携帯・PHS関連@Wiki

エリアシュリンクとは

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集
エリアシュリンク【area shrink】とは

「シュリンク」とは「縮む」を意味する言葉。


CDMA携帯電話において、1つの基地局に収容される端末数が多くなると、
輻輳を防ぐために自動的に基地局の出力を下げ、端末収容数の削減を図る。

これにより、今まで繋がっていた(特にエリア末端)の端末が突然繋がりにくくなる
といった現象のことを言う。


      • が、「エリアシュリンク」で検索してもあまりまともな資料がない
(2ちゃんねるやblogで言及されている程度)ので、上記が正確かどうかも
はっきりとしません。

どなたか、技術的資料等があればポインタ示していただければ幸いです。

2006/10/21
セル半径が小さくなることをエリアシュリンクと称するならば、以下の状態が想定できる。

CDMA方式では同じ帯域を異なったコードで拡散しマルチアクセスを行っている。
もしもセル内に通信相手が1局だった場合、雑音レベルはその空間雑音や機器雑音のレベルになる。
通信相手が2局になると、自分以外の他局の通信信号は自局にとって雑音となり(拡散符号が異なるため)S/N(信号対雑音比)を悪化させる。

このためCDMA方式ではRSSI(信号強度)を単純な基地局からの電界強度ではなくRSCP(自局に対する有意信号の強度)で表す。
セル内に多くの局が存在すると、その雑音レベルは上昇するのでRSCP値が下がってくる。
これはS/Nの悪化と等価であり、セル半径が小さくなることを示す。