗っている。

Rocco Pelosi /ロッコ・ペロッシ

?plugin=ref&serial=3243
アンチェロッティファミリーの構成員。イタリア系。
アンチェロッティから借金をしているトニーを利用して、ルイスやトニーに無茶な要求をしてくる。今作品において、ストーリーを大事にする一番の元凶。
物語終盤、トニーとルイスとでわけあって顔を合わせるのだがロシアンマフィアがクラブに攻めてくるのを知ったトニーは彼を逃がす。
彼はリバティーシティを離れ、「5」の舞台であるサンアンドレアス州に移るのだが・・・

Vincenzo "Vince" Pelosi/ヴィンチェンゾ(ヴィンス)・ペロッシ

?plugin=ref&serial=3244
ヴィンチェンゾ・ペロッシ、通称:ヴィンスはアンチェロッティファミリーの構成員でロッコの伯父。ロッコと共によく行動している。

Santo/サント

LCに住む小物の高利貸し
ルイスの母であるアドリアーナの借金完済の為にルイスをLCケージファイトへといざなうものの…
100%クリアした後は弾薬補充のために多くのプレイヤーに射殺されることに(彼の登場するミッションMomma's Boyをクリアすると何故か所持弾薬が2倍になるため)
よっぽどの事がない限りミッション失敗になることが無いので知らない方が多いと思われるが、リングに入る前にミッションを失敗(ルイスが死亡したりパクられたりサントが死亡する場合は除外)すると次のカットシーンでこの車に乗っている。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。