※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

インフラストラクチャ・アウトソーシング


アクセンチュアが行った調査によれば、大きな成功を収めている企業ほど、ITを市場優位を獲得するための戦略的資産と捉えています。このような企業は、ITインフラを単に技術上、事業運営上のニーズを充たすために利用するだけでなく、ハイパフォーマンスを生み出す原動力と位置付けているのです。

しかしながら、市場の絶え間ない変化、社員数の増加、グローバリゼーションといった様々な外的プレッシャーに晒され、多くの問題を抱えている昨今、自社のITインフラを、競争優位の源泉へと変化させるために経営資源を集中できる企業はごく僅かです。アクセンチュアは、顧客企業のITコストの大部分が、レガシーシステムのサポートや保守を目的とする固定的な支出であることを把握していますが、経営資源をそのような目的で流出させてしまうと、戦略有効性の低下を招き、経営目標とITの施策との整合性が損なわれてしまいます。

アクセンチュアは変革のための青写真を求める企業に対して、最適なソリューションを提供します。短期間で成果を創出する施策に着目し、強固なガバナンスを確立した上で、標準的なマネージド・サービスに基づくプロセスの変革を実施します。これにより、顧客企業は自社のITインフラの品質、信頼性およびセキュリティ・レベルを向上させると同時に、そのコストを削減することができます。また、ITインフラの合理化および最適化を段階的に進めていくことにより、柔軟性に富みかつ変化に迅速に対応できるITサービス環境を創出することも可能になります。このようなITサービス環境が実現できれば、アプリケーションおよび業務プロセスが継続的な利益を全社レベルにもたらします。

アクセンチュアは、アウトソーシングによって構築される顧客企業との関係を、相互利益とアカウンタビリティの可視化に置き、主体的かつ客観的立場で目的達成への道標を明確にします。顧客企業の発展とそれを支えるサービス基盤をしっかりと見据えた上で、私たちは顧客企業とのパートナーシップを強化し、リスクの低減と業績の向上を図ります。これらの施策により、顧客企業は経営資源を真に重要な経営課題へと投入できるようになり、事業のさらなる発展がもたらされます。
最終更新:2010年09月10日 01:32