満天星国

多目的宇宙プラットホーム ミアキス

最終更新:

satoki

- view
だれでも歓迎! 編集
L:ミアキス = {
 t:名称 = 多目的宇宙プラットホームミアキス(乗り物)
 t:要点 = なし
 t:周辺環境 = なし
 t:評価 = 装甲10
 t:特殊 = {
  *ミアキスの乗り物カテゴリ = ,,宇宙艦船。
  *ミアキスの位置づけ = ,,{輸送機械,艦船系}。
  *ミアキスのイベント時燃料消費 = ,条件発動,(1ターンに)燃料-10万t。
  *ミアキスのイベント時資源消費 = ,条件発動,(1ターンに)資源-10万t。
  *ミアキスの必要パイロット数 = ,,パイロット3名。
  *ミアキスの必要コパイロット数 = ,,コパイロット7名。
  *ミアキスの搭乗資格 = ,,搭乗可能(宇宙艦船)。
  *ミアキスの連結能力 = ,,2機連結して運用する場合、輸送力は1.5倍になり、運用コストは1隻分だけでよい。
  *ミアキスの人機数 = ,,10人機。
  *ミアキスの航路数 = ,,1ターンに2航路移動ができる。
  *ミアキスの輸送力 = ,,{200人/機,20万t}の輸送力を持つ。
 }
 t:→次のアイドレス = なし


多目的宇宙プラットフォームとは、宇宙で起こりうる様々な事体に対応する為、安く・大量に・犬猫問わず誰でも使えるように設計された宇宙船である。
 宇宙侵攻にあたり皆無といっていい宇宙輸送力を増強するため、大量生産を容易にするシンプルで丈夫な構造、プラットフォームに各種目的に合わせたコンテナを接続して多彩な運用を可能とする多機能性を両立させた船である。

■開発経緯
 わんわん帝国宰相シロは偵察機迎撃戦以降、苦虫を一千匹は噛み潰して飲み込んでいた。
 宇宙からの敵の攻撃によって広島は消滅、ニューワールドには核の冬が訪れた。さらににゃんにゃんと共同で送った外交使節団の交渉は失敗に終り、宇宙から来た、もはや敵になった存在との戦いは不可避となった。にも関わらず、わんわん、にゃんにゃん両国を併せても、宇宙船がほとんど存在しなかったのである。
 シロは現状を打開するため、旧ビギナーズ王国摂政SOUに多目的宇宙プラットフォームの開発を命じた。財政難にあえぐSOUは二つ返事でこれを受け、ここに旧ビギナーズ王国での多目的宇宙プラットフォームの開発がスタートしたのである。
 旧ビギナーズ王国ではSOUを中心にプロジェクトチームが結成された。技術に理解の深いテストパイロット達も開発チームに加わり、設計は急ピッチで進められた。


■多目的宇宙プラットフォームの特徴
 開発されたプラットフォームは、全長200m。
 船首と船尾にそれぞれ居住ブロックとエンジンブロックを持ち、その二つを魚の骨とも呼ばれるメインフレーム(ペイロードベイ・ブロック)で接続している。鉄アレイ型とか魚の骨と言われる外観である。それぞれのブロックは工場内で建造され、宇宙空間で接続されるブロック構造であるため、量産・部分ごとの改良が容易である。
 最も初期に生産されたプラットフォームについては、物資を輸送することを念頭に置き、あえて最新の技術ではなく、信頼性の高い既存の技術を多用しており、堅実な造りになっている。そのため、プラットフォーム本体については特徴が無いのが特徴という量産兵器として至極真っ当な仕上がりになっている。
 居住ブロックはブリッジと一体化しており、船内の状況は全て居住ブロック内でモニターできる。酸素や水などは、大勢が乗っても十分な循環システムが居住ブロック内に搭載されているが、スペースの問題上居住ブロックで生活できる人数は少ない。居住ブロックにはブリッジ・食堂・ベッドルーム・シャワールーム・メディカルルームが存在する。また、生命維持系の装置用に若干の予備動力が搭載されている。
外観は奇抜なデザインだが、メインフレーム内部にはコレといって特徴は無い。各種コンテナの接続には電磁レールとコネクターを併用する。メインフレームには、荷物搬入用の作業アームが装備されている。操縦は全て艦橋から行われ、また、非常に精密な出力の制御が可能であり、破損したI=Dの回収、救助活動、撃破した敵機からの資源回収等、任務に応じてその用途は多岐に渡る。
 エンジンブロックには、当然だがエンジンや減速用バーニアが搭載されている。ここで作られたエネルギーはメインフレーム経由で船全体に送られる。初期生産ロット分のエンジンは対消滅エンジンだが、今後エンジンブロックごと新型エンジンに換装する可能性はある。機関員は通常、居住ブロックのブリッジからエンジンを監視しており、普段は無人で運用される。


