WP圧理論

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

WP圧理論とはSkarna.ivaneが考案したWP理論の一つ

経緯

メタニュイ問題を解決するには、Ny管だけではない他の例が必要であった。ここでイヴァネは白銀製の循環型Ny管を縦方向に二分し隙間を空けて固定したイヴァネ管を用意し90%酸素を循環させた。すると、微笑ではあるが周囲のWP場の変化が確認された。次に内容物を%90ラドンを通し観察を行うとWP誘導がイヴァネ管を中心に強くなっていることが確認された。ここから、ウェールフープ線を出すには管である必要がないと証明された。

板間実験

次にイヴァネは白金製の板の間に90%ラドンを通過させた。通過させた板のラドン接触面から板と板のラドン接触中心面に向けてWP引力が発生しており、ラドン非接触面のWP引力は板表面に発生していた。
最終更新:2014年11月18日 21:20