芥辺境藩国@wiki

防御1

最終更新:

gedo

- view
メンバー限定 登録/ログイン
大熊座
「敵が突撃してくるぞ! 各自自分の身を守れ!!」
指揮官である荒川が叫ぶ。
数十メートル先にいる敵が怒涛の勢いで接近してきている。
この程度の部隊規模では相手にする価値がないといわんばかりの勢いだ。
「猫士猟兵は夢幻操者のカバーも忘れるな!」
その声に戦闘経験の少ないメンバーは慌てて夢幻操者のそばによる。
「チクショウ! いったい何なんだあいつらは!?」
部隊の中で一番経験の少ない如月一司が叫ぶ。

如月一司は内心この場から逃げ出したかった。
黒オーマどもにはなんで白兵戦しか有効ではないんだ。
猫は間接攻撃こそがメインだろ。
それにあの数。中隊にも満たないこちらじゃあっという間に全員殺されるんじゃないか。
それならいっそ逃げてもいいんじゃないか。ここで死ぬよりは……。
いやここで逃げたら……。でもやっぱり……。
思考が嫌なほうへと流れていく。

「しっかりしなさい!! ここで逃げて一体何を守れるというのです!!!!」
そのときである。大声が聞こえた。
その声は松林ぼたんのものあった。松林ぼたんは歴戦の兵であり,戦いに赴いた猫士猟兵のなかでは一番戦闘経験が豊富であった。
勝ち戦も負け戦も体験している。

そして松林ぼたんは部隊に流れる嫌な雰囲気を感じ取っていた。
如月一司は知らなかったがこのような考えをしていたのは他にも数人いた。
もし誰かが逃げ出していたのならば部隊は崩れていただろう。

「我らは自由の旗に集いしもの。自由は戦い,勝ち取ってこそ守れるのです。」
「怖いと思うことは恥ではありません。当たり前のことです。」
「しかしその怖さを乗り越えなければ自由や仲間の命すら守れません。」
「怖いというのなら傍にいる誰かを守りなさい。誰かのために戦いなさい!」
「それが自由を守る一歩となります!!」

「「「了解!!」」」
如月一司はその声に応えた。如月一司だけでなく数人が応えていた。

その声を聞いて如月一司は自分を恥じた。
やっぱり怖かったのは自分だけではなかったんだな。
しかし自分は一体何を考えていたんだ。ここで逃げて何になる。勝ち取ってこその自由じゃないか。
くそ,戦い,守ってやる! そして終わった後に自由を満喫してやる!!

敵を見据える。わずか数メートル先にいた。
「全員しっかり生き残れよ! 反撃の機会は必ず来る!!」
最後に荒川が叫んだ。





地獄の白兵戦が始まった。