ツンデレのジンクス


最近、交流雑談所において発見され話題になった新たなパロロワの法則
原作やロワ本編において、俗にいう『ツンデレ』もしくはそれに類する属性を持ったキャラは『ロワ本編で不幸な運命に巡り合いやすい』というもの。
(以下、反転するとネタバレ)
ラノロワシャナに端を発し、アニロワルイズ翠星石スパロワゼオラギャルゲロワ芙蓉楓などがその定型例である。


大雑把に分析すると、このジンクスにかかったキャラには以下のようなケースが発生し易い。

  • ツンデレ対象のキャラが死亡する。
  • 上記などにより精神が崩壊して発狂マーダー化する。
  • 同行者がいた場合、その者が不幸な目に遭う。
  • 探している者がいた場合、(高い確率で)その対象は死亡する、もしくは死亡している。
  • 大激戦、鬱展開などに巻き込まれる。及び、それによって悲惨な最期を遂げる。


類似法則に、くぎみーキャラのジンクス、聖上クオリティなどがある。


くぎみーキャラのジンクス


ツンデレのジンクスと似て非なる法則。
上記のシャナルイズジャンプロワLSロワ神楽など『声優の釘宮理恵(くぎみー)が声を担当する(担当した)キャラは、なぜか序盤で死亡したり、ロワ本編で不幸な運命に巡り合いやすい』というもの。
……しかし、これはくぎみーが『ツンデレ声優』という通称で呼ばれ親しまれている通り、ツンデレキャラの声を担当することが多いゆえにしょうがないのではないかという気もする。


しかし、これらのジンクスは必ずしも100%起こりうるとは限らない。
現に、ハカロワ3メインルートの湯浅皐月のように『声優がくぎみーでしかもツンデレ』というキャラでありながらも最後までこのジンクスに極力引っかからず、なおかつロワから生還を果たしたキャラも存在する。
また、漫画ロワにいたっては、くぎみーキャラが三人も居たにも拘らず全員熱く壮絶な死を遂げ、誰一人としてこのジンクスに嵌らなかったと言う反逆ぶりを見せた


ちなみにジンクスとは関係ないが、くぎみーキャラはマーダー要素が多いキャラ(例えば、ロワ参加経験のあるキャラなら、『灼眼のシャナ』のシャナ、『武装錬金』のヴィクトリア、『アカイイト』の若杉葛等)含めても、何故かマーダー化する率が非常に少なく、
初登場SSでマーダー化するキャラに関しては現時点では0という結果になっている。


聖上クオリティ


これも上記のジンクスと似て非なるもの。
Leafのアダルトゲーム、およびそれを原作としたアニメ作品『うたわれるもの』の主人公ハクオロになぜか(←ここが重要)起きてしまうジンクスである。
その内容は『ハクオロはパロロワで登場するたびにロワ序盤に女子高生キャラに殺害される』というものである。

実際に、ハクオロは現在まで(カオスロワを除いて)ハカロワIIアニロワギャルゲロワと3つのロワで参加者として登場しているが、そのうちの2つ、ハカロワIIでは上月澪に、アニロワでは朝倉涼子に序盤であっさりと殺害された。
殺害したのがどちらも女子高生キャラで、しかもどちらも死んだ時の模写がかなりあっさりとした死にっぷり』というそんな偶然から交流雑談所やアニロワの感想雑談スレなどで話題になり、いつしか『うたわれるもの』が参加しているパロロワでは女子高生キャラ(特にハクオロの近くにいるマーダー)のことを『聖上キラー(聖上殺し)』などと呼ぶようになった。

ギャルゲロワでは「三度目の正直」とばかりに現在のところ(なんとか)生存しているが、このジンクスの影響なのか『全参加者中一番の死亡フラグをもっている(すでにその死亡フラグの数は二桁を超えている)不幸キャラ』という状態である。
……もはや、頑張ってとしか言いようがない。
しかし、中盤以降死亡フラグが殆ど折れた上に生存フラグまで転がり込んできて、逆に「まだ死なないの?」という状態に入りつつある。聖上カワイソス。
そして、つい先日投下された最新話において女子高生キャラクターである川澄舞に葬られたことにより、聖上クオリティにまた新たな歴史を刻むことになった。とはいえ、今回は終盤まで生存していたが。

最近では、参加者がかなりカオスなオールロワにいた『あの作品のキャラがルイズに召喚されました』のハクオロもまた、第1放送直後に女子高生キャラ赤根沢玲子に殺害されている。このハクオロはかなりカッコいい死に方ではあったが。ちなみにハクオロにとどめをさした凶器はチェーンソーである。

