※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

魔法少女コスチューム


ヅラムス……もといブラムスが、第三回目放送より着用することになった、
プリティでキュアキュアな魔法少女のコスチューム。
これを着用することにより、ブラムスは『弾ける血飛沫の腐臭・キュアブラムス』に華麗に変身し、
パワーやら見た目の恐ろしさやらが10倍くらいに跳ね上がる(……と考えても、反論する人いないだろう)。
おそらくは背中に鬼が浮かぶ某世界最強の格闘家親父と比べても遜色ないほどのガタイを持つであろう、
ブラムスの肉体をすっぽり包み込めるような超XLサイズのものが、
よりにもよって観音寺の住職によって隠されていたという展開は無論のこと、
現在のブラムスのビジュアルやらエルネストの失言(?)やら、
何から何まで「ぶっちゃけありえな~い!」と言いたくもなるが、そこはグッと我慢してブラムスの行く末を見守ろう。

ちなみにここからは余談。
第112話における劇中での描写を抜粋すると、この魔法少女のコスチュームは
"白を基調とした上着はセーラー服に似た形状の水色の襟と、その下の胸元にワンポイントのアクセントとして黄色い大きめなリボン。
そしてスカートは水色をメインとし、所々に白いフリルをあしらった職人芸。
更に、そのスカートを止めるベルトの中央部には、大きな赤いガラスをハート型の宝石の様に加工した物が埋め込まれている。 "
と描写されており、かつデッキブラシに彼がまたがって飛行に失敗した際、
"魔法少女の岩石の様にゴツイヒップを覆う白地の布がフェイト達3名とファーストコンタクト"できる作りと
なっているらしい。

実を言うと歴代プリキュアには、今のところこの描写と一致するコスチュームをまとったキャラは1人もいない。
(2009年度のプリキュアシリーズ「フレッシュプリキュア!」放送時点での話だが)
強いて言うなら「ふたりはプリキュア」「ふたりはプリキュアMaxHeart」に出演したキュアホワイトの
コスチュームに類似していると言えなくもないが、完全な一致を見ることはない。

この説明として、2009年現在まだ放送されていない、2010年度以降のプリキュアシリーズに出演予定の
プリキュアのコスチュームをモチーフとしている、という可能性か、
はたまた観音寺の住職が自身のあふれて垂れ流さんばかりのパトスに突き動かされて、
既製品ではなくハンドメイドかオーダーメイドで「わしがかんがえたプリキュア」なコスプレ衣装を作った、
などという背景が推察されるが、どの道真相は闇の中である。

ちなみに知っている人は知っている通り、プリキュアは魔法少女ものでは珍しいことに、箒による飛行を行わない。
間違えて人前で「プリキュアは箒で空を飛ぶ」などと発言すると赤っ恥になるので、気を付けよう。

その代わり、彼女らは自身の身長の10倍以上の高さまで軽々跳び上がれる跳躍力を用いて、
アクロバティックな空中戦を繰り広げてくれる。
おまけにプリキュアは敵怪人や怪物とステゴロの肉弾戦を挑むあたり、
超人的な軽業と格闘技でミカエルを翻弄したブラムスと、戦闘スタイルは似通っていると言えなくもない。

とりあえずは、みんなでキュアブラムスの怪進撃……もとい、快進撃を見守ることとしよう。


※以下、ロワ内でのネタバレ
+【アイテム追跡メモ】
【アイテム追跡メモ】

[調達した参加者]
ブラムス


[メモ]
初登場は112話だが、観音堂(78話?)にて調達していた。
以降ずっとブラムスが所持。
126話で右腕に力を込めた際、筋肉で右肩付近の布が弾け飛んだ。




最終更新:2011年10月16日 16:12