※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

※前verのものを記載してます。
現ver(Exe:Late)に対応していないものもあるかもしれませんのでご注意下さい。




【通常技】

系統 ダメージ 発生//F 解説
5A 180 下段。ガードさせて微不利?←要検証。5C等の隙消しにも使われる。
リーチが短いこととA連コンボの関係で刻み辛いのがネック。空中ヒット時下ベクトル
2A 140 柄の部分で突く上段技。打点が高いので一部下段透かし系の技に当てられるのが強み
6A(特) 580 斜め上を切り払う。A技でダメージが高くリーチと発生は割と優秀だが、
早出しの対空としては心もとない。
これら「双月一刀流抜刀術壱之型:(きり)」を含め、
6入力の特殊技は必殺技以上でしかキャンセルがかからない
JA 140 エルボードロップ。判定が着地まで出っぱなしで、弱いながらもめくり判定も持つ
J6A(特) 580 空中版6A。「桐」系の技。出した際にその場に少し停滞する。
ユズリハ唯一の上方向に判定のある空中技
5B 525 上段斬り。これを含め通常技の抜刀技は鞘に刀を収めるまでが
一連のモーションなので、すかした場合の隙は極大。
判定自体は自分を覆うように出る上、リーチもそれなりなため頼れる技。
先端ヒットだとCが当たらないので注意
2B 450 柄を低く払う下段技。ガードさせて5分?←要検証。
2Aより若干長い程度のリーチなので、他の技との使い分けが必要。
B以上の通常技で最も全体モーションが小さい
6B(特) 580 真横を切り払う。「桐」系の技。Bよりも判定が横に長いので、牽制としては優秀。
JB 398 真横を切る。GGXXのジョニーJSみたいな技で、横方向へのリーチがかなり長い。
反面下方向へは全くない
J6B(特) 580 空中版6B。「桐」系の技。硬直が咲より短いのを利用して釣りや、コンボパーツ等
4B(特) 740
1050(当身成功)
羽織を横に払う。当身判定を持ち、上中段なら飛び道具でも取る。
取った場合は特殊演出に入ってダメージ増大、追撃が確定。
ただし当身判定の発生が遅く、ヒットガード問わずにキャンセルが
かからない上にガードされたら反確なので注意
ダッシュB(DB) 720 Bと全く同じモーションで斬り下ろす。キャンセル不能、空中ヒット時叩きつけ
(カウンター時は確定ダウンで追い討ち可能)
5C 680 上を切り払う。上方向への判定が非常に強く、早だしの対空として機能しやすい。
反面横方向へのリーチはそれなり
2C 673(315・358) リーチの長い下段斬り。二段技で前進するので、ユズリハの
パッシングリンク構成上すかることは無い。隙はかなりでかいので注意
4C(特) 1040(260×4) 羽織を下から上に払う。ヒット時浮かせ効果を持つ多段技。
ガードされた場合特殊技以上でなければキャンセル不可能で、ノーキャンセルだと反確
6C(特) 580 下段を切り払う。「桐」系の技。見た目通りの下段で、2C先端ガード時でも届くので
非常に固めやコンボ繋ぎに優秀
JC 498 JBとほぼ同等のリーチを持つ。こちらのほうが若干下方向に判定がある
J2C 420 ほぼ真下を切る。ユズリハのジャンプ攻撃で唯一下方向に強い技。
飛び込みの要。空中ヒット時下ベクトル
相手が端でしゃがんでいるときにめりこんで当てようとするとスカる。
真下の攻撃判定が薄い模様。
溜めJ2C(特) 710 タイミングがズラせるJ2C。アサルトからの空かし等に使える。
最大溜めを空中の相手に当てると、叩きつけダウン
J6C(特) 580 空中版6C。「桐」系の技。おそらく6系統の牽制では最も使う技。
J6C>A咲>B咲等下方向にいやらしいことができる
ダッシュC(DC) 760(240・520) 飛び蹴り>後ろに下がりながら空中抜刀という二段技。
ヒット時叩きつけを誘発し、空中必殺技でキャンセルが可能。補正も緩く、頼りになる。
ただし、しゃがんでいる相手には二段目があたらず、場合によっては反確なのに注意
投げ 950 唯一の何処でも追撃できる投げ。
投げ演出で相手が崩れるので何を当てても初段で浮く。威力も高いが補正は結構重い

※★マーク付きの技に関しては、ボタン押しっぱなしで威気静心之構に移行可能。


更新履歴
2014/8/25
ダメージと5A,2Bの欄の更新をしました。
2014/0914
J2Cの昇り中段といった文言を削除
最終更新:2014年09月14日 08:28