立ち回り

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

立ち回り補足

通常技のリーチがそこそこあり弾持ちで対空が強め、優秀な突進技もあるので苦手な距離はあまりない。
そのため、距離調整で焦ったりしなくてもある程度は大丈夫。
やや通常技のリーチがものたりないくらい。
相手キャラによって立ち回りを変えられる器用なところもあるので、1つの戦い方に固執せず柔軟に戦っていきましょう。


遠距離

基本はオービターを撒きながら様子見。たまにBスケアを混ぜたりするのも良い。
ただしメルカヴァやユズリハには簡単に咎められるので気をつけること。
もし相手が焦って空中アサルト等で飛んでくるなら3Cできっちり対空をとる。
相打ちはこっちがおいしいので恐れずに。

こっちから攻めたい場合はAオービターを盾にDCをぶっこむ。
その時垂直ジャンプを置かれてると大変なことになるのでしっかり画面は見るように。

この距離は多くのキャラ相手に有利に動けるので上手く立ち回っていこう。


中距離

だいたい5B先端から3B先端くらい。オリエのスラストをガードした後とかこの距離。
少し動きにくい。ハイドよりリーチのあるキャラは多く、やや立ち回りにくい。
飛びに気をつけつつ3BやDCなどを差しこんでいきたい。シールドやバクステでこの距離からとっとと離してしまうのも良い。
強気にいくならダッシュ投げや地上アサルトで飛び込み。
ただ、あくまでも裏の選択肢なのでほどほどにしておこう。

飛びに関する補足としてハイドは空対空でかち合うと弱く、一方的に負けることもザラ。
そのためこちらから積極的に飛ぶことはせず、相手の動きを見極めながら動いていきましょう。

中距離を制することができたら勝利は近いぞ!


近距離

2Aや5Bを主軸に立ち回っていく。飛び込みではJBが有効。
固めや崩しに関しては別ページの固め・崩しを見てくださいね。
攻め継続が苦しくなったらバクステ等で素直に立ち回りに戻すのもあり。
ゲージがあるなら236Cや22Cで固めを続けていこう。

攻められているときはCSがあるならCS確認昇竜など、割り込みを狙っていく。
それ以外はシールド>3Bなどで切り返しを狙う。


追記求む!
最終更新:2012年10月19日 22:56
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。