■多目的プラットフォームの運用
 多目的プラットフォームは、その名の通り基礎部分であり、プラットフォーム本体だけではソフトの無い家庭用ゲームハードの様に意味の無いものである。
 多目的プラットフォームは、宇宙ステーション内あるいは宇宙空間において各種用途に応じたコンテナを搭載することによって、初めてその真価を発揮する。搭載されたコンテナの性能により、プラットフォーム自体の性能、運用方法、運用目的が全て変わる、これが多目的プラットフォームたる所以である。
 以下に基本的なコンテナと運用方法を列挙しておく。

⇒貨物輸送コンテナ装備
 宇宙空間で貨物を輸送するためのコンテナ。
 最も基本的かつ最重要の装備、補給が遅れない軍隊など烏合の衆以下である。
 対放射線防御の施された外壁、内部に気温・気圧を一定に保つ空調システムを搭載し、輸送物資を安全に目的地まで運ぶことができる。部分的な仕様変更で液体も運べる。
 運用上は大量の貨物を積み込み、武装を装備した他のプラットフォームに護衛してもらうことになると思われる。

⇒I=D輸送用コンテナ装備
 その名の通りI=Dを輸送するためのコンテナ。
1つのコンテナで5m級なら最大で60機も搭載できる広さを持つ。これはアビシニアン等の宇宙用大型I=Dの搭載も視野に入れているためである。整備用のクレーン車両等も搭載している。

⇒ミサイルコンテナ装備
大量のミサイルを搭載し戦場で発射するコンテナ。
 プラットフォーム本体からの操作で発射可能で、ミサイル発射後にはデッドウエェイトになるコンテナごと発射、その後、接近してミサイルをばら撒く宇宙戦ならではの装備。
 運用上はプラットフォームに詰めるだけミサイルを積みこんで、発射できるだけ発射して逃げるなどが考えられる。

⇒居住用コンテナ装備
 人が生活する為の装備。
 プラットフォーム本体の許容量以上の人間が乗り込むときはこれを搭載する。
 ベッドルーム・シャワールーム・サロンルーム・食堂が完備されている。
 水・や空気の循環システムは独立して設置されており、万が一プラットフォーム本船から切り離されても、しばらくは生存可能。
 このコンテナは単独で大勢の人間を運ぶ時に使用するほか、I=D輸送コンテナなどと併用してパイロットを運ぶときなどにも使用される。

⇒掃海用コンテナ装備
 戦闘で発生したスペースデブリを回収もしくは破壊して、宇宙船の航路を作る装備。  機雷などの危険物はデブリなどを激突させて爆破処理、その後マスキャッチャーに似た『網』を使って資源を回収。それでも回収しきれないデブリはマニュピュレーターを使って排除する。
 基本的には戦闘が無い時に使用する装備であるため、戦闘が予測される時には前線に送るべきでは無い。

⇒病院船コンテナ装備
 医療用設備と入院設備を搭載した特殊装備。
 外科手術からウィルス対策まで医療と名のつくものには一通り対応できる特殊装備。  病気は宇宙船生活には大敵であり、プラットフォーム本体のメディカル・ルームという限られた空間では不可能な治療を可能にする装備。
 また宇宙という戦場ゆえに、負傷者の数は多くならない(ほとんど即死、または宇宙に放り出される)が、万が一運ばれてきた怪我人は深刻な場合が多く、高度な処置が必要になった時も対応可能な設備を搭載している。




絵:yuzuki、SOU、S×H

文:鋸星燿平、ピストン
添付ファイル