増14

【増】系統に戻る.

増14

起点 経由 終点 新設・変更 廃止・変更 担当営業所 備考
(1) 成増駅北口 成増団地入口・吹上新道・下新倉・下笹目・支所前 蕨駅西口 1972年12月1日新設 1981年10月1日変更 戸田営業所
(2) 成増駅北口 成増団地入口・吹上新道・下新倉・下笹目・戸田市役所入口 蕨駅西口 1981年10月1日変更 1998年7月16日変更 戸田営業所 戸田市役所入口経由へ経路変更
(3-1) 成増駅北口 成増団地入口・吹上新道・下新倉 下笹目 1998年7月16日変更 2004年11月12日変更 戸田営業所 下笹目発着へ変更
(3-2) 2004年11月12日変更 現在運行中 練馬営業所 練馬へ移管
後乗り整理券方式

増14-2

起点 経由 終点 新設・変更 廃止・変更 担当営業所 備考
(1) 成増駅北口 成増団地入口・吹上新道・下新倉・下笹目・彩湖道満グリーンパーク 蕨駅西口 1981年10月1日新設 1998年7月16日廃止 戸田営業所

路線解説

成増駅北口から下笹目方面へ向かう路線で、長らく戸田が担当していた。下笹目周辺は戸田営業所の独壇場で、かつ主力路線として担当していた。ところが、1998年の埼玉地区再編では唯一の利点だった東武東上線‐JR京浜東北線との連絡が下笹目で分断され、彩湖・道満グリーンパーク経由は武浦01へ代替廃止、下笹目-蕨駅間は運行しなくなった。

蕨駅直通という大きな利点を失った増14は下降線を辿り、細々と成増駅-下笹目間の運行を続けていた。同時に出入庫として増83も担当していたが、2004年に練馬へ移管、それにより増83の必要性が無くなった。これによって赤塚高台-下新倉間の管轄が練馬に集約され、高01増17と重複する区間では可能な限り等間隔となるようにダイヤが引かれた。

現在は練馬営業所が戸田時代の後乗り・整理券方式を踏襲して運行を続けているが、今後下笹目から先へは、戸田市コミュニティバス「Toco」が運行していることもあって可能性は極めて低いだろう。