ニトロ理論

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

『花火理論』、『七光り理論』と言われることもある。

産駒の血統表(5代まで)に、よりスピードアップ・スピードアップ・底力アップのインブリード効果を持つ祖先馬(純粋な数ではなく種類)をたくさん入れることで、
驚異的なSP能力を持つ馬を生産できるという理論である。さらに現在ではニトロ数ごとの配合限界SP値がわかっており、生産できる能力限界値を血統から把握できる理論とも言える。
SP能力を追求するBC馬生産において、ニトロ理論は非常に重要である。可能な限り血統内に有効なインブリード効果を持つ祖先馬を入れることが、血統を考える上で基本となる。

ニトロ理論はスピードだけでなく、スタミナにも当てはめることができる。その場合、スタミナアップ・底力アップのインブリード効果を持つ祖先馬の数で配合限界ST値が決まる。

ニトロ数 インブリード効果
SP ST
1 0 よりスピードアップ
1 0 スピードアップ
0 1 スタミナアップ
1 1 底力アップ
1 1 よりスピードアップ+底力アップ
1 1 スピードアップ+底力アップ
1 1 よりスピードアップ+スタミナアップ
1 1 スピードアップ+スタミナアップ
1 1 底力アップ+スタミナアップ

なお、各インブリード効果が該当する馬は血統構築ツール等で確認できるので割愛する。

ダビスタ97においてはSP、STの上限は共に109+SP(ST)ニトロ本数となる。

ニトロ理論は最強馬生産においてのみ重要視されるものであり、ニトロ理論を気にせずともゲーム内で無敵レベルの馬は問題なく生産できる。
最終更新:2011年06月23日 18:12