外国人の多い都道府県ランキング

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

外国人の多い都道府県ランキング(2011年)国勢調査


外国人の人口

  1. 東京都 329000人 (主に中国人)
  2. 大阪府 165000人 (主に韓国人)
  3. 愛知県 160000人 (主にブラジル人・ペルー人)
  4. 神奈川県 120000人 (主に中国人) 
  5. 埼玉県 89000人 (主にブラジル人・ペルー人?)

この5都府県で全国の外国人人口の約半数を占めている。


外国人の人口の割合が高い都道府県

  1. 東京都 2.5% 東部の23区に多い。
  2. 愛知県 2.2% 東部の三河地方に多い。
  3. 大阪府 1.9% 大阪市に多い。
  4. 群馬県 1.8% 工業地帯に多い。
  5. 岐阜県 1.8% 南部の工業地帯に多い。
  6. 三重県 1.8% 工業地帯に多い。

東京と大阪はアジア系外国人が多く
愛知や三重は、南米系の外国人が多い。


また、東京や愛知などは外国人との混血も多いが、この集計には含まれていない。

また、東京、神奈川、愛知は多種多様な国籍や民族出身な者が多い。



余談であるが、自分は外国人の多い愛知県出身である。

自分が中学校3年の時には同じクラス
ブラジル人が5人、ペルー人が1人、イラン人とのハーフが1人、フィリピン人とのハーフが1人、パキスタン人とのハーフが1人いた。

これをいうと他の地域の人に驚かれる。

また、公共機関でポルトガル語やスペイン語が通じたりする。



最終更新:2012年10月18日 17:55
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。