javaメモ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

全般

  • JDK ... 開発環境
  • JRE ... 実行環境

参考サイト



ダウンロード



JDKインストール

1. 取得

Java SE Downloadsページ(http://java.sun.com/javase/downloads/widget/jdk6.jsp)
からバイナリダウンロード。(80Mくらいある)

今回は jdk-6u20-linux-x64.bin

2. インストール

取得したファイルをrootで実行
# sh jdk-6u20-linux-x64.bin
使用許諾等は「yes」と答える。

実行したディレクトリ直下に jdk1.6.0_20 ディレクトリが作成される
適当に移動

 mv jdk1.6.0_20 /usr/local/java
 cd /usr/local/java
 ln -s jdk1.6.0_20 jdk

3. 環境設定

 export JAVA_HOME="/usr/local/java/jdk"
 export PATH=$PATH:${JAVA_HOME}/bin
 export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/lib/tools.jar:$JAVA_HOME/lib/dt.jar


環境設定

  • マイコンピュータ右クリック→プロパティ→詳細設定→環境変数

コマンドパス

  • Pathにコマンドディレクトリを追加
    • 例) C:\Program Files\Java\jdk1.6.0_19\bin

JAVAホーム

  • JAVA_HOME にJDKをインストールしたディレクトリを追加
  • 例) C:\Program Files\Java\jdk1.6.0_19


サンプルコード作成とコンパイル



keytool



コンパイル

  • javac javaファイル
  • クラスパス、jar ファイルの指定は -classpath or -cp
 javac -cp "./aaa.jar;." Test.java
  • コマンドラインでクラスパス指定を「;」でつなげる場合、「""」でくくる必要がある
    • 先にシェルが解釈してしまうため。


Eclipse

  • subversion連携
    • Subclipseプラグイン
    • update
      • プロジェクト右クリック→チーム→更新
      • Update後、パッケージエクスプローラをリフレッシュ(F5)
  • junit
    • ソース右クリック→新規→junit
    • java.library.path の設定
      • junitソース右クリック→実行の構成→引数に以下を追加
        • -Djava.library.path=lib → lib はライブラリが置いてあるパス
最終更新:2010年07月16日 10:09
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。