魔法生神論

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔法生神論(Werlfurp'i lex laozia tonirera/WLT)とは、紀元前までにADLPによって提唱されていたWP理論の一つ。WPは神に作られたものでありそれを定義することは理論化することは不可能で、信心によってのみその力を強力、正確にできると言う理論。

歴史

魔法生神論はADLPが興るより前に存在しておりリパラオネ教で神の力を授けられた者ということになっていた。それが分る証拠としてラネーメ祖語*jenlyake(Kertni'ar)の語源はラネーミャン・シアン語 *jen (tonir)と *luake(anfi'e)である。ケートニアーが多いラネーメ族において重要な人物であり神に近い普通の人間とは違う能力を使えるために上流階級にいたのと共に古代では自分達が神に近い選民であることを信仰していた。一方、リパラオネ教を信仰するリパラオネ人などの共同体ではウェールフープ可能化効果があり、薬物的効果で酩酊状態となるサームカールト酒を飲みまくっていたためケートニアーでもネートニアーでもウェールフープができ、ウェールフープが出来る出来ないの基準が発動の慣れになったため、結局のところその慣れは精神論的なところに導かれて、精神の規範となった宗教の世界記述に影響されるようになった。

ネートニアーの権利向上闘争との関係

ネートニアーの権利向上闘争が始まるのはADLP以降である。これはそれまでのウェールフープ学が魔法神生論的であったからということも関係している。ウェールフープ学的思想の転換とユリーと呼ばれる教育制度に代表されるADLPの教育の拡充が人々の意識を変革させた結果であった。常用とてサームカールト酒というものがあり、究極にはネートニアーだってサームカールトなりを服用すればウェールフープはできたのであり、ケートニアーもネートニアーも解剖学が発達しない限りには判明しないはずだし、昔の人はそもそもケートニアー、ネートニアーの区別がなかったのではないかもしれない。
最終更新:2017年06月08日 00:10