iTunes for Mac まとめ

Tips

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集

Tips


LAME(mp3エンコーダ)を導入する

LAME MP3 Encoder(The LAME Project 本家サイト/英語)

LAMEをインストールする : ターミナルを使う場合

  1. 上記リンク先からLAMEのソースファイルをダウンロードする。
  2. ダウンロードしたファイルをホームディレクトリに置く。
  3. Terminal.appを起動し、以下のように叩く。(LAME 3.98の場合)
% cd /
% tar xzf lame-398.tar.gz
% cd lame-398
% ./configure
% make
% sudo make install
% rehash
# shやbashを使っている場合はrehashは要らない(存在しない)

LAMEをインストールする : インストーラパッケージを使う場合


iTunesでLAME(iTunesのmp3エンコード品質は悪いのでLAME使用を推奨)

iTunesのスクリプトメニューから手軽にLAMEエンコードできます。
  • iTunes-LAME Encoder(英語)[Blacktree
    (すぐダウンロードしたい人はこちら

iTunes-LAME インストール方法

  1. 上記リンク先からダウンロードし、解凍する
  2. iTunes-LAME.appを /Library/iTunes/Scripts/ か ~/Library/iTunes/Scripts/ に置く
  3. iTunesを起動するとスクリプトメニューに「Import with LAME...」と表示されます。表示されなかったら次項参照。

iTunesのスクリプトメニューにiTunes-LAMEが表示されない件

iTunes 7.3以降のBugもしくは仕様です。以下の方法で表示されるようになります。

  1. iTunes-LAME.appをcontrol+クリックして「パッケージの内容を表示」を選択
  2. Contents/Resources/Import with LAME....scptのエイリアスを作る
  3. 作成したエイリアスを /Library/iTunes/Scripts/ か ~/Library/iTunes/Scripts(iTunes-LAME.appと同じフォルダ)に置く
  4. (゚д゚)ウマー

PPC最適化版LAMEをiTunes-LAMEに導入する

Pantherの場合は特に推奨。G4、G5でもかなり速くなります。
iTunes-LAMEが起動していたら終了させてから行うこと。

  1. 下記リンク先からLAMEバイナリをダウンロード、解凍する
    AltiVec accelerated LAME binary for Mac OS X
  2. iTunes-LAME.appをcontrol+クリックして「パッケージの内容を表示」を選択
  3. Contents/Resources/にあるlameと解凍したファイルに入っていたlameを入れ替える
  4. (゚д゚)ウマー


QuickTime Player で直接 LAME MP3 エンコードを可能に(要Proキー)

http://www.pyehouse.com/lynn/lamework.php(フリー)
Component を ~ / Library / QuickTime へ、Framework を ~ / Library / Frameworks に入れる
QuickTime Player の「書き出し...」で LAME MP3 を選択。*XviD_Codec を入れてると書き出し出来なくなることがある。


ID3 タグ、日本語の互換性問題 (文字化けについて)



iTunes で Ogg を再生

http://qtcomponents.sourceforge.net/ (英語/フリー)
OggVorbis.component を ~ / Library / QuickTime に入れる。
QuickTime コンポーネントだが、iTunes は QuickTime 依存なので、これで OggVorbis を再生できる。もちろん QuickTime Player でも再生可能。QuickTime Pro なら OggVorbis に書き出しも可能。ただし、iPod への転送は不可。*XviD_Codec を入れてると書き出し出来なくなることがある。*Tiger で無効になるという報告あり。

http://zskl.zsk.p.lodz.pl/~skali/oggvorbis.html (英語/フリー)
QTComponents フォーラムの神によって、Tiger・QuickTime 7 暫定対応版がリリースされた。VorbisComment の一部が iTunes でも表示されるようになったなど、改良点も多い。

BPM を調べる

iTunes-BPM Inspector(英語/フリー)
インストール後、iTunes のスクリプトメニューから実行可能。曲に合わせてクリックし、その間隔で BPM を割り出す。(1曲ずつは面倒だが仕方がない)
iTunes の表示オプションで「ビート」にチェックを入れておく。反映されているか確認できる。

Tips (from macosxhints)

iTunes4.5 から、アルバム名などの横に iTMS へのショートカット矢印が追加された。
矢印を option + クリックで、ライブラリのブラウズ表示にジャンプする。(アーティストの矢印を option + クリックで、ライブラリ内にあるそのアーティストの曲を瞬時にブラウズといった具合。)
option を押さずに通常クリックでブラウズ表示にジャンプするようにするには、ターミナルを起動して、以下のコマンドを入力。
defaults write com.apple.iTunes invertStoreLinks -bool YES  
   (逆に option + クリックが iTMS へのリンクになる。)

   元に戻すには
defaults write com.apple.iTunes invertStoreLinks -bool NO  

波形編集ソフト

  • spwave
    フリーウェア:OS 8.1-9.x / OS X , Win , Linux / Unix
    無制限Undo/Redo可能、信頼度の高い定番ソフト。mp3ファイルを扱うには、同サイトにあるspMpeg pluginのインストールが必要。サイト左フレームの「アーカイブ」から全てダウンロード出来る。

  • Wave Editor TWE
    フリーウェア:OS 8.0-9.2.2 / OS X Classic環境 , Win
    YAMAHA製の超シンプルエディタ。読み込み可能なファイル形式はWAVE・AIFF・SDIIのみなので、CDの素材を編集する場合は上記3種に変換するか直接録音しなければならない。

  • Audacity
    オープンソースフリーウェア:OS X PPC / intel , Win , Linux / Unix ※OS 9はver.1.0.0でサポート終了。ダウンロードは可能
    進化を続ける高機能オーディオエディタ。マルチトラックレコーディングも余裕。mp3ファイルを扱うには、別途libmp3lame.soまたはLameLibのインストールが必要。参照。また、Audacity VST EnablerをインストールすることでVSTプラグインも使用可能。

  • SPARK ME
    フリーウェア:OS X※配布終了
    T.C.Electronic社が無償で配布していた、製品版と言ってもおかしくないほどのソフト。製品版も販売終了となり、今も嘆くユーザーは多い。

  • Adobe Soundbooth CS3 beta
    無料ベータ版 2007年8月8日まで / 製品版予定価格199$:OS 10.4.x-10.5.x /intel-based , Win


その他



  • Sofa をお探しの方
    ttp://web.archive.org/web/20040301145536/sofa.ambitiouslemon.com/files/release/Sofa.dmg.sitx
記事メニュー
人気記事ランキング
最近更新されたページ