モーニ失調

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

モーニ失調(理:morninerfeadils)とは、ケートニアーの人体内で構成されたモーニがなんらかの影響で人体に影響を及ぼす病状である。

概要

モーニ失調の症状は自己治癒能力低下、ウェールフープ実力の悪化、ヴェアフェルツの亢進などに上げられる。原因としては造モーニ体の破壊、送モーニ血管の破壊とともにウェールフーポの操作障害など多岐に渡っている。原因究明に際しては固有ウェールフープ学的魔法制限値の即時測定によって行う。見えかけ上完全にウェールフープが出来なくなりウェールフープ死に見える場合も在るが発モーニ体との管が切れたのみで自己治癒能力がまだあればそれはモーニ失調と認めることが出来る。
最終更新:2015年04月14日 14:32