akkagi @ ウィキ

赤外線リモコン

最終更新:

akkagi

- view
管理者のみ編集可

赤外線リモコン


内容

  • 赤外線でボリューム値(A/D値:0x00~0xff)のデータを送信(NEC format)
  • PIC12F683 C言語(HI-TECH)
  • 赤外線の搬送波38kHz(CCP PWM)
  • 待機電流<1uA(SLEEPモード)
C言語で赤外線の38kHzを実現するためにCCPのPWM機能を利用しています。
部屋のリモコン照明のカスタムコード"0x86 0x23"を使ってテストしました。
待機電流を下げるために、送信ボタンを押した時のみボリューム(A/D値用)に電気を流します。

メモ

  • SANYO製(SPS-XXX)赤外線受光モジュールは受信が不安定 PARALIGHT製(PL-IRMは安定しています)
  • 部屋の照明のリモコンがNECフォーマット"0x86 0x23 0x00 0xff"でON/OFF →これをdebugに利用
  • 部屋の照明テスト時に赤外LEDの電流小さくて反応せず(2m程度の距離で数百mA以上必要)
  • PIC:TMR0のカウントは停止できない("TMR0IE=0"は割り込みしなくなるだけ)

参考


取り組み

  • 赤外線の送受信
  • 赤外線フォーマット
  • C言語PICで38kHzの信号列の扱い

名前:
コメント: