愛知学院大学体育会居合道部

口呼吸について

最終更新:

aguiaidoubu

- view
だれでも歓迎! 編集

たまに口をポカンと開けて口呼吸している人を見かけますが、これが演武中に出るとさあ大変。

ここではそんな口呼吸の問題点と改善方法を紹介します。




 問題点
  ・前歯が舌に押されて噛み合わせが悪くなる。

  ・口元の筋肉が緩み、だらしない顔つきになる。

  ・いびきをかきやすくなる。将来無呼吸症候群になるかも。

  ・空気中の埃や細菌などを直接体に取り入れるため喉へのダメージが大きく、免疫力が低下する。

  ・口の中が乾燥するため、自浄作用を持つ唾液がなくなるので虫歯が進行する。口臭の原因にも。


 改善方法
  ・口呼吸の問題点を理解して、改善しようと強く意識して努力する。まずはこれ。

  ・ガムを噛んで鼻呼吸に慣れる。

  ・清潔な紙を唇だけで噛む習慣をつける。

  ・お手軽丹田呼吸法をやる習慣をつける。

  ・緩んだ口元の改善には口笛を吹くのが有効。口笛するときの口の形がたるみを解消する。