コマンドメモ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


tcpdump



xxd

バイナリ操作コマンド

  • バイナリ(16進)表示
    • xxd ファイル名

  • バイナリ(16進)表示、文字列のみ(余計な装飾なし)
    • xxd -p ファイル名

  • バイナリファイルへの変換
    • xxd -r
  echo "3F00C4D39D153F2B2A214A078D899B22" | xxd -r -p > aaa 


openssl

暗号/復号、署名、証明書生成等を行えるコマンド。サブコマンドを指定する。機能が多すぎ。

フォーマット

openssl サブコマンド [サブコマンドオプション]
  • openssl --help で各サブコマンド一覧が見れる
  • openssl サブコマンド --help で各サブコマンドごとのusageが見れる
  • 主なサブコマンド
version openssl のバージョン表示
x509 X509証明書の作成、表示
asn1parse asn1フォーマットファイルのパース
rsa rsa 暗号/復号、秘密鍵ファイルの生成、表示
req 証明書要求(CSR) の作成
pkcs12 pkcs12作成

  • RSA鍵ペアおよび証明書作成
openssl req -keyout cakey.pem -out cacert.cer \
               -newkey rsa:2048 -x509 \
               -passin pass:password -passout pass:password \
               -batch -days 3650 -subj /C=JP/O=TEST
  • PKCS#12作成
 openssl pkcs12 -export -inkey cakey.pem -in cacert.cer -out testca.p12 \
               -passin pass:password -passout pass:password

  • DSA
    • まずパラメータを作成し、鍵を作成する。
  • DSA パラメータ作成
 openssl dsaparam -out parameter.pem 2048                                                
  • DSA鍵ペアおよび証明書作成
 openssl req -keyout dsapri.pem -out dsapub.cer -newkey dsa:parameter.pem -x509 \
             -passin pass:password -passout pass:password \
             -batch -days 3650 -subj /C=JP/O=DSATEST


参考サイト


seq

シーケンシャルな数字を出力するコマンド 。主にシェルスクリプトで使用する。
  • コマンドフォーマット
    • seq オプション [開始数字] 終了数字
    • オプション
      • -w width 合わせる
% seq 3
1
2
3

% seq 4 6
4
5
6

% seq -w 8 10
08
09
10


  • visudo
/etc/sudoers を安全に変更するコマンド
ファイルのロック、文法チェックまで行う。


  • iconv
    • iconv -f 変換前文字コード -t 変換後文字コード ファイル名
      • iconv -f EUC-JP -t UTF8 file
      • iconv -f EUC-JP -t SJIS file
    • iconv -l
      • コードの一覧表示
最終更新:2011年07月13日 14:00
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。