健康

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

競走馬には丈夫・虚弱のパラメータが設定されており、これを「健康」と呼ぶ
馬の健康は生まれた時点(厳密には種付けした時点)で決まり、その後の育成やレース結果によって変化することはない

【健康と値別コメント】
競走馬の健康値は8段階
この8段階を便宜的に低い順に0~7と表すとすると、以下のようになる
0 1 2 3 4 5 6 7
2歳時コメント 無し 小柄丈夫 ※1
3歳時コメント 体質弱 無し 丈夫
※1 ベスト馬体重が軽い(436kg?以下)とでる

2歳時コメントに「脚元に少し疲れが見られたので 運動はひかえています」や「ラチにぶつけて ちょっとトモを 痛めてしまいましたが大丈夫です」があるが、健康に関係しているかどうかは不明
内容から見て健康や回復力に関係していそうな感じだが、これらのコメントが出た馬からも小柄丈夫コメや3歳時丈夫コメも確認している 気にする必要はないだろう

尚、一番低い健康値0は危険配合(※2)からしか出ない模様
最強馬生産で一般的なアウトブリード配合なら最低でも健康値1からとなる

※2 ①インブリード本数が8本以上 ②インブリードのトータル血量が50%を超える ③3代同系配合 この3種の配合を危険配合という(らしい)

【健康が及ぼす影響】
ゲーム内では調教時の怪我、レース中の競走中止、レース後の怪我のしやすさに影響していると思われるが、疲労との関係もあり詳細は不明
また、週送りした時に体調を崩すことがあるが、この頻度にも影響していると思われる
ブリーダーズカップではパドック時の盛り塩(※3)の乗りやすさに影響がある 健康値が高いほどよく乗り、一番高い値の7だと必ず乗るようだ

※3 盛り塩とは、馬の調子のようなもので、盛り塩があると馬本来の能力がそのレースで発揮できる 盛り塩がないと、本来の能力より若干落ち、印も薄くなる

【配合と健康の関係】
①父馬の健康パラメータ、②インブリード配合かアウトブリード配合か の2点が競走馬の健康に関係していると思われる 母馬や母父の健康値はおそらく関係していない(※4)
①については A > B > C で値の高い馬が生まれやすく、②については アウトブリード > インブリード で値の高い馬が生まれやすい
攻略本の情報によると各健康パラメータの父親のアウトブリード配合をそれぞれ100頭ずつ生産したところ、以下のような結果になった模様
父親の健康パラメータ 3歳体質弱コメあり
(健康値1)
3歳コメなし
(健康値2~5)
3歳丈夫コメあり
(健康値6、7)
A 0% 約50% 約50%
B 約5% 約70% 約25%
C 約15% 約75% 約10%
インブリードの場合については記述がなくデータはないが、上の結果よりは低くなることは間違いない
健康A&アウトブリード配合では3歳体質弱コメが確認されていないのに対し、健康A&インブリード配合では3歳体質弱コメが確認されている

※4 カーリアン(健康パラ:A)×バンブーアトラス(C)牝馬と、カーリアン×レインボウクエスト(A)牝馬では差が感じられなかった経験から(あくまで経験則ですが・・・)
最終更新:2013年04月17日 21:32