追記 ○ロワにて、誤解&支給品の暴走によりまたも女子高生キャラである伊波まひるに殺害されてしまった聖上。……まだまだ聖上クオリティは止まらないようだ。


柊かがみ伝説


『らき☆すた』のメインキャラクターの一人、柊かがみは漫画ロワアニロワ2ndカオスロワそしてニコロワに出場し、以下のようなツンデレのジンクスを発動した。

  • アニ2nd→破壊されつくした妹の死体を発見、不死になったがため自殺もできない、現在るるるのルイズフラグを順調に立てまくっている。
  • 漫画→友達の死を空気読めないKOOLにこれでもかと叩きつけられ暴走中。このまま行けばガソリンタンク密集地へGO! 全裸で
  • カオス→首だけになってどんどん道を踏み外し、ついにはるるるのルイズどころではないレベルの完全な外道キャラにまつり上げられる。
  • ニコニコ→ささいな口喧嘩であっけなく死亡

何よりもすごい点は、これが全部一週間以内に起こったジンクスの同時多発になったことである。
ちなみに、あっけなく死亡したニコロワを除いて現在も不幸街道一直線であるあたり、ひたすらに悲惨である。

ちなみにそのニコロワでも彼女の死の影響により平和だったメンバーが分散し、

  • 一人は暴走から一人をつき落とす。さらに仲間がもう一人転落しそれを別の仲間が追う。その後、彼は事故死。しかもかなりグロい死に様
  • 事故で落ちた者とそれを追った者は遭難
  • それらの発端となった妹はおかしくなったあげく仇の参加者を手駒として捕獲
  • 元の場所での仲間による説得も功を成さずマーダーから救ってくれた恩人を射殺
  • さらにもう一人の片腕を爆破しマーダー街道まっしぐら

と残された者達にまでとんでもない不幸をばらまく有様である。

さらになのはロワにおいても、『錯乱していたところを救ってくれたエリオが、支給された王蛇のカードデッキによって現れたベノスネーカーに食われてしまう』、『その場に居合わせたなのはに支給されたデルタギアを使ったことで、殺意に支配されて暴走してしまう』と、順調に不幸街道をひた走っている。

多ジャンルバトルロワイアルでも何故か開始位置が会場上空だったり、最初に遭遇したミハエルに殺されかけたりと不幸の連続だったが、それらも親友である泉こなたに殺される(本人に悪気無し)という最大の不幸に比べれば霞んでしまうだろう。


魔法少女リリカルカワイソス


出典元が複数に及ぶロワ(いわゆるクロスオーバータイプのロワ)企画で、アニメ『魔法少女リリカルなのはシリーズ』に登場するキャラに発生する「親友、または同僚が死ぬ瞬間に立ち会う確率が非常に高い」というジンクス。

実際に上記のジンクスが発動したのはアニロワアニロワ2ndLSロワの三つ。
最初にこの現象が起きたのはアニロワのフェイトで、『目の前で高町なのはの首を噛み千切られる瞬間を目撃してしまう』という展開であり、ロワ本編中に起きた他の様々な不幸も合わせてカワイソスクイーンとまで呼ばれる始末であった。
特に悲惨なのがLSロワの高町なのはで、『フェイトの遺体を埋葬した後に、マーダーに向けて放った攻撃が突如ワープしてきた八神はやてに直撃して殺してしまう』という展開により、LSロワ内でのクイーン・オブ・カワイソスの名を欲しいままにしてたりする。
更に上記の攻撃時には本命の強マーダーには攻撃は当たらず、それどころか『誤射で対主催の摂津のきり丸と才賀勝を一瞬で消滅させてしまう』事に。
LSロワにおいて、殺害数7名とぶっちぎり、下手なマーダーを歯牙にも欠けない悪魔だった。

ちなみに、同作品で同じくLSロワの参加者にアリサという、くぎみー声でツンデレ気味なキャラがいる。
彼女はこれら複数のジンクスに負けず、無事に親友と合流し、ギャグ要因も担当する余裕をみせていたのだが、最新話において『八神はやてと共に高町なのはの所にワープするが、目の前でなのはにはやてを殺されてしまう』。
……現実は非情である。

意外にもなのはロワにおいては、このジンクスはあまり発生していない。せいぜい『八神はやてを庇ったシグナムが死亡してしまう』程度である。



関連項目




|