ウェールフーポ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウェールフーポ(理:Werlfurpo)とはWP学の基本的概念の一つ。WPoとも。


概要


ウェールフーポはウェールフープという現象が発生する要因の基本である。この概念は古代WP学から引き継がれておりウェールフープの基本概念を支えている。このエネルギーはユナ量という物体に決められた量だけ入ることができそれを超えた物体はウェールフーポを排出し、それを下回った物体はウェールフーポを吸収している。サード学ではウェル式でWPという記号を利用し、フォース学ウェールフープ式では"<Ms Wpn=A>(rG)</Ms>"や"<Ms Wpo%=A>rG</Ms>"を利用する。S.H.K WP理論ではウェールフーポを粒子として扱い、質量を持つとする。
最終更新:2015年04月13日 01:49